MENU

  1.   
  2.   
  3. 【都城工業高等専門学校】平成30年7月18日に 株式会社オーバル 研究開発部部門部長による就職支援講演会が開催されました
  • 学生向け就職支援平成30年度活動報告

【都城工業高等専門学校】平成30年7月18日に 株式会社オーバル 研究開発部部門部長による就職支援講演会が開催されました

都城高専ではキャリア教育の一環として、本科低学年生(1~3年生)を対象とし、高専OB・OGを講師に就職支援講演会を開催しています。特に、3年生は4年生の夏休みには全員インターンシップに参加することになり、翌年の春には実質的な就職活動が始まりますので、なるべく早い時期から、企業研究をスタートすることが重要となってきます。

【就職支援講演会】
対象:機械工学科1~3年生
日時:平成30年7月18日(水)14:40~15:25
場所:都城高専専攻科研究棟 多目的ホール
演題:「産業界において高専出身技術者が活躍するために大事なこと」
講師:小澤貴浩(おざわ たかひろ)様
◆プロフィール
・出身高専名:平成7年3月 沼津高専機械工学科卒業
       平成9年3月 豊橋技術科学大学工学部エコロジー工学課程卒業
・所属:研究開発部 部門部長

小澤貴浩様は、沼津高専機械工学科卒業、豊橋技術科学大学に進学された後、平成9年4月に(株)オーバルに入社され、技術一部及び商品企画部を経て、現在、研究開発部の部門長をされております。高専と大学の両方を経験されておりますので、高専教育が実践的な技術者を育成する観点からは、大学教育に勝るという点を強調されていました。ただ、高専教育の弱点は、英語力が劣るということで、英語に関しては改善すべき点があるようです。

また、(株)オーバルの本社は横浜市にありますが、都城市高城町に(株)宮崎オーバルがあり、最近新工場を建てられ、研究開発部門の分室も準備中であるとの事で、都城高専の学生にとっては、横浜の(株)オーバル本社と都城の(株)宮崎オーバルの二つの選択肢があり、自分の能力を試す場が広がることが期待されます。

講演の中で、学生の時には今自分が勉強していることが、何故必要か分からなかったが、社会に出て初めて役に立つことが分かったと言われていたことが大変印象的でした。

今回の講演が参加した学生にとって将来の進路を決める上で大変有意義な講演となりました!

都城工業高等専門学校ホームページ
http://www.miyakonojo-nct.ac.jp/