食料・農業経済学、フードビジネスⅡ、国際農業論、地域探索実習ほか

西和盛

Kazumori Nishi

“食料”は、私たちの身近にたくさんありますが、それらはどこからやってくるのでしょうか?
それは、“農業”が背景にあります。そして、その“農業”はどこで行われているのでしょうか?
多くの場合、“農村”つまり“地域”で行われています。

この“農村”や“地域”は、農業を営む方々の生活の基盤であり、地域資源の宝庫でもあります。
もちろん、課題はたくさんあります。
しかし、同時に、まだ我々が気づいていないチャンスが眠っていることもあるわけです。
農業経済や農業経営の視点から、課題を克服し、地域に貢献する方法を一緒に考えてみましょう。

<経歴、自己紹介>
九州大学農学部卒。博士(農学)。佐賀大学大学院農学研究科特任助教などを経て、2015年10月から現職。

<研究紹介>
消費者視点を重視した農産物マーケティングや農業経営管理に関する研究

茶農家調査(静岡)
nishi001

トマト農家調査(佐賀)
nishi002

ファーマーズマーケット調査(アメリカ)
nishi003