宮崎大学 産学・地域連携センター > みやみやねっと 2018年1月30日 臨時号

お知らせ

みやみやねっと 2018年1月30日 臨時号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆ みやざき産学官金連携メールマガジン みやみやねっと 臨時号  ☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  2018年1月30日 

 九州次世代ヘルスケア戦略に係る牽引プロジェクトの募集について

 九州経済産業局では、九州地域が継続的に発展していくための「地域新成長産
業戦略」を取りまとめ、その中で「ヘルスケア産業」(医療・福祉機器、セルフ
ケア機器、医療・介護サービス等)を新たな成長産業の芽として位置づけ、「健
康寿命延伸事業の創出」に向けた取組を推進しようとしております。
 この一環として、本年度、「九州地域における次世代ヘルスケア戦略に関する
研究会」という組織が立ち上がり、同研究会におきまして、現在、九州地域にお
けるヘルスケア産業の現状把握、課題共有等を通じて、今後の戦略や政策の立案
についての議論が重ねられているところです。
 このたび、同研究会の事務局である公益財団法人九州経済調査協会から、下記
により、企業や大学、医療機関等が連携して実施するIoTやAI等のテクノロジー
を活用した取組(プロジェクト)を幅広く募集する旨の案内がありました。 
 つきましては、該当する取組(プロジェクト)がございましたら、積極的に御
応募くださいますようお願いいたします。

1 対  象 自治体、事業者、大学等(教育・研究機関)、任意法人等

2 応募方法 別添の応募用紙に記載の応募方法の通り。

3 募集案件 
   (1)複数の主体が連携し実施するプロジェクト
   (2)プロジェクト実施場所が九州地域であること
   (3)ヘルスケア分野における取組(特に、IoTやAI等のテクノロ
      ジーを活用したプロジェクト)

(候補プロジェクトの例)
        ①住民の健康診断データを活用した特定疾患の予防プログラムを実証
        ②ICTを活用した遠隔医療による地域医療サービスの維持・拡充
        ③地域包括ケアを進めるための医療・介護データの連携と活用方法検討
        ④ポイント(IC)カードと連携した広域的な健康マイレージ・健康ポイント
        ⑤ロボティクス導入による先進的な介護体制の構築
        ⑥医療・観光資源と連携したヘルスケアツーリズムの推進と健康効果の検証
        ※応募プロジェクトが本募集に合致するかどうか判断ができない場合は、
    別紙の応募用紙に記載のお問合せ先(公益財団法人九州経済調査協会)
    へお問い合わせくださるようお願いします。

  4 留意事項
   御応募いただいた内容に対して、審査や技術開発等の予算措置が約束
   されるものではありません。
       ただし、御応募いただいた内容のうち、プロジェクト名とプロジェクト
   概要並びに構成主体は、今春公表予定の「平成29年度九州地域ものづく
   り中小企業事業化支援事業(技術開発戦略策定)」報告書(九州経済産
   業局)で公開される場合がございます。
   また、御応募いただいた内容は、宮崎県、公益財団法人宮崎県産業振興機構、
   九州経済産業局とのみ共有し、第三者には提供しません。



◆配信の申込・解除・お問い合わせ・掲載依頼情報:miya-miya@of.miyazaki-u.ac.jp
(このメールは、ご登録いただいた方、当センターをご利用いただいた方及び名刺交換
させていただいた方にお送りしています)

*************************************************************
 ◆第35号は、2018年2月15日(木) 配信予定
 ◆配信解除・登録内容の変更、内容・記事に関するご意見・お問い合わせ
     miya-miya@of.miyazaki-u.ac.jp

 <みやざき産学官連携メールマガジン みやみやねっと>
 発行:国立大学法人 宮崎大学 産学・地域連携センター
 HP: http://www.miyazaki-u.ac.jp/crcweb/
 Facebook:https://www.facebook.com/UofM.CRCC/

 Copyright(c)2006 CRCC, University of Miyazaki. All rights reserved
*************************************************************
ページトップへ