宮崎大学 産学・地域連携センター > 3月29日 ブラタケシタ ~高千穂町の用水路をさるいてみよう~

お知らせ

3月29日 ブラタケシタ ~高千穂町の用水路をさるいてみよう~

中山間地域の高千穂町で稲作を可能にしているのは、高千穂町内に張り巡らされている山腹用水路のおかげです。高千穂町に住んでいる人であれば一度は見たことがあると思います。
そんな用水路についての講義を聞き、現地で用水路を見ながら、どのような仕組みで田んぼに水を供給しているのか、どのように維持管理しているのかを学ぶイベントです。用水路を調べつくしている宮崎大学の竹下先生をお招きして、様々な視点から用水路を解説していただきます。
「用水路の水っていったいどこから来てるの?」「三田井の町中の交差点の下にも用水路があるらしい…」「昔の人は手堀りで用水路を作った!?」「なんで世界農業遺産に認定されたの?」
春休み中のお子様連れの方も大歓迎です。少しでも気になった方、是非ご参加ください。お待ちしています!
◆開催日時 2017年3月29日(水)13:30~17:00
◆集合場所 高千穂町役場 4階 大会議室
◆募集対象 子どもから大人までどなたでも
◆参加費用 無料
◆事前申込 必要
◆スケジュール
・13:30~14:00 世界農業遺産地域の山腹水路についての研究発表
・14:15~17:00 現地に出向きフィールドワーク
◆申込方法 お電話にてお申込ください
◆申込締切 2017年3月28日(火)
◆申込・問い合わせ先
・高千穂町役場 財政課 総合政策室
・TEL:0982-73-1260

★チラシはコチラから
ブラ竹下写真画像

◆関連リンク
高千穂郷・椎葉山地域 世界農業遺産Facebookページ

ページトップへ