産学連携部門

研究・技術シーズ検索

Displaying results 1 - 20 of 21 matches (0 seconds)
1. ラ1循環器疾患に関連する臨床研究、基礎研究:弁膜疾患・心筋疾患・虚血性心...
は、専属大学院生の他、臨床病院勤務の医師や検査技師を積極的に社会人大学院生として受け入れ、様々な臨床的テーマを基に研究・論文作成を進め、修士・博士課程における学位取得を目指します。また、循環器以外の診療科や、獣医学部など他学部との領域を超えたコラボレーションを特色としています。渡邉望わたなべのぞみ医学部医学科機能制御学講座循環動態生理学分野1循環器疾患に関連する臨床研究、基礎研究冠動脈疾患・弁膜疾患・心筋疾患など様々な心臓病について、臨床に密接したテーマでの、臨床研究と基礎研究を融合したトランス
10_watanabe-2021.pdf - 406.6kb

2. 1構造材料の環境腐食性モニタリング・評価に関する研究社会基盤2表面処理鋼...
テーマ】1構造材料の環境腐食性モニタリング・評価に関する研究社会基盤2表面処理鋼板の材料劣化に関する研究3社会資本のインフラメンテナンスに関する研究研究概要わたしたちのまち・地域の暮らしを快適に支えている社会インフラの老朽化に対する課題について研究しています.社会インフラ基盤として様々な用途で利用されている鋼構造物の腐食現象は避けて通れない課題です.そこで,私たちの研究室では,溶射・めっき・塗膜のような表面処理鋼板を対象として,様々な環境下にある構造材料の腐食環境モニタリングや耐食性評価に関する
221_nakano-2021.pdf - 444.3kb

3. 1.野生動物の狩猟と動物に関する祭りの意義研究教育・人文科学2.狩猟統計...
ってきました。3.地域資源としての民俗伝承のアーカイブス化と社会的価値の議論民俗伝承は、これからの時代の地域社会をつくる基盤です。伝承は工業化・都市化以前において、地域の社会全体を形づくってきました。行き詰まる現代の生活システムの見直しを図るためには、その一つ一つを取り上げて議論し、社会的価値を再評価しながら生活を再構築していくことが急務です。量的拡大ではなく、質をともなった地域社会の発展のためには、経済的価値を包摂する社会的価値が重要なのです。宮崎は民俗伝承の宝庫です。時代の最先端のライフスタ
267_suzuki-2021.pdf - 210.0kb

4. 1各ライフステージにおける食育や地域の食文化nお継承に関する研究教育・人...
者特許情報・共同研究・応用分野など・2018~2021科研費基盤研究(C)「教員養成系学生を対象としたプロジェクト学習を活用した食育実践力向上プログラム構築」(研究代表者)・2016~2018科研費基盤研究(C)「しつけと称する虐待の生成メカニズム―未就学児の保護者を対象とした日韓比較」(研究分担)・2014~2016科研費挑戦的萌芽研究「学童期を対象としたロコモ予防のための複合型プログラムの構築に関する基礎的研究」(研究代表者)2子育て支援に関する研究男女共同参画社会を実現する一方策として、地
254_shinohara-2021.pdf - 165.3kb

5. 1音楽表現実践研究(主にサクソフォン,ピアノ等による演奏実践と作曲)教育...
ノ等による演奏実践と作曲)教育・人文科学2音楽表現実践研究を基盤とした音楽の学びのイノベーションの研究概要サクソフォン,ピアノの演奏や作曲等を中心とした音楽表現実践研究をベースに,学校や社会における音楽の学びのイノベーションに取り組んでいます。現在は,特に科学技術を活用した遠隔地をつなぐ音楽表現活動に焦点をあてて研究を進めています。酒井勇也さかいゆうや教育学部音楽教育音楽科教育講師キーワード1音楽表現実践研究(主にサクソフォン,ピアノ等による演奏実践と作曲)サクソフォンやピアノ演奏を中心に,演奏
250_sakai-2021.pdf - 628.5kb

6. 1関係人口創出・拡大のための測定及び評価、モデル開発社会科学2地方企業・...
テーマ】1関係人口創出・拡大のための測定及び評価、モデル開発社会科学2地方企業・団体のDXによる生産性向上に関する研究3地域課題・社会課題解決型(ソーシャル)ビジネス開発・創出・成長支援研究概要土屋有つちやゆう地域資源創成学部准教授近年のスマートフォン等モバイル・デバイス及び通信環境の整備、及び新型コロナ感染拡大によるライフスタイル、ワークスタイルの変化を含め、“ネットワーク化された技術を利用することにより、モノ/サービス/情報/知識の伝達と交換を効率的に行うこと”を可能とするデジタル・トランス
232_tsuchiya-2021.pdf - 231.5kb

7. 1中小ベンチャー企業支援における産業支援機関の役割に関する研究社会科学2...
ント特許情報・共同研究・応用分野など【科学研究費補助金】1)基盤研究(C)(代表)中小ベンチャー企業支援における公的支援機関の役割に関する研究(2015-2017年度)2)基盤研究(C)(分担)知の共有化モデル=オープンソースソフトウェアの市場価値と労働生産性の計測の研究(2013-2015年度)3)若手研究(B)(代表)ベンチャー企業支援者のインセンティブ要因に関する研究(2011-2013年度)4)基盤研究(B)(分担)地域イノベーション創出の人材育成用教材の開発と創出のモデル化(2009-
231_tannshou-2021.pdf - 247.6kb

8. 1地域の内発的発展社会科学2農山村フィールド研究研究概要地域の人々の視点...
世界を視野に地域から始めよう【研究テーマ】1地域の内発的発展社会科学2農山村フィールド研究研究概要地域の人々の視点等を読み取るフィールドワークを行い、地域特性・資源を把握し、地域固有の内発的発展のあり方を考察する研究を行っています。特に、農山村を研究フィールドとし、地域固有の文化や社会構造について理解を深め,人々の意識・行動から地域自治の機能や内発的発展のメカニズムを追究しています。また、地域の自律的発展につながる実践も視野に、研究・教育・社会貢献活動を行っています。井上果子いのうえかこ地域資源
227_inoue-2021.pdf - 196.3kb

9. 1「患者安全」推進のための臨床倫理コンサルテーション体制構築に関する研究...
許情報・共同研究・応用分野など<JSPS科学研究費>R3-5基盤研究(C)「患者安全推進のための臨床倫理コンサルテーション体制構築に関する研究」(研究代表者)H30-R2基盤研究(C)「医療安全管理業務と連携した臨床倫理サポート体制の病院内モデル構築」(研究代表者)H27-29基盤研究(C)「日本型倫理コンサルテーション体制とプロフェッショナリズムに関する研究」(分担者)H24-26基盤研究(C)「現場ニーズに即した実効性のある臨床倫理サポート体制の確立」(研究代表者)<厚生労働科学研究費>H2
222_itai-2021.pdf - 379.8kb

10. 社会基盤整備のマネジメント手法に関する研究社会基盤2コミュニティバスな...
世界を視野に地域から始めよう【研究テーマ】1社会基盤整備のマネジメント手法に関する研究社会基盤2コミュニティバスなど公的・複合交通システム研究3地域資源を活かした着地型観光・交流マネジメント研究研究概要地方都市においては中心市街地の衰退への対策として再開発プロジェクト、活性化のための交流やイベントなどが計画・実施されている。また、中山間地や郊外地においてはコミュニティバスなどの公的交通システムの整備が望まれており、これらをどのように整備・運営するかといったマネジメント技術の開発や、地域資源を活か
220_deguchi-2021.pdf - 331.9kb

11. 1ソフトウェアのテスト作業の効率化に関する研究情報・通信2形式手法とテス...
あらゆる産業の付加価値創出の源泉となっており、もはや現代経済社会基盤として欠かせない存在になっています。品質が低いソフトウェアによる、社会的損害がたびたび報告されており、その中には、社会基盤を揺るがしかねなかったり、人命が危機にさらされたりする事例も報告されています。安全安心を第一とする社会基盤構築のために、ソフトウェア工学(SoftwareEngineering)をベースとした、ソフトウェアの品質向上のための研究を進めています。片山徹郎かたやまてつろう工学教育研究部工学科情報通信工学プログラ
128_katayama-2021.pdf - 404.4kb

12. 1地方都市における中心市街地の持続性、回遊性及び滞留性向上の研究社会基盤...
方都市における中心市街地の持続性、回遊性及び滞留性向上の研究社会基盤2「道の駅」の高度化による災害支援、地域振興3地域資源を活用した、観光まちづくり手法及び公園、景観デザインの手法開発研究概要熊野稔くまのみのる地域資源創成学部地域資源創成学科地域都市計画経営研究室大学院農学工学総合研究科博士後期課程大学院地域資源創成学研究科博士前期課程教授キーワード中心市街地、市街地再開発、道の駅、ポケットパーク、景観デザイン、公園整備、防災、地方創生、温泉街再生、都市農村交流、地域ストックの有効活用、廃校活用
219_kumano-2021.pdf - 2,700.2kb

13. 1コンクリート構造物の長寿命化に関する研究社会基盤2インフラ施設における...
よう【研究テーマ】1コンクリート構造物の長寿命化に関する研究社会基盤2インフラ施設における点検技術の自動化に関する研究3産業廃棄物・副産物を用いた高性能コンクリートの開発研究概要文明社会を支え、文化をはぐくむために、長期間持続するインフラをつくってまもる必要がある。従って、構成材料と構造形式両面からコンクリート構造物および関連施設のひび割れ対策、耐久性確保、寿命の予測に関する研究を行っている。また、構造物の点検技術をIoT技術と結合し、不具合の可視化、検出の自動化に関する研究も進んでいる。さらに
218_ri-tyunnfu-2021.pdf - 614.4kb

14. 1多視点画像解析を用いた構造物の3次元モデル化と橋梁点検への活用社会基盤...
視点画像解析を用いた構造物の3次元モデル化と橋梁点検への活用社会基盤2防食技術(溶射、機能性防錆塗装システム)の腐食性評価に関する研究3耐候性鋼橋梁の健全度評価手法に関する研究研究概要高度経済成長期以降に集中的に整備した橋梁が、今後急速に高齢化し、10年後には建設後50年経過する橋梁が半数以上になると見込まれています。しかしながら、地方では三つの課題(予算不足・人不足・技術力不足)が叫ばれており、橋梁を安心・安全かつ効率的に維持管理していく技術開発が必要です。そこで、本研究では、鋼橋の防食技術の
217_morita-2021.pdf - 465.5kb

15. 1防災・減災に関わる技術開発社会基盤2環境に優しい土木技術の開発3沿岸域...
に地域から始めよう【研究テーマ】1防災・減災に関わる技術開発社会基盤2環境に優しい土木技術の開発3沿岸域および河川流域の環境管理研究概要沿岸域および河川流域における防災、環境、利用に関わる諸問題を解決することを目的に、フィールド調査、室内実験、数値シミュレーション等の技術を駆使して研究を行なっている。村上啓介むらかみけいすけ工学教育研究部工学科土木環境工学プログラム担当教授キーワード砂浜環境保全、流域環境保全津波・高潮防災波浪防災災害時避難総合的な土砂管理GISグリーンインフラ1防災・減災に関わ
216_murakami-2021.pdf - 151.1kb

16. 1持続可能な交通サービスの評価に関する研究社会基盤2ビッグデータを活用し...
よう【研究テーマ】1持続可能な交通サービスの評価に関する研究社会基盤2ビッグデータを活用した交通計画に関する研究3逆解析手法を用いた交通施策評価に関する研究研究概要近い将来に実用化されることが期待されている自動運転,シェアリング技術などの新たな交通サービスの普及も念頭に置いた,持続可能な交通サービスを評価するための数理モデル構築に関する研究を行っています.さらに,日々蓄積される交通ビッグデータを統計的に解析し交通の現状を把握する研究や,交通ビッグデータと常時計測されている交通量データを融合し,交
215_shimamoto-2021.pdf - 330.8kb

17. 1「患者安全」推進のための臨床倫理コンサルテーション体制構築に関する研究...
許情報・共同研究・応用分野など<JSPS科学研究費>R3-5基盤研究(C)「患者安全推進のための臨床倫理コンサルテーション体制構築に関する研究」(研究代表者)H30-R2基盤研究(C)「医療安全管理業務と連携した臨床倫理サポート体制の病院内モデル構築」(研究代表者)H27-29基盤研究(C)「日本型倫理コンサルテーション体制とプロフェッショナリズムに関する研究」(分担者)H24-26基盤研究(C)「現場ニーズに即した実効性のある臨床倫理サポート体制の確立」(研究代表者)<厚生労働科学研究費>H2
214_itai-2021.pdf - 380.4kb

18. ラ1競技力向上のための糖質摂取・貯蔵に関する研究ライフサイエンスフイサ2...
では家庭等において利用できる体組成計が普及していますが、その基盤技術となっているのが生体電気インピーダンス法です。この方法は、体に微弱な電気を流し、電気の流れにくさ(抵抗)から脂肪や除脂肪(筋肉量)、体水分量を推定します。しかし、正確に体組成を評価するには、利用者の特性に合わせた導出過程(アルゴリズム)の開発が重要です。私たちは特にアスリート、子ども、高齢者などにおいて、正確に体組成を評価するためのアルゴリズムの検討を行っています。3子どもの生活習慣と健康についての研究子どもの頃に適切な生活習慣
1_shiose-2021.pdf - 208.4kb

19. ラ1「患者安全」推進のための臨床倫理コンサルテーション体制構築に関する研...
許情報・共同研究・応用分野など<JSPS科学研究費>R3-5基盤研究(C)「患者安全推進のための臨床倫理コンサルテーション体制構築に関する研究」(研究代表者)H30-R2基盤研究(C)「医療安全管理業務と連携した臨床倫理サポート体制の病院内モデル構築」(研究代表者)H27-29基盤研究(C)「日本型倫理コンサルテーション体制とプロフェッショナリズムに関する研究」(分担者)H24-26基盤研究(C)「現場ニーズに即した実効性のある臨床倫理サポート体制の確立」(研究代表者)<厚生労働科学研究費>H2
18_itai-2021.pdf - 316.9kb

20. ラ1ロコモ予防のための体力・運動機能向上プログラムの構築ライフサイエンス...
開発エインス研究概要鶴田来美つるたくるみ医学部看護学科生活・基盤看護科学講座教授健康長寿社会の実現に向け、子どもから高齢者まであらゆる世代のすべての人々が安全かつ安心して運動・スポーツを楽しみ、実践できるよう、その仕組みづくりを行うことを研究テーマとしています。わが国では、総合的な健康づくり対策が進められていますが、国民全体の健康状態の改善が果たせていない状況下、積極的に運動器の健康度を評価し、運動支援を展開する必要があると考えます。スポーツランド宮崎において、誰もが自分らしく積極的に生きようと
35_tsuruta-2021.pdf - 401.1kb

Result page: 1 2 Next
ページトップへ