宮崎大学 産学・地域連携センター > みやみやねっと 2016年6月15日  第15号

お知らせ

みやみやねっと 2016年6月15日  第15号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ みやざき産学官金連携メールマガジン みやみやねっと 第15号☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2016年6月15日 
■INDEX
巻頭言
【1】みやざきイノベーショントピックス
【2】宮崎県内の研究シーズ紹介:新ビジネスに!毎週水曜日に紹介中!
【3】助成金・補助金・公募事業
【4】イベント・セミナー 情報
【5】平成28年度 宮崎大学公開講座のご案内
【6】マッチングのためのラウンドテーブル in 宮崎 第2回予告

☆   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】みやざきイノベーショントピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○抗うつ薬が効かない社交不安症(対人恐怖症)を認知行動療法が改善
 ~世界初、臨床試験で実証~
 宮崎大学・千葉大学
http://www.miyazaki-u.ac.jp/public/files/20160607-1.pdf

☆   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】新ビジネスに!毎週水曜日に研究シーズ紹介中!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宮崎県では、毎週水曜日に県内の研究シーズを県ホームページで紹介しています。
新しいビジネスのヒントがあるかもしれません。是非ご覧ください。
(掲載ページ:宮崎県トップ>しごと・産業>産業集積・企業立地>産学官連携)

○6月1日~6月8日 掲載
・生物の力を活かした環境保全型農業で付加価値ある農業生産を!:南九州大学 山口健一先生http://www.pref.miyazaki.lg.jp/foodbusiness/shigoto/sangyo/20160531134346.html

・生化学からのアプローチで食の健康効果を探求!:九州保健福祉大学 黒川昌彦先生
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/foodbusiness/shigoto/sangyo/20160531135946.html

☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】助成金・補助金 情報  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(○:新規掲載 ●:継続掲載)
○NEDO「水素社会構築技術開発事業/水素エネルギーシステム技術開発」(公募予告)http://www.nedo.go.jp/koubo/FF1_100144.html
公募開始:2016年7月中旬

○NEDO バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業/地域自立システム化
 実証事業/事業性評価(FS)第3回公募
http://www.nedo.go.jp/koubo/FF2_100168.html
応募期間:2016年5月31日~7月7日

●平成28年度 宮崎県中小企業特許出願等支援事業の募集
https://www.i-port.or.jp/events/clst/16050101
募集期間:2016年5月1日(日)~2017年1月31日(火)

●(一財)ふくおかフィナンシャルグループ企業育成財団(キューテック)
・平成28年度 研究開発助成金
https://www.kyutec.or.jp/grant_dev.html
応募締切:2016年8月31日(金)当日消印有効

・平成28年度 人材育成助成金
https://www.kyutec.or.jp/grant_hum.html
応募締切:2016年8月31日(金)当日消印有効

☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【4】イベント・セミナー 情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○宮崎県中小企業家同友会産学官民連携部会 MANGO 6月例会
(ビジネスの出会い・コラボ・創造・産学官民金連携)
日 時:2016年6月30日(木)18:30~
会 場:みやざきNPO・協働支援センター (KITENビル 3階)
参加費:会員・フェロー=無料、非会員=1,000円/回
問い合わせ先:
 甲藤(0985-58-7950, E-mail:mkatto@cc.miyazaki-u.ac.jp)まで

○ブルーベリー葉シンポジウム
http://www.miyazaki-u.ac.jp/event/20160713
日 時:2016年7月13日(水)14:30~17:45
会 場:宮崎大学330記念交流会館 コンベンションホール
対 象:どなたでも参加可能です
定 員:200名
参加費:無料(※交流会3,000円)
連絡先:(株)なな葉コーポレーション
  TEL:0984-27-3851 
  E-mail:info@nanaha-miyazaki.co.jp

○イノベーションジャパン大学見本市
http://www.jst.go.jp/tt/fair/
宮崎大学工学部から、田村宏樹先生・岡部匡先生が出展します!
会 期:2016年8月25日(木)・26日(金)
会 場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示棟 西1ホール
主 催:国立研究開発法人科学技術振興機構
    国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
共催(予定):文部科学省、経済産業省
入場料:無料

●日本食品保蔵科学会 第65回宮崎大会 市民公開セミナー
日 時:平成28年6月25日 9:30~12:00(9:00受付開始)
場 所:南九州大学宮崎キャンパス
参加費:無料※市民公開セミナーのみ無料です。
学会事務局: 東京農業大学応用生物科学部 生物応用化学科 食料資源理化学研究室内
  TEL:03-3426-3979 
  FAX:03-5477-2619
  e-mail:jafps@nodai.ac.jp

●第1回 宮崎県水素エネルギー等利活用研究会セミナー
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/sogoseisaku/kurashi/shizen/20160602175630.html
日 時:2016年6月24日(金) 14:00~15:15
会 場:ニューウェルシティ宮崎 2階高千穂
内 容:講演『水素社会の実現に向けたエネルギー政策と国内外の動向』
参加費:無料(※上記HPを参照の上、6月17日までにお申し込みください)
主 催:宮崎県

☆ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【5】平成28年度 宮崎大学公開講座のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
宮崎大学では公開講座として、複数のカテゴリーを設け、地域の方々の関心や知
的欲求に対応するとともに、研究成果を発信しています。 
皆様お誘い合わせの上、ぜひご参加ください!! 

☆「ICTを活用した宮崎の魅力を発信する試み」
 -Jimdoを使って自分でホームページを作ろう!-

株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ ゼネラルマネージャーの駒井健生氏に
「宮崎の魅力を発信するホームページ作り」のテーマで講演していただきます。
今回は、日南を題材として講演中にホームページを作成しながらJimdoの使い方を解説します。

日 時:2016年7月7日(木)10:30~12:00
参加費:無料
対 象:大学生以上(一般参加も可)
会 場:宮崎大学 教育学部講義棟 L102教室
http://www.miyazaki-u.ac.jp/crcweb/news/open_class/3308/

◎宮崎大学公開講座一覧
 http://www.miyazaki-u.ac.jp/crcweb/area_cooperation/guide/

<受講お申し込み・受講に関するお問合せ>
宮崎大学研究国際部産学・地域連携センター
TEL:0985-58-7188  FAX:0985-58-7793
10:00~16:00(土日・祝日は除く)
E-Mail:m-chiiki@of.miyazaki-u.ac.jp

☆   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【6】マッチングのためのラウンドテーブル in 宮崎 第2回予告
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第1回は盛況となりましたラウンドテーブル。
第2回は、機能性食品にフォーカスして、宮崎大学農学部 山崎正夫先生にご登壇
いただきます。
詳細は臨時号でご案内いたします。

○第2回 マッチングのためのラウンドテーブル in 宮崎
日 時:2016年7月27日(水) 16:30~18:30
会 場:みやざきNPO・協働支援センター (KITENビル 3階)

編集後記--------------------------------------------------------◇ ◇ ◇ ◇
宮崎も梅雨に入り、湿度の戦いが始まりました。
新しく来たみなさん、宮崎では除湿機は必需品です。

地方創生真っ盛りの中、農業も新しい時代を迎えようとしている気配です。
農林水産省の27年度補正では、対TPPとして100億円の革新的技術開発予算が組まれ
現在、各地で地域戦略プロジェクト・先導研究プロジェクトが始まっています。
また、新しい農業に向けて、さまざまな事業が始まりつつあります。
知の集積と活用の場 産学官連携協議会:
https://www.knowledge.maff.go.jp/
農業も国際的な位置・戦略を意識せざるを得ない現在。
10年度の日本の農業は、どう変化しているのでしょう。
その変化を、大学が少しでも近くで感じ、関わりたいと思っています。

                      ~メルマガ編集グループ~
◇ ◇ ◇--------------------------------------------------------
みやざき産学官金連携メールマガジン「みやみやねっと」は、科学技術に携わる方、
産学官金連携による地域活性化等に関心をお持ちの方を対象に、国立大学法人 宮
崎大学産学・地域連携センターが、イノベーショントピックス、募集案内、イベン
ト・シンポジウム情報、県内の研究・技術シーズなどを、月1回程度配信するメー
ルサービスです。
掲載したい情報がありましたら、毎月10日までに情報をお寄せください。

(○:新規掲載 ●:継続掲載)

◆配信の申込・解除・お問い合わせ・掲載依頼情報:miya-miya@of.miyazaki-u.ac.jp
(このメールは、ご登録いただいた方、当センターをご利用いただいた方及び名刺交換させて
いただいた方にお送りしています)

*************************************************************
 ◆第16号は、2016年7月15日(金) 配信予定
 ◆配信解除・登録内容の変更、内容・記事に関するご意見・お問い合わせ
     miya-miya@of.miyazaki-u.ac.jp

 <みやざき産学官連携メールマガジン みやみやねっと>
 発行:国立大学法人 宮崎大学 産学・地域連携センター
       http://www.miyazaki-u.ac.jp/crcweb/

 Copyright(c)2006 CRCC, University of Miyazaki. All rights reserved
*************************************************************
ページトップへ