宮崎大学 産学・地域連携センター > 公開講座宮崎大学まちなかカレッジ2017(後期)第5回「極大粒ハイブッシュブルーベリーを育てよう」を開催しました

活動報告

公開講座宮崎大学まちなかカレッジ2017(後期)第5回「極大粒ハイブッシュブルーベリーを育てよう」を開催しました

12月2日(土)10時から、若草通りアーケード内にる宮崎大学まちなかキャンパスにおいて、ブルーベリーの公開講座がありました。
講師は、副学長の國武久登先生です。
 今回は中学・高校生から70代と幅広い年齢の方のご参加をいただきました。講義の内容は、ラビットアイブルーベリー台木にハイブッシュブルーベリーの接ぎ木を行うものでした。まずは、それぞれの品種についての説明や、接ぎ木を行う上での注意事項、手順の説明がありました。
  講座の様子
 その後、國武先生による接ぎ木の実技披露もあり、受講生の皆さんも熱心に先生のお話に耳を傾け、実技披露の時は先生の手元を真剣にご覧になっていらっしゃいました。実技披露に入る前、4種類のブルーベリージャムをのせた焼きたてフランスパンの試食と、ブルーベリーの葉のお茶の試飲もありました。
  ジャム試食    チャンドラー接木苗
おしまいに、紅葉の綺麗なチャンドラーの接ぎ木苗をお持ち帰りいただきました。うまく育てると、梅雨が終わる頃には500円玉サイズのブルーベリーができるかも(*´艸`)

☆次回予告☆
次回は、葉が生い茂る春に向けて、ブルーベリーの枝の剪定のお話です。
もちろん、剪定の実技披露もあります。
 また、たいへん珍しい品種、赤色のブルーベリーの「ピンクレモネード」の苗をお持ち帰り頂けます。ぜひ、次回もお申込みいただき、まちなかキャンパスに足を運んで下さい。               2017/12/5掲載

ページトップへ