産学連携部門

研究・技術シーズ検索

Displaying results 1 - 20 of 115 matches (0 seconds)
1. ラ1嗅覚・フェロモン・味覚関連遺伝子の解析ライフサイエンスフコンピュータ...
われ、動物にとって生きるために必須の感覚です。匂いの受容は、環境中の匂い分子が鼻の中にある匂いのセンサー、「嗅覚受容体」に結合することにより始まります。環境中に多様な匂い分子が存在することに対応して、嗅覚受容体の遺伝子は非常に数が多く、私たちヒトでは約400個、アフリカゾウでは約2000個にもなります(図)。それぞれの生物はそれぞれの環境に応じて、必要な嗅覚受容体遺398840ヒト機能遺伝子伝子を進化させてきました。それぞれの839チンパンジー397どちらか不明293814偽遺伝子オンーンラウタ
100_niimura-2021.pdf - 278.1kb

2. 1日本の恋歌の比較文学的研究教育・人文科学2若山牧水研究3宮崎県の短歌県...
を通して普及させ短歌と音楽の融合を図り、人生を深く思考できる環境づくりに貢献します。学科文人・育教
242_nakamura-2021.pdf - 1,298.1kb

3. 1農業分野関連語彙教育・人文科学2キャンパス内協働英語学習3英語学習者の...
令和2年度~令和4年度社会ネットワーク分析を用いた外国語学習環境の研究科研費分担者(20K00860)令和元年度~令和3年度獣医学ESPカリキュラム作成のための基礎研究科研費代表者(19K00913)平成28年~30年農学ESPのニーズ分析と方法論的検討科研費研究代表者(16K028440001)平成27年度~On-campusExchangeProgram代表者平成26年~28年国際協同学習における参加ネットワークと第二言語発達過程に関する基礎研究科研費分担者2キャンパス内協働英語学習(On-
273_yamamoto-2021.pdf - 329.2kb

4. 1日本と海外をつなぐ英語オンライン国際協同学習の方法論の研究教育・人文科...
る関連分野・海外教育機関等とのインターネットを用いた協同学習環境の構築・企業・医療機関などでの英語学習ニーズと国際化対応に関する助言と提案・教育データの活用方法に関する助言メッセージ新型コロナ感染症により、DXと遠隔授業が一般的な選択肢となり、教育機関同士の連携も増えてきています。海外の大学とのインターネットを用いた協同学習は、今後多くの語学授業にとって考慮するべき選択肢となっていくと考えます。そのお手伝いをさせて頂く用意があります。学科文人・育教
271_araki-2021.pdf - 372.8kb

5. ラ1ロボット支援下手術の手術手技の開発ライフサイエンスフサ2がん・生殖医...
ealthanddiseases)DOHaDとは胎内、出生時環境、幼児期の発育が成人期における疾患の発症に関連する事で、多くの疫学研究から明らかとなってきた。(1)母体の栄養と児の発育動物実験モデル:母ラットに30%の食事制限をする事で子宮内胎児発育遅延モデルを作成し、出生後の新生児はコントロール群と比べて体重が約15%減少しており、思春期の認知、記憶力が低下し情動が不安定な特徴を示した。脳の組織学的、生化学的評価を今後施行する。(2)疫学研究母子手帳の出生時体重と40~60歳での健康診断での結
26_katsuragi-2021.pdf - 173.3kb

6. 1アスリートの競技力向上・実力発揮を高める競技環境に関する研究教育・人文...
学の知見や用具開発等も発展してきており、彼・彼女らを取り巻く環境として、コーチ、チームメイトはもとより、アスレチックトレーナー、スポーツ栄養士、フィジカルトレーナー、アナリスト、スポーツメンタルトレーニング指導士等多くの専門家が関わる機会が増えてきました。アスリートが競技に専心する上で家族やファン等も含めたそのような周囲(アントラージュ)の存在が重視されてきています。このような対人的環境に着目し、アスリートの競技力向上・実力発揮を高めるような他者の関わりについて研究しています。併せて、アスリート
256_uto-2021.pdf - 160.4kb

7. 1木材利用と環境保全に関する教育実践教育・人文科学2木育の実践及び普及に...
分野における教材及び指導法に関する研究研究概要木材利用と地球環境保全との関わりについて、「木育」の実践及び普及に関する研究を行うとともに、学校教育(とくに小学校)において森林や木材に関する学習を導入するための研究を行っています。また、中学校技術・家庭科の技術分野の木材加工に関する教材・教具開発を行っています。藤元嘉安ふじもとよしやす教育学部技術教育講座木材加工担当教授キーワード中学校技術・家庭科、技術分野、材料と加工、木材加工、木材利用教育、木育特許情報・共同研究・応用分野など1木材利用と環境
255_hujimoto-2021.pdf - 178.6kb

8. 1各ライフステージにおける食育や地域の食文化nお継承に関する研究教育・人...
ます。<保育・性教育領域>子育て支援に関する研究では、子育て環境やしつけのあり方に関する研究を行っています。性規範・性行動に影響を及ぼす性意識に関する研究や、性教育のあり方についての研究を行っています。篠原久枝しのはらひさえ教育学部家政教育講座食物学・保育学1各ライフステージにおける食育や地域の食文化の継承に関する研究幼児期~青年期の生活習慣と運動習慣、食習慣、栄養素摂取状況などの調査から、より良い食育のあり方について研究しています。特に近年は、ロコモ予備群と食生活との関連についての解明や、五感
254_shinohara-2021.pdf - 165.3kb

9. ラ1シングルセルRNA解析によるがん微小環境形成メカニズムの解明ライフサイ...
めよう【研究テーマ】ラ1シングルセルRNA解析によるがん微小環境形成メカニズムの解明ライフサイエンスフ肺は、呼吸のために特有の分化をした40種以上の異なる細胞から構成され、高効率にガス交換を行うための複雑な三次元的構造を持つ精緻を極めた臓器です。当科では、①胎生期に肺がどのように構築されていくのか、②多様な細胞群がどのようにタクトを振られ、編成され、恒常性を維持しているのか、③その破綻はいかようにして発生し、肺がんや慢性閉塞性肺疾患、急性呼吸窮迫症候群、特発性肺線維症などの難治性呼吸器疾患を発症
24_yanagi-2021.pdf - 421.7kb

10. 1ユニバーサル段階における大学(生)教育、特に日本語学の導入と体系教育・...
的分野の逆転による科目の展開言語(母語)使用者として私と言語環境、特に社会に関わるマクロサイズの事象と日常生活に関わるミクロサイズの事象、そして歴史的事象とを扱った後に、さまざまなネットワークの単位として存在する言語(または母語)そのものを自覚する展開を設計している。2すべての教育プログラム、チームワークプロジェクトの駆動の源である「出会い」の場の動的設計特に自己の安心と他者への信頼を即座に実感できるように、「自己紹介」のプログラムを、授業のみならず公開授業等で実践中。そしてその場面設計をスプリ
241_tsukamoto-2021.pdf - 215.7kb

11. 1構造材料の環境腐食性モニタリング・評価に関する研究社会基盤2表面処理鋼...
,溶射・めっき・塗膜のような表面処理鋼板を対象として,様々な環境下にある構造材料の腐食環境モニタリングや耐食性評価に関する研究を行っています.中野敦1構造材料の環境腐食性モニタリング・評価に関する研究なかのあつし地域資源創成学部准教授キーワード材料環境学、維持管理工学、腐食防食、腐食環境モニタリング、表面処理、溶射、めっき、ステンレス鋼、電気化学、社会インフラ、インフラマネジメント特許情報・共同研究・応用分野などⅠ.特許ニッケル皮膜の生成方法及びその装置(特願2019-131921)Ⅱ.共同研究
221_nakano-2021.pdf - 444.3kb

12. 1動物の飼育と法政策社会科学2イギリスの動物福祉と法政策3行政の法執行と...
イギリスの動物福祉と法政策3行政の法執行と実効性確保研究概要環境法・行政法の観点から研究を行っています。特に飼育されている動物を対象として、動物・環境・人間の適切な関係性とはなにか、その実現に向けた法制度としてどのようなものがありうるのか研究しています。具体的には、多頭飼育問題や地域猫活動、イギリスの動物福祉法などについて、法制度や条例分析をしてきました。箕輪さくらみのわさくら地域資源創成学部講師キーワード環境法、行政法、動物愛護、動物福祉、アニマルウェルフェア、ワンヘルス、ペット、多頭飼育、地
239_minowa-2021.pdf - 208.1kb

13. 1協働の農地管理に関する研究社会科学2地域資源(水資源)を活用した地域づ...
の農山村をフィールドとし、適切な地域資源の維持管理による地域環境保全や農山村振興について社会学をベースとした研究をしております。地域資源の維持管理や農山村振興というのは、地域住民の主体的な取り組みに加えて高齢化と人口減少による労力低下を補う関係人口の創出という新しい考え方を組み入れることで、多様な活動に発展させていくことに重きを置いております。農山村の持続可能な発展をサポートするための研究・教育・社会貢献に力を入れていきます。松岡崇暢まつおかたかのぶ地域資源創成学部地域資源創成学科農村社会学研究
237_matsuoka-2021.pdf - 215.8kb

14. 1自律的な人材を育成するキャリアデザイン社会科学2地方企業における人材育...
そして就職後も成長できるよう、社員の学びをバックアップできる環境作りが大切です。そのために何が出来るか、地元の企業と共に研究をしています。3必要とされる人材になるためのリカレント教育めまぐるしい社会環境の変化の中で、一定の教育経験を経た社会人であっても、常に自らのスキルアップ及び学び直しの必要性が高まっています。宮崎大学においても産学・地域連携センターにおいて、様々なセミナーや公開講座を開催されています。当研究室においてもリカレント教育の必要性を説き、外部機関とも連携しながら研究をしています。社
235_nomoto-2021.pdf - 188.9kb

15. 1関係人口創出・拡大のための測定及び評価、モデル開発社会科学2地方企業・...
成学部准教授近年のスマートフォン等モバイル・デバイス及び通信環境の整備、及び新型コロナ感染拡大によるライフスタイル、ワークスタイルの変化を含め、“ネットワーク化された技術を利用することにより、モノ/サービス/情報/知識の伝達と交換を効率的に行うこと”を可能とするデジタル・トランスフォーメーション(DX)を基盤とするデジタルマーケティング)の利活用による、低収益、非効率、低生産性など企業・団体が抱える課題解決が可能となっています。企業及び地域などが抱える課題についてDXを前提としたデジタルマーケテ
232_tsuchiya-2021.pdf - 231.5kb

16. 1中小ベンチャー企業支援における産業支援機関の役割に関する研究社会科学2...
2009-2011年度)入居率[満足度]成長企業割合オフィス環境[支援スキル]会社設立支援数卒業企業数/年周辺信用力企業間環境向上交流第1主成分経営支援(全般)IM支援卒業企業数(3年)退去企業生存率数(3年)(推計)イベントセミナー情報提供第4主成分公的支援[ネットワーク構築][施設・支援者情報]設置年常駐度合いIM正社員地元定着率外部とのネットワーク備考1生存率(推計)と外部とのネットワークの相関は負である。備考2統計的に有意な項目を実線で囲んだ。備考3太線は1%水準、通常線は5%水準、点線
231_tannshou-2021.pdf - 247.6kb

17. 1市町村の地域政策に関する研究社会科学2都道府県の地域政策に関する研究3...
ざす3層の地域循環構造(「地域経済循環」「公共・民間循環」「環境・社会循環」)の理論的・数量的な把握というオリジナルな視点から、「環境の世紀」「地方自治の世紀」に相応しい維持可能な地域社会のあり方(=地域政策)について、理論研究とフィールドワークを進めている。入谷貴夫いりやたかお地域資源創成学部地域資源創成学科財政学・地域経済学教授キーワード環境と地方自治の世紀維持可能な発展自治体財政地域の政治経済制度3層の循環構造市町村の産業連関分析特許情報・共同研究・応用分野など1市町村の地域政策に関する研
228_iriya-2021.pdf - 183.4kb

18. 1地域の内発的発展社会科学2農山村フィールド研究研究概要地域の人々の視点...
食をつくり,衣料や住まいの原材料を提供し,森林保全により自然環境の維持,水資源の確保などを可能とし,自然や社会の関係の中から生活術としての文化を築くなど,豊かな人間社会の構築に貢献してきました。このような,人々にとってなくてはならない基盤をつくり,生命維持に必要不可欠な価値を提供する農山村の重要性を理解する,あるいは,その農山村の社会・文化的資本を大切に維持・継承している人々について実態を把握するフィールド研究を中心に行っています。また,過疎化・高齢化が進む農山村の課題も直視し,次世代により豊か
227_inoue-2021.pdf - 196.3kb

19. 1林業経営体や林業事業体の経営に関する研究社会科学2木材市場および木材産...
る研究を行っています。藤掛一郎ふじかけいちろう農学部森林緑地環境科学科森林経済学分野教授キーワード森林、林業、木材産業、人工林、森林・林業政策、山村、林業経営体、林業事業体、木材需給1研究テーマ1木材市場および木材産業の仕組みに関する研究立木や素材から製材品、住宅建築市場を対象に調査、統計分析を行い、木材市場及び木材産業の実態を明らかにする研究を行っています。木材市場の需給モデルの構築や産業連関表を用いた分析も行っています。2研究テーマ2林業経営体や林業事業体の経営に関する研究林家など森林を所有
223_fujikake-2021.pdf - 201.9kb

20. ラ1皮膚がんに関する講演会と皮膚がん検診ライフサイエンスフ教授キーワード...
レルギー性皮膚疾患であり、免疫系とともに表皮バリア機能因子と環境因子の相互作用の異常が上皮恒常性維持の破綻を導くと考えられている。しかしながら、上皮組織恒常性維持の破綻に基づくアレルギー性皮膚炎症慢性化病態の成立における免疫制御機構については明らかにされていない。医学部免疫学教室において、アトピー性皮膚炎の病態増悪機構における真皮樹状細胞の役割について、恒常的真皮樹状細胞欠損マウスを用いて、MC903(calcipotriol;Dovonex)誘発アトピー性皮膚炎モデルにおいて解明している。ホー
30_amano-2021.pdf - 215.1kb

Result page: 1 2 3 4 5 6 Next
ページトップへ