ICT

担当教員:土屋 有

  • 所属:宮崎大学
  • 専門:マーケティング
  • 担当科目:地域で成長するICT企業

科目名:地域で成長するICT企業

    【開講期間】

    前期集中

    【授業のねらい】

    宮崎県内で成長志向をもつICT企業の事業戦略及び市場動向、働き方から、ICT企業の成長戦略を学ぶことで、今後の社会におけるICT企業の位置づけを確認し、地域におけるICT企業の影響範囲と社会におけるICT企業の責任・役割を考えます。現代社会のライフスタイルに大きな影響を及ぼしインフラともなっているICTが、グローバルだけでなく、地域・宮崎・未来にどのような貢献をしていくのかを考える視点・視野を持ち、様々な業種・職種におけるICT利活用の構想力の習得を目指す。

    【達成目標】

    本科目は、以下の能力を養成することを目標とする。

    1)ICT企業・産業の構造理解

    2)ICT産業の社会への利活用の理解

    3)ICTの他産業への利活用企画能力

    【授業計画】

    第1回 オリエンテーション:授業内容、実施方法、評価方法の説明、講義受講のポイント

    第2回 宮崎県全体のICT産業の特性・傾向、方向性について

    第3回 宮崎の成長するICT企業事例1

    第4回 宮崎の成長するICT企業事例2

    第5回 宮崎の成長するICT企業事例3

    第6回 宮崎の成長するICT企業事例4

    第7回 宮崎の成長するICT企業事例5

    第8回 宮崎の成長するICT企業事例6

    第9回 宮崎の成長するICT企業事例7

    第10回 宮崎の成長するICT企業事例8

    第11回 宮崎の成長するICT企業事例9

    第12回 宮崎の成長するICT企業事例10

    第13回 宮崎の成長するICT企業事例11

    第14回 宮崎の成長するICT企業事例12

    第15回 自分の生活とICT、これからのキャリアとICTの可能性

担当教員:金岡 保之

  • 所属:宮崎大学
  • 専門:地域の国際化
  • 担当科目:ICTの地域活用

科目名:ICTの地域活用

    【開講期間】

    後期集中

    【授業のねらい】

    本科目は「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」-大学間連携による地域ニーズを捉えたみやざき産業人材の育成-の一貫としてCOC+(プラス)構成大学等教員が実施する「COC+(プラス)提供科目」であり、宮崎地域の産業構造と現状、ICT活用法の知識と思考法を習得することにより、課題解決に向けての改善方法を多面的に模索できる意欲と能力を育成することが目的である。

    【達成目標】

    本科目は、以下の能力を養成することを目標とする。

    1)宮崎の産業を取り巻く環境の理解力

    2)課題発見能力

    3)コミュニケーション能力

    4)問題改善・解決のための提案力

    【授業計画】

    この科目は、映像授業に出演する学生が多様な産業(起業、農業、教育、金融、メディア、行政、観光業、小売業、ICTなど)の各専門家の元に足を運び、その分野にまつわる身近な疑問や意見をぶつけることでその職業・分野の本質や現状、課題を知り、出演学生と受講者が自身のキャリアデザインについて改めて考えるという学生主体かつ受講者参加型の授業である。また、ICTをツールとして、各分野がより発展するための方策を出演学生らと共に考察する。スクーリングでは、ワークショップ等のアクティブラーニングを通じて産業分野でのICT活用の現状や課題を知り、改善・解決方法を討議・発表する。

    第1回 授業内容や実施方法、評価方法等の説明

    第2回 産業別映像授業1

    第3回 産業別映像授業2

    第4回 産業別映像授業3

    第5回 産業別映像授業4

    第6回 産業別映像授業5

    第7回 産業別映像授業6

    第8回 産業別映像授業7

    第9回 産業別映像授業8

    第10回 産業別映像授業9

    第11回~15回 ワークショップ等のアクティブラーニングを通じて、宮崎の産業分野の状況や課題、改善方法を討議・発表する。

担当教員:吉井 千周

  • 所属:都城工業高等専門学校
  • 専門:法社会学、社会運動論、知財教育
  • 担当科目:プレゼンテーションスキルアップ論

科目名:プレゼンテーションスキルアップ論

    【開講期間】

    後期集中

    【授業のねらい】

    本科目は「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」-大学間連携による地域ニーズを捉えたみやざき産業人材の育成-の一貫としてCOC+(プラス)構成大学等教員が実施する「COC+(プラス)提供科目」であり、宮崎地域の産業構造と現状の知識を習得することにより、課題解決に向けての改善方法を多面的に模索できる能力を育成することが目的である。本講義では、特に学生が発見した課題解決法を効果的にプレゼンテーションで表現する技法を学ぶ。

    【達成目標】

    本科目は、以下の能力を養成することを目標とする。

    1)プレゼンテーション能力

    2)課題発見能力

    3)コミュニケーション能力

    4)問題改善・解決のための提案力

    【授業計画】

    授業は7つの産業(食品、ICT、医療・福祉、エネルギー・ものづくり、国際・観光、公務員・教員、起業)の各専門家が各産業分野の現状、課題、最近の活動について解説することにより、宮崎の産業の状況を理解するとともに、今後の課題を見つけ、ワークショップ等のアクティブラーニングを通じて改善・解決方法を討議・発表する。

    第1回 ガイダンス:授業内容、評価方法等の説明(対面授業)<10月28日(土)>
    第2回 マインドセットの持ち方
    第3回 宮崎の企業紹介 A
    第4回 アイデアのまとめ方 ブレーンストーミング、KJ法、Mindmap法
    第5回 写真・動画の効果的な撮影方法/使い方
    第6回 ワークショップ(対面授業)<12月2日(土)>
    第7回 ワークショップ(対面授業)<12月2日(土)>
    第8回 宮崎の企業紹介 B
    第9回 写真・動画の効果的な撮影方法・著作権への対応
    第10回 伝えられる内容について 配布資料の作り方
    第11回 宮崎の企業紹介 C
    第12回 伝えられる内容について 
    第13回 プレゼンテーションで必要な機材の使い方とセッティング/プレゼンテーションサンプル(ハンス・ロスリングのプレゼン(ものを使って視覚的にわかりやすく))
    第14回 ワークショップ(対面授業)<2月3日(土)>
    第15回 ワークショップ(対面授業)<2月3日(土)>