産学連携部門

研究・技術シーズ検索

Displaying results 21 - 40 of 118 matches (0 seconds)
21. 1ヒトiPS細胞、幹細胞のエピジェネティクスライフサイエンス2獣医療に応用...
う【研究テーマ】1ヒトiPS細胞、幹細胞のエピジェネティクスライフサイエンス2獣医療に応用可能な動物iPS細胞作成法の開発研究概要計算機シミュレーション技術を手段として、生命現象を分子レベルで明らかにします。具体的な研究対象は、セルロースに代表される生体材料の構成要素である結晶性構造多糖類と、それらの合成や分解に関わるタンパク質です。人類は古くから木綿、紙、木材としてセルロース繊維を利用してきましたが、セルロース繊維のミクロ構造については不明な点も多く、さらに天然で合成され、そして分解される仕組
48_yui-2021.pdf - 262.8kb

22. ラ1暖地型マメ科牧草の栽培利用に関する研究ライフサイエンスイフサ2草地に...
よう【研究テーマ】ラ1暖地型マメ科牧草の栽培利用に関する研究ライフサイエンスイフサ2草地におけるアーバスキュラー菌根菌と牧草との関係に関する研究エインス研究概要南九州の気候に適し、輸入飼料と代替可能な栄養価の高い暖地型マメ科牧草の選定と栽培方法、利用方法の検討を行っています。また、草地の土壌中に生息するアーバスキュラー菌根菌は植物と共生し、植物の成長を助けますが、草地の管理方法により、共生関係が変化します。草地でアーバスキュラー菌根菌と牧草の共生関係が有効利用できるような草地の管理方法を模索して
91_tobisa-2021.pdf - 123.3kb

23. ラ1地域における家畜伝染病のコントロールに関する研究ライフサイエンスフ畜...
テーマ】ラ1地域における家畜伝染病のコントロールに関する研究ライフサイエンスフ畜産業に経済的損失を与える家畜伝染病の制御支援技術に関する研究を行っています。家畜伝染病をコントロールするためには,動物個体ごとの管理のみならず,群れで飼育されている動物たちを一つの集団として扱う必要があります。伝染病によっては,その集団が地域単位や国単位にまで広がります。そのような病気に対し,科学的な根拠に基づいて,環境と社会に配慮した感染制御支援技術を開発することが本研究の目的です。関口敏産業動物防疫リサーチセンタ
98_sekiguchi-2021.pdf - 219.2kb

24. ラ1産業動物の疾病予防に関する調査・研究ライフサイエンスフサ2農場バイオ...
めよう【研究テーマ】ラ1産業動物の疾病予防に関する調査・研究ライフサイエンスフサ2農場バイオセキュリティに関する調査・研究イエ3越境性産業動物伝染病の防疫に関する調査・研究研究概要牛、豚、鶏、馬などの産業動物の疾病予防に関する調査・研究を実施しています。特に、病気に弱い若齢動物に影響する病原因子の排除、抗病性の賦与、快適な環境づくりに力を注いでいます。当学は宮崎県に所在し、過去に口蹄疫(FMD)、高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)そして豚流行性下痢(PED)のアウトブレイクを経験しました。それ
97_sueyoshi-2021.pdf - 623.3kb

25. ラ1牛の臍部・臍帯感染症および中耳炎の診断法、治療法に関する研究ライフサ...
牛の臍部・臍帯感染症および中耳炎の診断法、治療法に関する研究ライフサイエンスフ子牛の臍部・臍帯感染症や中耳炎は、病態の進行により淘汰もしくは死亡の転帰をとる生産性を大きく低下させる疾患の一つです。当研究室は、難治性の臍部・臍帯感染症や中耳炎のより正確な病態把握のための診断法の確立や新規治療法の開発に取り組んでいます。また、酸化ストレスと疾患、生産性との関係や乳牛におけるケトーシスや乳熱など周産期疾患の治療、予防法についての研究も行っています。教授キーワード牛臍帯感染症、肝膿瘍、肝切除中耳炎酸化ス
96_satou-re-2021.pdf - 248.9kb

26. ラ1MRIを用いた獣医神経病の診断に関する研究ライフサイエンスフサ2獣医再...
【研究テーマ】ラ1MRIを用いた獣医神経病の診断に関する研究ライフサイエンスフサ2獣医再生医療における間葉系幹細胞の細胞トラッキングイエ3大動物用CT装置を用いた各動物種における生体評価研究概要主にMRIを中心とした伴侶動物の獣医神経病の診断法や予後評価法に関する研究を行っています。CT装置を用いた研究では、牛やイルカのような大型動物の診断や生体評価を試みています。間葉系幹細胞を用いた獣医再生医療(細胞移植治療)にも取り組んでおり、移植条件の最適化や治療効果の科学的根拠の集積の他、移植した細胞を
95_satou-hi-2021.pdf - 237.9kb

27. ラ1臨床バイオマーカーを活用した産業動物の繁殖機能評価の開発ライフサイエ...
ラ1臨床バイオマーカーを活用した産業動物の繁殖機能評価の開発ライフサイエンスイフサ2効率的な体外胚作出のための培養環境の開発イエ3妊娠期の母牛の栄養状態と胎子・新生子の将来に及ぼす影響に関する研究研究概要産業動物において、胚をはじめ、胎子・新生子、さらに性成熟後の各ライフステージにおける繁殖性の評価の開発や発育に及ぼす因子の解明を行い、繁殖効率の向上を目指しています。特に抗ミューラー管ホルモン(Anti-MüllerianHormone:AMH)に着目し、AMHを用いた繁殖機能や将来性の指標とし
94_kitahara-2021.pdf - 350.9kb

28. ラ1排卵同期化・定時人工授精プログラムの開発ライフサイエンスフイサ2牛の...
う【研究テーマ】ラ1排卵同期化・定時人工授精プログラムの開発ライフサイエンスフイサ2牛の子宮内膜炎の診断治療プロトコールの確立エインス研究概要牛の繁殖成績低下は畜産経営を圧迫する要因となりますが、現在の大きな課題として、発情発見率および受胎率が低下していることがあげられます。そこで、乳用牛および肉用牛における①排卵同期化・定時人工授精プログラムの開発、ならびに②受胎性の客観的評価方法、特に子宮内膜炎の診断治療プロトコールの確立を目指して研究活動を実施しています。1排卵同期化・定時人工授精プログラ
93_oosawa-2021.pdf - 242.6kb

29. ラ1アクアポリンに関する研究ライフサイエンスフサ2腎不全に関する研究イエ...
に地域から始めよう【研究テーマ】ラ1アクアポリンに関する研究ライフサイエンスフサ2腎不全に関する研究イエ3エクソソームバイオマーカーに関する研究研究概要我々は、1)動物の病気の成り立ちや薬の利き方を分子の言葉で説明すること、2)腎臓疾患の撲滅に寄与すること3)宮崎発、世界初のバイオマーカーを発見することを目標として、研究を行っている。池田正浩いけだまさひろ農学部獣医学科獣医薬理学教授キーワードアクアポリン、腎不全、エクソソーム、動物の遺伝病1アクアポリンに関する研究アクアポリンとは、細胞の水の通
92_ikeda-2021.pdf - 156.6kb

30. ラ1家畜・動物園動物・愛玩動物・実験動物の適正飼養管理に関する研究ライフ...
畜・動物園動物・愛玩動物・実験動物の適正飼養管理に関する研究ライフサイエンスフイサ2動物のユニークな生態・行動・生理現象の発見と応用エインス研究概要家畜や動物園動物などの飼育動物の適正な飼養管理について、特に、動物の生態・行動・生理や周辺環境との関わりに着目しながら調べています。動物が示すユニークな行動や生態に関する知見は固有の野生生物の保全や野生動物の管理にとって不可欠な情報です。同時に、遺伝子研究が進みPCやネットワークシステムが発展した今日、これらの知見は農学・工学・医学などさまざまな分野
88_sakamoto-2021.pdf - 153.7kb

31. ラ1生命分子機構を解明する革新的分子技術の開発ライフサイエンスフイサ2テ...
【研究テーマ】ラ1生命分子機構を解明する革新的分子技術の開発ライフサイエンスフイサ2テロメアを標的とする革新的分子技術の開発エイ3化学による革新的がん可視化診断技術の開発研究概要長年にわたって生命分子における革新的分子技術の創出と、これを用いた診断・治療および生命分子の活動機構の解明を追究してきました。生命体における最小の単位である細胞における革新的分子技術の創出ができれば、これを用いた診断・治療および生命活動の分子機構の解明に新たな道が開けると期待できます。徐岩じょがん医学部医学科機能制御学講
4_jogan-2021.pdf - 186.0kb

32. ラ1植物の環境ストレス耐性機構の解明イフライフサイエンスサイエンス研究概...
めよう【研究テーマ】ラ1植物の環境ストレス耐性機構の解明イフライフサイエンスサイエンス研究概要世界で拡大している沙漠化の人為的要因の1つに、乾燥地帯での灌漑農業由来の土壌の塩類集積化があります。このような環境下で植物は塩類、特にNaによるストレスを受けることになります。植物の持つ耐塩性(塩ストレスに強い)のメカニズムを解明することは、沙漠化の防止に寄与すると考えられます。多様な植物遺伝資源を利用した塩ストレス耐性系統の選抜と耐性メカニズムの解析を中心に研究を行っています。山本昭洋やまもとあきひろ
74_yamamoto-2021.pdf - 5,737.6kb

33. ラ1微細操作技術を活用した植物の受精機構に関する研究ライフサイエンスイフ...
テーマ】ラ1微細操作技術を活用した植物の受精機構に関する研究ライフサイエンスイフサ2突然変異育種法の効率化に関する研究イエン3ラン科植物の長期遺伝資源保存法の開発ス研究概要花き園芸植物を中心として、育種材料となる遺伝資源の長期安定な保存法の開発、また多様性を広げるための突然変異誘発技術の確立、交雑育種・種子生産に必須となる受精機構に関する研究を行なっています。このような、新品種育成に必要なプロセスを植物バイオテクノロジーや微細操作技術、分子生物学的手法を駆使することで解明し、その成果を利用した新
72_hirano-2021.pdf - 251.4kb

34. ラ1日向夏の結実特性の解明ライフサイエンスフ日向夏などの宮崎県特産の果樹...
野に地域から始めよう【研究テーマ】ラ1日向夏の結実特性の解明ライフサイエンスフ日向夏などの宮崎県特産の果樹やマンゴー、ドリアンなどの熱帯果樹を材料に、開花生理・受粉受精のメカニズムや結実性についての調査研究を行なっています。また、その結果をもとに種無し果実の形成や新たな品種作出につなげていきたいと考えています。本勝千歳キーワードカンキツ、ヒュウガナツ、果樹、マンゴー、結実、DNAマーカー、花芽形成、花粉、受粉・受精特許情報・共同研究・応用分野などイエ研究概要准教授サ2マンゴーの開花整理に関する研
55_honshou-2021.pdf - 154.9kb

35. ラ1無農薬除草ロボットの開発ライフサイエンスフ農業生産にかかわる機械や装...
に地域から始めよう【研究テーマ】ラ1無農薬除草ロボットの開発ライフサイエンスフ農業生産にかかわる機械や装置、センシング技術に関する研究を行っています。農作業を軽労化・自動化するロボットや装置の開発、小水力エネルギー回収装置など自然エネルギーを利用した研究、にんじん・かんしょなど地域特産物の選別や調製装置の開発研究を行っています。スマート農業に関連して、人工知能(AI)を用いた農産物の品質評価や農業施設の自動化に関する研究も行っています。農業機械の性能測定や評価など、共同研究も積極的に行っています
54_hiyoshi-2021.pdf - 654.2kb

36. ラ1挿し木による果樹苗生産方法の開発ライフサイエンスフ研究対象は落葉果樹...
ら始めよう【研究テーマ】ラ1挿し木による果樹苗生産方法の開発ライフサイエンスフ研究対象は落葉果樹(カキ、クリ、ブドウ等)が中心です。ただし、果樹種苗生産に関わる材料としてはマンゴーやライチ等、(亜)熱帯果樹も対象としています。主に栄養繁殖(挿し木、接ぎ木、組織培養)が研究テーマですが、栄養繁殖した果樹(台木)がどのような成長をするのかを確かめるための栽培試験も行っています。教授キーワードカキ、クリ、ブドウ、モモ、オウトウ、リンゴ、落葉果樹、亜熱帯果樹、熱帯果樹、挿し木、種苗生産、植物組織培養、ク
53_tetsumura-2021.pdf - 736.0kb

37. ラ1植物工場・養液栽培に適した栽培管理技術に関する研究ライフサイエンスフ...
ーマ】ラ1植物工場・養液栽培に適した栽培管理技術に関する研究ライフサイエンスフイサ2農地での食料とエネルギーの生産を両立するハイブリッド農業に関する研究エイ3農林畜産廃棄物利用による資源循環型農業システムの構築研究概要食料自給率向上だけでなく、環境保全(EnvironmentalProtection)、持続的経済発展(SustainableEconomicGrowth)、エネルギー安全保障(EnergySecurity)の3Eを同時に実現する農業システムの構築を目的として、新エネルギーや高効率な
52_kirimura-2021.pdf - 927.5kb

38. ラ1整形外科インプラントの研究開発ライフサイエンスフテーマ:『人』と『機...
から始めよう【研究テーマ】ラ1整形外科インプラントの研究開発ライフサイエンスフテーマ:『人』と『機械』のインタラクションを考え,『健康寿命の延伸』を実現するバイオメカニクス研究の推進健康・安全・安心・快適・楽しさのある高齢社会,質の高い生活の実現を目指して,運動器(骨・関節)の持つ力学的機能を解明する基礎研究から,スポーツ,ロボット・デバイスの研究開発まで幅広く活動しています.医学と工学との連携の中で,生体の高度なメカニズムに学び,医師・エンジニアと共に臨床現場・現代社会が直面している種々の課題
51_yamako-2021.pdf - 163.9kb

39. ラ1AR(拡張現実)を用いた家畜の体重(枝肉重量)推定ライフサイエンスイフ...
ーマ】ラ1AR(拡張現実)を用いた家畜の体重(枝肉重量)推定ライフサイエンスイフサ2AIとIoTを用いた養豚の自動化システムイエン3AI,IoT,Cloudを組み合わせた遠隔制御技術ス研究概要カメラで撮影した画像をもとに各種機械を制御するロボットビジョンが専門です。特に三次元計測に興味があり,目で見えるものはほとんど全てが対象です。様々な分野に利用できる技術ではありますが,特に地域に根差した研究を積極的に行うことが研究のモットーです。最近では畜産王国宮崎から新しい技術を発信すべく,畜産の自動化シ
50_kawasue-2021.pdf - 352.4kb

40. ラ1新規ペプチドの生理作用、特に摂食関連機構についてライフサイエンスフイ...
テーマ】ラ1新規ペプチドの生理作用、特に摂食関連機構についてライフサイエンスフイサ2鳥類と哺乳動物の生体リズム機構についてエイ3肥満・糖尿病発症機構とその予防について研究概要動物の生体リズムや摂食機構あるいは肥満の機構の分子生物学的研究、特に遺伝子レベルや遺伝子改変動物を用いた基礎研究や、新規ペプチドの新たな生理作用の探索を行い、その成果を畜産や動物臨床医学などへ応用していく。中原桂子なかはらけいこ農学部獣医学科獣医生理学教授キーワードグレリン、生体リズム、メタボリックシンドローム、摂食、肥満、
99_nakahara-2021.pdf - 163.1kb

Result page: Previous 1 2 3 4 5 6 Next
ページトップへ