経営戦略論Ⅰ・Ⅱ、ICTと地域産業、ウェブデザインほか

金岡保之

Yasuyuki Kanaoka

「地域の国際化」によって、地域を活性化することをメインテーマに据えて、様々なプロジェクトを立ち上げ実行している。
留学生との共同プロジェクトは、国内に居ながらにして国際感覚、異文化理解、異文化コミュニケーションを学ぶ良い機会である。
地域の魅力を国内はもとより海外へ発信することを通して、学生がグローバル社会を生き抜く力を養う。

<経歴、自己紹介>
有限会社ウェブデザイン代表取締役(ICT分野)
神戸家庭裁判所本庁参与員・家事調停委員・司法通訳(家庭法)
東京大学医学系研究科老年社会学研究室特任研究員(成年後見制度・法)
日本トーゴ友好協会設立者兼会長(国際協力)
同志社大学ILA招聘講師(国際教育)
関西学院大学国際教育・協力研究センター准教授(国際教育)
宮崎大学地域資源創成学部准教授

<研究紹介>
研究テーマ1「地域の国際化」
1)地域に適したインバウンド旅行者受入体制の分析
2)日南グローバルICTプロジェクト
研究テーマ2「本学留学生の地域連携の促進」
研究テーマ(教育)3「大学生の自主活動の活性化」

※研究室のHP http://www.kanaoka-lab.com

kanaoka001