宮崎大学 産学・地域連携センター > 知的財産活動のご紹介

知的財産活動

知的財産活動のご紹介

知的財産部門では、大学の研究成果を知的財産として社会に還元することを目標に、発明、考案、ソフトウェア、著作物等の他、実験動物や細胞株などのいわゆる研究成果有体物等の知的財産を一元的に管理し下記の業務を行います。

知的財産の創出、管理及び活用

本学の教職員等から届出のあった発明等を審査し、特許庁に出願するため特許事務所・企業(共同出願である場合)と協力し出願をします。また、その後の権利化や維持管理のため中間処理等の手続きを行います。

知的財産に係る技術移転及び実用化の推進

本学で得られた知的財産を社会に還元するため、各種イベントに出展し、新技術説明会に参加する等して技術移転を図ります。

知的財産に関する教育及び人材育成

本学教職員、学生を対象に知的財産についての教育やセミナーを行います。
また、弁護士、弁理士等の専門家を招いて知財教育を行います。

その他知的財産に関する業務

契約書(共同出願、実施許諾、有体物提供、秘密保持等)の作成・管理を行います。
また、特許なんでも相談会等を開催したり、発明等の相談窓口としてこまかな事についても相談に応じます。

ページトップへ