食品

担当教員:甲斐 久博

  • 所属:九州保健福祉大学
  • 専門:衛生薬学、天然物化学
  • 担当科目:亜熱帯薬食資源学、薬食同源学入門

担当教員:國武 久登

  • 所属:宮崎大学
  • 専門:植物育種学
  • 担当科目:亜熱帯薬食資源学

担当教員:渥美 聡孝

  • 所属:九州保健福祉大学
  • 専門:薬用作物栽培、薬用資源探索
  • 担当科目:亜熱帯薬食資源学、薬食同源学入門

科目名:亜熱帯薬食資源学

    【開講期間】

    前期集中

    【授業のねらい】

    宮崎県を中心とする亜熱帯地方に自生する植物を薬用資源として利用するために、代表的な特色、民間薬としての応用、歴史的背景および含有成分の単離、構造、物性、生合成系、毒性、薬理活性などについて基本的知識と、それらを活用するための基本的技能を修得する。

    【達成目標】

    1. 代表的な亜熱帯植物を列挙し、その特徴が説明できる。

    2. 代表的な亜熱帯植物の形態を観察し、形態が似ている植物と区別できる。

    3. 代表的な亜熱帯植物の学名、薬用部位、薬効などを列挙できる。

    4. 代表的な亜熱帯植物の薬効成分とその生合成経路を説明できる。

    5. 亜熱帯植物栽培で用いられる農薬について、具体的な化学物質を列挙し、その代謝的活性化について概説できる。

    6. 自然毒として話題になる化学物質の代謝的活性化について概説できる。

    【授業計画】

    第1回:オリエンテーション(担当:國武、甲斐、渥美) 授業の目的および本科目の
    全体概要を説明します。
    第2〜4回:(担当:甲斐、渥美)宮崎県総合農業試験場 薬草・地域作物センター
    (小林市)で栽培、展示されている亜熱帯薬用植物について紹介します。
    第5回:(担当:甲斐、渥美)宮交ボタニックガーデン青島(宮崎市)で栽培、展示さ
    れている亜熱帯薬用植物について紹介します。
    第6,7回:(担当:甲斐、渥美)宮崎県総合農業試験場 亜熱帯作物支場(日南市)
    で栽培、展示されている亜熱帯薬用植物について紹介します。
    第8〜10回:(担当:甲斐)「薬物代謝学」共通コンテンツ:亜熱帯薬用植物、農作物
    に関連する自然毒、栽培に使われる農薬の健康被害について学習します。
    第11~14回:(担当:國武)宮崎と亜熱帯植物の関係、亜熱帯植物の利用と機能
    性、宮崎の食品に関わる企業紹介を紹介します。
    第15回:総括と最終レポート(担当:國武、甲斐、渥美) 講義内容をふりかえり、宮
    崎県内で栽培される農作物、薬用植物について総括します。
    第15回は9月23日(土)に対面型講義で実施します。

担当教員:榊原 啓之

  • 所属:宮崎大学
  • 専門:栄養化学・時間機能食品学
  • 担当科目:薬食同源学入門

担当教員:垣内 信子

  • 所属:九州保健福祉大学(2017.3まで)
  • 専門: 生物系薬学・環境系薬学
  • 担当科目:薬食同源学入門

科目名:薬食同源学入門

    【開講期間】

    後期集中

    【授業のねらい】

    本講義では、まず身近な植物と薬の歴史について、毒と薬の観点から学びます。次に、私たちが普段の生活の中で摂取している食事の中に含まれている主要成分について解説するとともに、私たちは健全に生命を維持するために毎日何をどれぐらい摂取する必要があるのか、また栄養素の摂取量や摂取方法によってどのような影響を受けるのかについて学ぶことを目的とします。

    【達成目標】

    本講義では、

    1)毒と薬に違いについて説明できる。

    2)漢方薬の種類と効能について、簡潔に説明できる。

    3)食品の主要成分(水、糖質、脂質、たんぱく質、ミネラル、ビタミン)とその機能について基本知識を習得する。

    4)エネルギー代謝について説明できる。

    5)普段の食事を「日本人の食事摂取基準」に基づいて評価するとともに、理想的な食事について考察できる。

    【授業計画】

    第1回 対面型講義 10月21日(土)を予定

    第2回 身近な植物と薬の歴史/毒と薬

    第3回 宮沢賢治の描いた植物/アンの植物園

    第4回 地域の植物資源の利用①

    第5回 地域の植物資源の利用②

    第6回 桂類生薬

    第7回 六君子湯と大建中湯

    第8回 最近よく用いられている漢方処方

    第9回 食品の種類と分類(たんぱく質,脂質,糖質,ビタミン,ミネラル)

    第10回 食品の主要成分の機能① 水(水,中間水分食品)

    第11回 食品の主要成分の機能② 炭水化物(炭水化物,糖質,アミラーゼ)

    第12回 食品の主要成分の機能③ たんぱく質(たんぱく質,消化酵素,アミノ酸)

    第13回 食品の主要成分の機能④ 脂質(脂質,脂肪酸,トリグリセリド)

    第14回 食品の主要成分の機能⑤ ビタミンとミネラル(ビタミン,ミネラル,欠乏症,過剰症)

    第15回 エネルギー代謝と日本人の食事摂取基準(エネルギー代謝,カロリー,日本人の食事摂取基準)