産学連携部門

研究・技術シーズ検索

Displaying results 1 - 20 of 42 matches (0 seconds)
1. ラ1軟らかい食餌に起因する2型糖尿病の発症機構の解明ライフサイエンスフ准...
伝子を同定し、そのメカニズムの解明を行なっています。さらに、エネルギー代謝調節に関与するホルモンや脳内神経ネットワークを介した食欲や摂食行動との関連を解析することで、肥満や糖尿病などの生活習慣病の予防•治療に向けた新規の治療標的分子を探索しています。1軟らかい食餌に起因する2型糖尿病の発症機構の解明2型糖尿病は遺伝的素因に加え、ストレス•運動不足•食生活などの環境要因が作用して発症し、肥満を基盤としてインスリンの分泌低下やインスリンの作用低下が起こることが知られています。一方で、日本人やアジア人
109_akieda-2021.pdf - 165.6kb

2. 1光・レーザーによる処理・加工技術の開発ものづくり技術2真空紫外レーザー...
ザーによる計測研究概要・・・レーザーや各種光源から発した光のエネルギーを利用した加工・改質・成膜技術など光プロセス技術に関する研究レーザー装置の開発、光の発生技術開発、特に波長の短い紫外〜真空紫外領域を得意とする光の特長を活かした計測技術開発甲藤正人かっとうまさひと産学・地域連携センター産学連携部門准教授キーワード光,レーザー,計測,光プロセス,短波長,紫外、真空紫外,材料創成特許情報・共同研究・応用分野など1光・レーザーによる処理・加工技術の開発光・レーザーをものづくりプロセスへの応用技術を目
212_kattou-2021.pdf - 163.4kb

3. ラ1食生活に起因する2型糖尿病発症のメカニズムの解明ライフサイエンスフ健...
。3糖質の違いによる脂肪細胞への分化能及び肥大化の影響生体のエネルギー源であるぶどう糖だけでなく、果糖などによる脂肪細胞の分化能や肥大化に与える影響について検討しています。ホームページ技術相談に応じられる関連分野2型糖尿病モデルマウス作製細胞培養や細胞の分化能の評価メッセージスン
70_hattori-2021.pdf - 228.3kb

4. ラ1無農薬除草ロボットの開発ライフサイエンスフ農業生産にかかわる機械や装...
ます。農作業を軽労化・自動化するロボットや装置の開発、小水力エネルギー回収装置など自然エネルギーを利用した研究、にんじん・かんしょなど地域特産物の選別や調製装置の開発研究を行っています。スマート農業に関連して、人工知能(AI)を用いた農産物の品質評価や農業施設の自動化に関する研究も行っています。農業機械の性能測定や評価など、共同研究も積極的に行っています。助教キーワード農業機械、農作業、自動化、軽労化、ロボット化、センシング、小水力エネルギー、選別機、調製機、スマート農業、人工知能(AI)、農産
54_hiyoshi-2021.pdf - 654.2kb

5. ラ1植物工場・養液栽培に適した栽培管理技術に関する研究ライフサイエンスフ...
培管理技術に関する研究ライフサイエンスフイサ2農地での食料とエネルギーの生産を両立するハイブリッド農業に関する研究エイ3農林畜産廃棄物利用による資源循環型農業システムの構築研究概要食料自給率向上だけでなく、環境保全(EnvironmentalProtection)、持続的経済発展(SustainableEconomicGrowth)、エネルギー安全保障(EnergySecurity)の3Eを同時に実現する農業システムの構築を目的として、新エネルギーや高効率な栽培技術の開発について研究しています。
52_kirimura-2021.pdf - 927.5kb

6. ラ1がんを「兵糧攻め」にする治療薬の開発ライフサイエンスフイサ2グルコー...
で栄養状態が悪化します。がん細胞自身も低栄養状態に陥りますがエネルギーを維持するセンサーを発動することで生存・増殖が可能となります。小児科研究室ではこのがん細胞の代謝センサーを破壊する新しい薬剤を開発しました。さらに代謝センサーが機能しない空腹のがん細胞に対してグルコースに代わる偽の糖質を与えることで、がん細胞を「兵糧攻め」にして細胞を死滅させます。齋藤祐介さいとうゆうすけ医学部医学科宮崎小児地域医療学・次世代育成支援講座特別准教授キーワードがん、白血病、肺癌、大腸癌、エネルギー代謝、解糖系、酸
34_saitou-2021.pdf - 321.8kb

7. 1協働の農地管理に関する研究社会科学2地域資源(水資源)を活用した地域づ...
りの意思を示唆していると考えられます。この研究では地産地消のエネルギーを活用し、地域農業の発展を妨げる地域課題解決や集落の再生や維持に不可欠な地域づくりの機運を高める要因を明らかにする研究に応用が可能です。3関係人口の創出による集落の再生と維持に関する研究様々な時代背景により、日本の人口問題は様変わりしてきました。最近では、環境問題、資源管理の観点から、中山間地域に存在する集落の価値や意義を問い直す転換点に来ています。新しい時代を切り拓いていく上で、従来の都市農村交流を見直す必要があります。都市
237_matsuoka-2021.pdf - 215.8kb

8. 1市町村の地域政策に関する研究社会科学2都道府県の地域政策に関する研究3...
中核とし、今日では、木質ペレットをはじめ小水力発電などの自然エネルギーによるまちづくりを進め、木質バイオマス、風力、太陽光、水力、地熱など地域にある各種の資源を全て活用して地域的自然エネルギーシステムを形成している。④帯広・十勝は、農業の国際化と公共事業の減少が進むなかで、中小企業振興基本条例を制定し中小企業振興と産業振興の一体的な取り組みを開始した。産業振興ビジョンを策定し、小麦等を柱とする地域的フードシステムを中核に地域的ふーどツーリズムシステムと地域的自然エネルギーシステムを統合している。
228_iriya-2021.pdf - 183.4kb

9. 1防災・減災に関わる技術開発社会基盤2環境に優しい土木技術の開発3沿岸域...
い土木技術の開発グリーンインフラによる津波被害の軽減波や流のエネルギーの活用3沿岸域および河川流域の環境管理砂浜環境の適正な保全流域における総合土砂管理貯水池における濁水対策社特許情報・共同研究・応用分野など会基盤民間企業との共同研究を継続的に進めています。また、各種技術相談や講演などにも幅広く対応しています。ホームページ技術相談に応じられる関連分野土木工学分野メッセージ
216_murakami-2021.pdf - 151.1kb

10. 1個々の機械システムに適した制振技術の開発ものづくり技術2人に優しい手持...
り大きく振動します。また、加振源がなくてもシステム自身が振動エネルギーを生成して振動(自励振動)することがあります。振動が発生すると、機械の性能を劣化させるだけでなく、故障や事故の要因となり得るため、抜本的な対策が不可欠です。本研究では、機械の振動問題を力学的に分析することにより、発生原因を特定するとともに、最適な制振対策方法を確立する研究を行っています。また、振動を有効に利用する機械システムや解析法の開発も行っています。盆子原康博ぼんこばらやすひろ工学教育研究部工学科機械知能工学プログラム担当
207_bonkobara-2021.pdf - 237.4kb

11. 1太陽集光装置を用いた高度熱利用技術に関する研究エネルギー2中低温排熱利...
研究テーマ】1太陽集光装置を用いた高度熱利用技術に関する研究エネルギー2中低温排熱利用発電に関する研究3飲料水用浄水技術に関する研究研究概要ビームダウン式タワー型太陽集光装置を用いて集めた光を熱に変え、作り出した熱エネルギーを有効利用するための研究を行っています。また、太陽熱発電における熱のカスケード利用や工場等から排出される100~300℃程度の未利用排熱の有効利用のために、オーガニックランキンサイクルによる発電システムに関する研究を行っています。また,海外の地下水ヒ素汚染地域で利用可能な飲料
193_tomomatsu-2021.pdf - 241.7kb

12. 1軸受のトライボロジーに関する研究ものづくり技術2機械部品の摩擦や摩耗に...
品の摩擦や摩耗に関する研究3樹脂機械要素に関する研究研究概要エネルギー機器や電気自動車,ロボットなどで使われる駆動装置ではテクノロジーの進歩により世の中の要求がだんだん高くなり従来の金属材料や鉄鋼材料などでは,なかなか新しい機能を発揮できなくなってきています.こうした課題を解決するために新しい材料を使って機械要素の機能をアップしたりする研究をしています.古池仁暢こいけひとのぶ工学教育研究部工学科機械知能工学プログラム担当1軸受のトライボロジーに関する研究転がり疲労や焼付きといった接触をともなう機
205_koike-2021.pdf - 133.1kb

13. 1光センシングの農業への応用ものづくり技術2III-V族化合物半導体結晶膜の...
イスの作製研究概要半導体技術、光センシング技術を農業、通信、エネルギー伝送に応用することを目標に、半導体結晶成長、光デバイス作製、農業センシングの研究を行っています。荒井昌和あらいまさかず工学教育研究部工学科応用物理工学プログラム担当荒井研究室1光センシングの農業への応用・ライダー(LiDAR)センサを搭載したドローンによる農作物の収量予測・光バンドパスフィルタを通して撮影した画像による植生指数計測・InGaAsカメラによる水分含有量測定・LEDを用いた害虫誘引准教授キーワード光センシング結晶成
200_arai-2021.pdf - 439.9kb

14. ラ1競技力向上のための糖質摂取・貯蔵に関する研究ライフサイエンスフイサ2...
力向上のための糖質摂取・貯蔵に関する研究糖質は運動中の重要なエネルギー源であり、運動前・中・後に適切な糖質摂取を行うことが競技パフォーマンスを向上させる鍵となります。また、糖質は食事等で多量に摂取されると筋肉や肝臓で貯蔵量が増加する特性があり、糖質の貯蔵量が増加することで一時的に持久性の運動能力が高まります。私たちは、糖質の摂取や貯蔵が競技能力の向上に繋がるメカニズムや、より効果的な糖質の摂取・貯蔵の方法について検討を行っています。2生体電気インピーダンス法による体組成評価の研究現在では家庭等に
1_shiose-2021.pdf - 208.4kb

15. 1海洋微生物ラビリンチュラの産業利用エネルギー2ユーグレナ(ミドリムシ)...
ら始めよう【研究テーマ】1海洋微生物ラビリンチュラの産業利用エネルギー2ユーグレナ(ミドリムシ)の産業利用3海洋マイクロプラスチック問題に関する要素技術の開発研究概要ドコサヘキサエン酸(DHA)などの機能性油脂を細胞内に多量に蓄積する、海洋微生物ラビリンチュラを利用した医薬品、機能性食品素材、バイオ燃料などの持続的生産に取り組んでいます。またユーグレナの無菌的な大量培養を行い、化成品分野(バイオプラスチック、バイオペーパー、ナノファイバー)への応用を検討しています。さらに地球規模で大きな問題にな
198_hayashi-2021.pdf - 397.4kb

16. 1微生物燃料電池の発電メカニズムの解明エネルギー2微生物燃料電池による有...
始めよう【研究テーマ】1微生物燃料電池の発電メカニズムの解明エネルギー2微生物燃料電池による有機性廃棄物を利用した発電3環境浄化に向けた有用微生物の探索研究概要近年、産業化、人口増加に伴うエネルギー問題、環境問題が深刻化しており、有限な化石燃料に頼ることのない再生可能エネルギーの利用に関心が寄せられている。再生可能エネルギーを利用した発電技術の一つである微生物燃料電池は、微生物が有機物を分解する過程で生じる電子を電気エネルギーとして取り出す装置であり、今世紀に入ってから注目を浴び始め、急速な発展
197_inoue-2021.pdf - 322.4kb

17. 1太陽光発電由来水素およびメタンの生成エネルギー2各種太陽光発電システム...
・設置方法、に対応する太陽光発電システムの発電量予測・地域のエネルギーと農資源を循環させるシステムの開発西岡賢祐にしおかけんすけ工学教育研究部環境・エネルギー工学研究センター担当教授1太陽光発電由来水素およびメタンの生成太陽光発電の電力で水を電気分解して水素を生成しています。(太陽光エネルギーから水素エネルギーへの変換効率24.4%)また、その水素を二酸化炭素と触媒反応させてメタンを生成しています。(メタン濃度98%)2太陽光エネルギーで電気自動車を一日30km走行させるための車載太陽電池開発太
196_nishioka-2021.pdf - 628.7kb

18. 1核融合プラズマにおける原子分子素過程に関する研究エネルギー2イオン・分...
究テーマ】1核融合プラズマにおける原子分子素過程に関する研究エネルギー2イオン・分子衝突過程に関する研究研究概要原子や分子(あるいはそれらのイオン)や電子、光などが衝突するプロセスは、まとめて原子衝突と呼ばれています。原子衝突の研究とは一つ一つの原子分子の”衝突”過程を理解しようとするもので、二つの粒子がある相対速度で近づいてきたときに何がどのくらいの確率で起こるかを調べています。五十嵐明則いがらしあきのり工学教育研究部工学基礎教育センター担当1核融合プラズマにおける原子分子素過程に関する研究宇
195_igarashi-2021.pdf - 164.4kb

19. 1ビームダウン式太陽集光装置のためのレシーバに関する研究エネルギー2太陽...
マ】1ビームダウン式太陽集光装置のためのレシーバに関する研究エネルギー2太陽熱の固体顕熱蓄熱に関する研究3太陽集光部の瞬時放射流束分布計測研究概要宮崎大学に設置されているビームダウン式太陽集光装置(BDSC)を利用して,太陽光を変換して得られた熱(太陽熱)に関する研究を行っています.BDSCは,通常のタワー型太陽集光装置と違い,加熱する物体に上から太陽光を照射するため,専用の太陽光受光装置(レシーバ)を開発する必要があります.また,太陽熱を夜間でも使用できるように蓄熱の研究も行っています.さらに
194_nagase-2021.pdf - 414.3kb

20. ラ1細胞の機能をナノレベルで理解するライフサイエンスフイサ2メタボリック...
。とくに、褐色脂肪組織でこのことは重要で、恒温動物の熱産生やエネルギー代謝に関与します。最終的には、人のメタボリックシンドロームやがん克服のための創薬へ繋げることを目指しています。3脳神経疾患に関する研究小胞体ストレスは、様々な疾患の病態に関与します。とくに、私たちは神経変性疾患について研究を進めています。多くの神経変性疾患では、神経細胞内の不良タンパク質の蓄積が原因となりますが、その標的として、小Derlin-1を発見しました。Derlinファミリーの脳での役割として、神経細胞のコレステロール
7_nishitou-2021.pdf - 160.3kb

Result page: 1 2 3 Next
ページトップへ