MENU

  1.   
  2.   
  3. 南日本酪農協同株式会社による就職支援講演会が開催されました 2020.1.8
  • 学生向け就職支援平成31年度/令和元年度活動報告

南日本酪農協同株式会社による就職支援講演会が開催されました 2020.1.8

都城高専ではキャリア教育の一環として、本科低学年生(1~3年生)を対象とし、地域企業に勤務されている方を講師に就職支援講演会を開催しています。特に、3年生は、4年生の夏休みには全員インターンシップに参加することになり、翌年の春には実質的な就職活動が始まりますので、なるべく早い時期から、企業研究をスタートすることが重要となってきます。

 【就職支援講演会】
  1.日 時  令和2年1月8日(水) 14時40分~15時25分
  2.場 所  多目的ホール(専攻科研究棟2F)
  3.対象者  物質工学科1~3年生(全員)
  4.講 師  南日本酪農協同株式会社 商品開発部 次長 竹下正彦 氏
  5.演 題  「南日本酪農協同の会社紹介とモンゴル伝統的乳製品由来乳酸菌の可能性について」

デーリィ牛乳や乳性炭酸飲料「スコール」でお馴染みの南日本酪農協同株式会社は都城高専から車で10分ほどのところに位置し、2012(平成24)年からはモンゴル乳製品由来の乳酸菌研究を深化させLP432乳酸菌を用いた発酵乳・乳酸菌飲料を発売しています。

学生からは自分の好きな飲料であるデーリィ牛乳や乳性炭酸飲料「スコール」がこんな身近なところで製造されていたとは知らなかったとか、都城高専が学術交流協定を結び共同研究を進めているモンゴル科学技術大学と南日本酪農協同株式会社が乳酸菌について共同研究をしているなど、初めて知ることが多く、また、物質工学科で勉強していることがこのように乳酸菌の開発に役立っていることを知り、卒業後地元企業で働くことに大変興味をもったとの声が多数聞かれました。

今回の講演は、参加した学生にとって将来の進路を決める上で大変有意義な講演となりました!

都城工業高等専門学校ホームページ
http://www.miyakonojo-nct.ac.jp/