産学連携部門

研究・技術シーズ検索

Displaying results 1 - 20 of 25 matches (0 seconds)
1. 1院内ClosedSocialNetworkingService「Tegami」の開発情報通信2患者さん...
alNetworkingService「Tegami」の開発情報通信2患者さんの感謝が医療従事者に与える影響3ワークエンゲージメントが医療の質、病院経営、医療経済に与える影響研究概要・報情患者さん・家族からの感謝を取り上げ、医療従事者に伝える病院内のclosedSNSの開発を行っています。このシステムが医療従事者のモチベーションの向上につながるか、さらには医療全体の生産性や医療経済、医療の質(患者さん主体の医療)にどう影響するかを検証しています。坂田鋼治さかたこうじ医学部医学科内科学講座循環器
118_sakata-2021.pdf - 260.9kb

2. 1並列処理と高性能計算情報通信2機械学習とその応用3フォールトトレラン...
を視野に地域から始めよう【研究テーマ】1並列処理と高性能計算情報通信2機械学習とその応用3フォールトトレランス研究概要人間の脳が行う情報処理を模倣した神経回路網は、適切な例を与えて学習させることで様々な用途に応用できます。一方、処理時間の短縮が問題となっており、これらに対して並列処理による高速化、特にFPGAと呼ばれる内部書き換え可能なLSIを使ったハードウェアアクセラレーションについて研究を行っています。また、神経回路網の応用として、農学部と共同で食品の機能性推定システムの開発を行い、また医
133_yamamori-2021.pdf - 154.9kb

3. 1光情報処理によるセンシング及びイメージング情報通信2光学式暗号化(符...
世界を視野に地域から始めよう【研究テーマ】1光情報処理によるセンシング及びイメージング情報通信2光学式暗号化(符号化)手法に関するセキュリティ強度評価3ディジタルカラー画像を用いた血行動態イメージング研究概要情報光の性質を用いた情報処理技術と生体計測技術に関する研究を行っています.光の振幅や位相といった情報を利用した符号化や光暗号化技術に関するテーマについて長年研究してます.手法の提案だけではなく,数値計算によるセキュリティ強度評価も実施しています.また,光と生体組織の相互作用である光の散乱や
140_nakano-2021.pdf - 284.9kb

4. 1パスワード認証を補完する認証システムの開発情報通信2使いやすいニッチ...
う【研究テーマ】1パスワード認証を補完する認証システムの開発情報通信2使いやすいニッチサービスの開発研究概要コンピュータやインターネット技術に詳しくない一般パソコンユーザでも、「安全に」コンピュータを利用できる環境の研究と「使いやすい」インターネットにおけるWebおよびパソコンで利用するサービスの開発研究を行っています。松澤英之まつざわひでゆき情報基盤センター助教キーワードパソコン、インターネット、Webサービス、セキュリティ、利便性1パスワード認証を補完する認証システムの開発パソコンやインタ
139_matsuzawa-2021.pdf - 130.9kb

5. 1オートマトン・言語理論・計算理論など計算機科学に関する研究情報通信2...
セルラオートマトン、パーコレーション、フラクタル、カオス特許情報・共同研究・応用分野などⅠ.外部からの依頼1.防犯カメラ映像の鮮明化2.先祖の古い写真のカラー化3.フラダンサーの衣装デザインCAD開発Ⅱ.共同研究1.経済、経営、組織の雑さに関する研究(科学研究補助金)2.バーチャル技術による教育・訓練や観光業への応用3.光るキノコのPRに関する映像技術1オートマトン・言語理論・計算理論など計算機科学に関する研究例えば、3DCG、動画、バーチャル技術等を意識した多次元情報処理に関する計算論や認識可
138_sakamoto-2021.pdf - 360.8kb

6. 1複雑現象の数理モデリングと計算機シミュレーション情報通信2自然・社会...
究テーマ】1複雑現象の数理モデリングと計算機シミュレーション情報通信2自然・社会に現れるパターン形成の数理3機械学習と数理モデリング研究概要報情出原浩史いずはらひろふみ工学教育研究部工学基礎教育センター担当私の研究分野は応用数学で、数学を用いて自然や社会に現れる複雑な現象を理解しようという分野になります。私たちのまわりには様々な不思議な現象で溢れています。例えば、シマウマの縞模様のように自然界には様々な模様があります。このような模様が形成されることをパターン形成と言います。パターン形成の面白い
137_izuhara-2021.pdf - 154.0kb

7. 1近傍の情報を利用するグラフ上のランダムウォーク情報通信2離散組合せ最...
世界を視野に地域から始めよう【研究テーマ】1近傍の情報を利用するグラフ上のランダムウォーク情報通信2離散組合せ最適化問題3組合せゲーム研究概要本研究室では、主としてオペレーションズ・リサーチに関わる離散最適化問題に取り組んでいます。組合せ最適化問題は、工業管理、管理工学、経済など科学・工学のいたるところに現れる主要な問題の1つです。現実問題において現れる組合せ最適化問題の多くは、困難な問題のクラスに属しています。このため、近年、計算機の高速化により組合せ最適化問題の最適解を計算機によりアルゴリ
136_ikeda-2021.pdf - 187.1kb

8. 1機械学習を用いた画像からの顔認識やポーズ追跡とその応用情報通信2Visu...
マ】1機械学習を用いた画像からの顔認識やポーズ追跡とその応用情報通信2VisualSLAM技術を用いたドローンの自律飛行3AR/VRにおけるユーザインタフェースに関する研究研究概要情報人間が、より直感的にコンピュータとコミュニケーションを行うことができるように、機械学習、コンピュータビジョン、AR/VRなどの手法の改善や、それらを使用したシステムの開発を行っています。人間が操作しなくてもロボットが環境内を安全に移動することができるようにするための技術の開発を行っています。横道政裕よこみちまさひ
135_yokomichi-2021.pdf - 254.1kb

9. 1電磁波散乱問題の数値計算法の開発情報通信2光波デバイスの設計研究概要...
から始めよう【研究テーマ】1電磁波散乱問題の数値計算法の開発情報通信2光波デバイスの設計研究概要情報通信工学、主として計算機シミュレーションの立場から研究を行っています。通信工学分野において、波長に比べて大きな物体による散乱問題や多数の物体がランダムに配置された場合の散乱問題などが重要視されています。この場合、大規模行列の計算を実行しなければならず、そのための高速計算アルゴリムの開発を行っています。一方、無線通信において、人体による伝搬損失特性を評価することが実用問題として重要となっています。
134_yokota-2021.pdf - 405.9kb

10. 1牛顔画像による個体識別と情報提示情報通信2画像からの実物体の3次元モ...
橋・道路の変形記録などが可能となります.3野球放送映像からの情報抽出と情報付加放送映像には,作り手側が作成した多くの情報が埋め込まれています.例えば,野球の放送映像には,ストライク,ボール,アウトカウントやイニング数,現在の得点などの情報が含まれています.また,映像自身にも被写体に関する多くの情報が含まれています.例えば,投球の軌跡から球種や配球の情報を得ることができます.これらの情報は,映像内に画素情報として埋め込まれているため,再利用することが困難です.我々は,放送映像を解析することで,その
132_mukunoki-2021.pdf - 236.2kb

11. 1地域包括ケアシステム情報通信2電子カルテシステム開発3地域医療構想研...
間コミュニケーション、電子カルテ、地域医療ネットワーク、診療情報管理特許情報・共同研究・応用分野など診療情報管理士医療情報技師医療情報技師指導者個人情報保護責任者(CPO)(3)クリニカルパス、電子カルテを利用した専門職教育システムの開発実際に診療が行われた症例の情報を匿名化し、疑似体験教育教材として利用するシステムを開発している。医療現場での安全管理教育や病院経営分析教育などへの利用が期待されている。(4)地域医療構想宮崎県の医療・介護の供給状況を把握・情報収集し、宮崎県下の医療機関や介護施設
119_suzuki-2021.pdf - 172.8kb

12. 1ICTを活用した牛のモニタリングシステムの開発に関する研究情報通信2安...
ます。1ThiThiZinティティズイン工学教育研究部工学科情報通信工学プログラム担当情報処理システム研究室教授キーワード画像処理・認識・理解、マルチメディア検索、姿勢・動作の認識、高齢者見守りシステム、ICTを活用した牛のモニタリングシステム特許情報・共同研究・応用分野などⅠ.特許1.画像検索装置、画像検索方法及び画像検索プログラム(特許第6041203号)2.画像サーバ、画像検索装置、画像検索プログラム、及び画像検索方法(特開2012-230505)3.牛のボディコンディションスコアの評価装
131_thithizin-2021.pdf - 503.2kb

13. 1確率的生成モデルに関する研究情報通信2自己組織化モデルに関する研究3...
ようとする基礎研究です。伊達章だてあきら工学教育研究部工学科情報通信工学プログラム担当准教授キーワード数理脳科学、人工知能、ニューラルネットワーク、ディープラーニング、学習、記憶、自己組織化、機械学習、パターン認識、数理モデル、確率的生成モデル、計算論的神経科学、数理工学、認知科学特許情報・共同研究・応用分野などⅠ。特許ロボットの位置および向きの情報の自己組織的学習処理方法ならびにその学習処理システム、およびその学習プログラム(公開:特許公開2005-174040、登録:特許第3826197号)
130_date-2021.pdf - 232.6kb

14. 1不確かさを含むシステムのロバスト制御に関する研究情報通信研究概要ロボ...
究テーマ】1不確かさを含むシステムのロバスト制御に関する研究情報通信研究概要ロボットやプラントなどといった装置の制御をコンピュータシステムを用いて自動化する際に、対象に含まれる数理モデル化することが難しい要素が制御性能に悪影響を及ぼすことが問題視されています。研究の目的は、そういった不確かさがモデルに対して及ぼす構造的な特性を明らかにし、その影響を低減化するような制御システムの設計を行うことであり、更に、関連する応用的問題についての研究を行っています。高橋伸弥たかはしのぶや工学教育研究部工学科
129_takahashi-2021.pdf - 128.3kb

15. 1ソフトウェアのテスト作業の効率化に関する研究情報通信2形式手法とテス...
【研究テーマ】1ソフトウェアのテスト作業の効率化に関する研究情報通信2形式手法とテスト手法の系統的活用3組込みソフトウェアを対象とした信頼性向上手法の提案研究概要報情ソフトウェアは、情報産業のみならず製造業から金融業に至るまで、あらゆる産業の付加価値創出の源泉となっており、もはや現代経済社会の基盤として欠かせない存在になっています。品質が低いソフトウェアによる、社会的損害がたびたび報告されており、その中には、社会基盤を揺るがしかねなかったり、人命が危機にさらされたりする事例も報告されています。
128_katayama-2021.pdf - 404.4kb

16. 1モバイル端末向け個人認証システムの開発情報通信2自動プログラムによる...
せん。しかしながら、「誰が」「どこに」アクセスしたかといった情報は、暗号化だけではその秘密(「通信の匿名性」)を守ることができません。プライバシー保護の観点のみならず、時にはそれが生命の危険をもたらす場合もあることから、その匿名性を守る技術である「匿名通信システム」はますます重要になってきています。ところが最近、「指紋攻撃」と呼ばれる解析技術により、匿名通信システムに対する匿名性を低下させる攻撃が可能であることが示され、その対策技術の開発が望まれています。本研究では、攻撃者に解析のための情報を与
127_okazaki-2021.pdf - 152.2kb

17. 1ネットワークセキュリティに関する研究情報通信2ITS(高度道路交通シス...
始めよう【研究テーマ】1ネットワークセキュリティに関する研究情報通信2ITS(高度道路交通システム)に関する研究研究概要報情ネットワークセキュリティとITSについて研究しています。(1)通信技術の発達により、コンピュータ、携帯端末だけでなく、様々な機器が常時つながる時代になりました。それに伴い、ウイルス感染やウイルスに感染した端末によるサイバー攻撃が問題になっています。それらを防ぐセキュリティについて研究をしています。(2)人と道路と自動車の間で通信して、事故や渋滞を減らすITS(高度道路交通
126_aburada-2021.pdf - 225.4kb

18. 1AR(拡張現実)を用いた家畜の体重(枝肉重量)推定情報通信2AIとIoTを...
テーマ】1AR(拡張現実)を用いた家畜の体重(枝肉重量)推定情報通信2AIとIoTを用いた養豚の自動化システム3AI,IoT,Cloudを組み合わせた遠隔制御技術情研究概要報・通カメラで撮影した画像をもとに各種機械を制御するロボットビジョンが専門です。特に三次元計測に興味があり,目で見えるものはほとんど全てが対象です。様々な分野に利用できる技術ではありますが,特に地域に根差した研究を積極的に行うことが研究のモットーです。最近では畜産王国宮崎から新しい技術を発信すべく,畜産の自動化システムの開発
125_kawasue-2021.pdf - 351.2kb

19. 1ICタグの電波強度(RSSI)を用いた肥育豚の群管理用位置推定技術情報通信...
グの電波強度(RSSI)を用いた肥育豚の群管理用位置推定技術情報通信2BLEセンサタグを用いた牛の分娩及び発情検知、疾病の早期発見技術3家畜の疾病予防モニタリングを目標とした個体管理用体温測定システム研究概要報情多い畜産農家は、家畜の餌やりや健康状態や体重の管理、へい死の確認などをすべて自分の手で行う。畜産農家の高齢化、後継者不足による畜産業の労働者の減少、畜産基盤の脆弱化が起こる一方である。そこで畜産業の業務のIoT化を進めることによって、畜産農家の負担を軽減が可能となるだけでなく、飼育コス
124_i-gunho-2021.pdf - 644.7kb

20. 1光センシングの農業への応用ものづくり技術2III-V族化合物半導体結晶膜の...
づくり技術2III-V族化合物半導体結晶膜の作製3光ファイバ通信や光無線給電用デバイスの作製研究概要半導体技術、光センシング技術を農業、通信、エネルギー伝送に応用することを目標に、半導体結晶成長、光デバイス作製、農業センシングの研究を行っています。荒井昌和あらいまさかず工学教育研究部工学科応用物理工学プログラム担当荒井研究室1光センシングの農業への応用・ライダー(LiDAR)センサを搭載したドローンによる農作物の収量予測・光バンドパスフィルタを通して撮影した画像による植生指数計測・InGaAsカ
200_arai-2021.pdf - 439.9kb

Result page: 1 2 Next
ページトップへ