宮崎大学 産学・地域連携センター > 公開講座「国産ポップコーンへの挑戦!」を開催しました

活動報告

公開講座「国産ポップコーンへの挑戦!」を開催しました

8月21日(日)に木花フィールドで公開講座「国産ポップコーンへの挑戦!」を実施しました。 今回は第3回目「収穫・試食」ということで、本講座の最終回でした。

今年の8月は快晴が続き気温も非常に高かったので、ポップコーンはぐんぐん成長しました。
その結果、お盆前には収穫期(完熟期)を迎えてしまい、講座当日に収穫することができなくなってしまったので、代わりに住吉フィールドの牛乳を使ったバター作りとポップコーン作りを体験してもらいました。 種まきから管理をして育てたポップコーンには愛着があるのか、大人も一生懸命になってバターを作り、焦げませんようにとドキドキしながらお子さんと楽しそうにポップコーンを炙っている姿が印象的でした。 国産のポップコーンを目にすることは珍しいと思うので、皆さんの貴重な経験となれば幸いです。

来年度も開講予定ですので、興味のある方は是非ご参加ください! (木花フィールド)  

14117707_627449607429650_3280891517373050875_n 14068084_627449604096317_6187072138831517097_n

https://www.facebook.com/MiyadaiFieldCenter/ より

ページトップへ