コンソーシアム

main-co-02

取組内容

コンソーシアム委員会
産業動物業界の成長を牽引する人材育成のため、産学官が一体となり
宮崎産業動物教育コンソーシアム委員会を設置し、実体化する。
求められる人材像の設定
研修会の試行結果およびアンケート調査等により、産業動物業界で
求められる人材像を設定する。
活動のコーディネート
宮崎産業動物教育コンソーシアム委員会が職域プロジェクトの活動を
コーディネートし、事業を円滑に推進する。
教育の質保証
卒後教育の質を保証する仕組みとして、PDCAサイクルや達成度評価基準
を策定する。
普及事業
  1. ICTなどを活用して事業の概要、活動状況を周知する。
  2. 成果報告会や成果報告書などを通じて、活動実績を報告する。
  3. 卒後教育カリキュラムに最適化された電子教科書を整備する。

成果目標

初年度
  • 教育の質を保証するPDCAサイクル(原案)の策定
  • 育成すべき人材像の設定と人材養成課題の把握
  • 卒後教育モデルカリキュラム(原案)の策定
  • ホームページの開設
2年目
  • 教育の質を保証するPDCAサイクルの実施
  • 卒後教育モデルカリキュラム(二次案)の策定
  • 達成度評価基準(原案)の策定
  • 電子教科書(原案)の策定
  • 女性の学び直しに関する現状の把握
3年目
  • 教育の質保証・PDCAサイクルの実施
  • 卒後教育モデルカリキュラム(最終案)の策定
  • 達成度評価基準(最終案)の策定
  • 電子教科書(最終案)の策定

↑ページの先頭へもどる

〒889-2192
宮崎市学園木花台西1丁目1番地
国立大学法人 宮崎大学 農学部
産業動物分野における
中核的専門人材 事務オフィス
0985-58-7259