エネルギー・ものづくり

担当教員:高橋 明宏

  • 所属:都城高等専門学校
  • 専門:材料保証学
  • 担当科目:生活デザイン・ものづくり概論

担当教員:杉本 弘文

  • 所属:都城高等専門学校
  • 専門:建築計画、建築設計
  • 担当科目:生活デザイン・ものづくり概論

科目名:生活デザイン・ものづくり概論

    【開講期間】

    前期集中

    【授業のねらい】

    工学分野におけるものづくりやまちづくりの概要を学ぶと共に、
    宮崎県の地域特性に立脚したものづくりやまちづくりの実態を把握する。
    また、ものづくりのコンセプターやデザイナーとしての心得(倫理観、責任感、使い手・つくり手の立場など)を学ぶ。

    【達成目標】

    本科目では以下の能力を養成することを目標とする。1)問題・課題発見能力2)問題の改善・解決に必要な創造力や思考力3)宮崎のものづくり産業やまちづくりに対する理解力4)地域特性を読み解く思考力

    【授業計画】

    複数(2名)の教員で行う授業科目で、担当は杉本(第1回~第7回)、高橋(第8回~第14回)で実施し、第15回(最終)の授業は講義全体の総まとめとして演習を行う。また、各回毎に小テストを行う場合があるので必ず受講すること。

    プロダクトデザインからスペースデザイン、コミュニティデザインの分野まで、「生活(暮らし)をデザインする」ための心得や知識を幅広く取り扱うので、段階を踏んで積極的に学習すること。 また宮崎県内のものづくり産業を知り、ものづくりに関する製品開発プロセスの重要事項への理解に努めること。

    第1回 ガイダンス(講義計画の説明、担当教員と講義概要の説明)

    第2回 ものづくりの力、デザインの力

    第3回 地域を変えるものづくり・デザイン

    第4回 地域志向のまちづくり・まち育て(1)

    第5回 地域志向のまちづくり・まち育て(2)

    第6回 まちづくりのプロセス

    第7回 中間演習課題(レポート)1の出題

    第7回は7月9日(日)に実施予定。

    第8回 ものづくりの生産システム概要

    第9回 ものづくりの設計プロセス

    第10回 ものづくりの計画プロセス

    第11回 ものづくりの管理プロセス

    第12回 ものづくりの改善活動

    第13回 ものづくりと経済

    第14回 ものづくり事例と中間演習課題(レポート)2の出題

    第15回 講義全体のまとめと最終課題の出題(集中講義)

    第15回は8月8日(火)に実施予定。

担当教員:西岡 賢祐

  • 所属:宮崎大学
  • 専門:半導体工学
  • 担当科目:エネルギーものづくり概論

 

科目名:エネルギーものづくり概論

    【開講期間】

    後期集中

    【授業のねらい】

    本科目では、社会を支えるエネルギーやものづくりについての基礎を学び、それら

    と宮崎との関係、宮崎における産業への応用について理解し、さらなる発展につ

    いて議論することを目的とする。

    【達成目標】

    本科目は、以下の能力を養成することを目標とする。

    1)エネルギー・ものづくりの基礎に関する理解力

    2)宮崎のエネルギー産業を取り巻く環境の理解力

    3)問題改善・解決のための提案力

    【授業計画】

    第1回 授業内容や実施方法、評価方法等の説明

    第2回 世界のエネルギー・ものづくり情勢(1)

    第3回 世界のエネルギー・ものづくり情勢(2)

    第4回 エネルギー・ものづくりの基礎(1)

    第5回 エネルギー・ものづくりの基礎(2)

    第6回 宮崎のエネルギー

    第7回 宮崎のものづくり

    第8回 宮崎におけるエネルギー・ものづくりに関する取り組み

    第9回 宮崎におけるエネルギー・ものづくりへの支援

    第10回 宮崎大学におけるエネルギー・ものづくりに関する取り組み

    第11回 宮崎の太陽光発電関連産業

    第12回 宮崎における太陽光発電の設置

    第13回 宮崎のエネルギー・ものづくり企業

    第14回 未来のエネルギー・ものづくり

    第15回 レポート作成

    第15回は1月28日(日)に集中講義形式で実施する予定である。