宮崎大学 産学・地域連携センター > ABSセミナーの開催について

セミナー

ABSセミナーの開催について

 この度、産学・地域連携センターでは国立遺伝学研究所知的財産室室長 鈴木 睦昭 氏をお招きし、ABSセミナーを開催いたします。
 日本での名古屋議定書の批准が間近となる中、学術研究といえども海外の遺伝資源を入手し利用する際には「遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分(ABSAccess and Benefit-Sharing)」の原則に従う必要があります。
 そこで今回のセミナーでは、名古屋議定書に関連する国際動向と、大学教職員が直面する学術分野でのABS対応について、鈴木氏に最近のトピックスを交えながらお話しいただきます。
 つきましては、下記のとおり開催いたしますので、ご多用の折とは存じますが、多数ご参加くださいますようお願いいたします。貴重な機会ですので、海外の遺伝資源に関し、研究利用される研究者の方々のみならず、アクセスする可能性のある留学生に対応する教職員、学生の皆さまのご出席をお待ちしています。
 なお、事前申し込みは不要ですが、当日受付を行いますので、IC職員証・学生証をご持参願います。 

                     記  

    1.日 時 :平成29年5月9日(火)17:00~18:30
    2.会 場 :農学部2F 205教室
    3.演 題 :「名古屋議定書関連の国際動向と学術分野での対応」
    4.講 師 :大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
           国立遺伝学研究所 知的財産室 室長
           鈴木 睦昭(すずきむつあき)氏
    5.対 象 :教職員・学生の皆様

ABSセミナーポスター

                 主催:産学・地域連携センター
                 <問い合わせ先>
                    産学・地域連携課 知的財産係(佐藤・井上)
                    内線7758(清武キャンパスからは92-7758)
                    E-mail:chizai@of.miyazaki-u.ac.jp

ページトップへ