産学連携部門

研究・技術シーズ検索

Displaying results 21 - 40 of 59 matches (0 seconds)
21. 1廃棄物焼却残渣の有効利用と環境安全性評価に関する研究環 境2産業活動で...
事例として、コミュニティーレベルでの新しい廃棄物処理・資源化社会の構築に取り組んでいます。廃棄物利用製品の環境安全性評価実験ホームページhttps://srhumdb.miyazaki-u.ac.jp/html/92_ja.html技術相談に応じられる関連分野・廃棄物の有効利用と環境安全性評価メッセージ廃棄物の循環利用を促進するために、工学や社会科学的視点から研究を行っています。環境
145_sekito-2021.pdf - 515.2kb

22. 1漢字を中心とした文字文化史研究教育・人文科学2書芸術に関する研究3文字...
よう【研究テーマ】1漢字を中心とした文字文化史研究教育・人文科学2書芸術に関する研究3文字による商業デザインに関する研究研究概要漢字を中心とした文字文化研究を行っています。漢字は日本語を表記する文字の一種である前に、中国を中心として広がる東アジアの広範な地域で数千年にわたって使われ、現在も使われている文字です。そのため文字学という研究領域は伝統的な蓄積が非常に豊富です。また、美しく表現する書芸術としても発展してきました。その伝統的な文字文化と現代社会との調和にも興味を持って取り組んでいます。山元
243_yamamoto-2021.pdf - 129.1kb

23. ラ1スマートで効率的な放牧技術の開発ライフサイエンスフイサ2放牧家畜のス...
食量の低下や行動の制限などから、生産性の低下に繋がります。②社会性:家畜が群で飼われる場合には個体同士の社会性や社会的順位に関する問題が生じます。放牧では舎飼いとは異なり餌の奪い合いによる影響は少ないですが、社会性の低い個体や下位の個体はストレスを受けます。③寄生虫:放牧では、マダニ等の外部寄生虫に寄生されるリスクが舎飼いに比べ増加し、吸血による直接の被害に加え、寄生虫が媒介する病気のリスクも上昇します。以上のような様々なストレスを評価し、低減できる放牧管理技術について研究しています。ホームペー
82_anzai-2021.pdf - 185.9kb

24. ラ1地域食材の健康機能性評価ライフサイエンスフサ2食品中のナノ粒子の機能...
について評価しています。山﨑正夫やまさきまさお農学部応用生物科学科食品機能化学研究室教授キーワード地域素材、脂質、ナノ粒子、炎症、健康機能性、機能性食品、生活習慣病、肥満、尿酸、痛風特許情報・共同研究・応用分野などイ1地域食材の健康機能性評価宮崎県における機能性素材の中でもブルーベリー葉や茎の作用に特に注目しています。ブルーベリー葉の血糖値改善作用、アルコール代謝改善作用などを明らかにし、近年では尿酸値改善作用にも注目しています。ヒト臨床試験において、食後中性脂肪の上昇抑制効果も明らかにしました
73_yamasaki-2021.pdf - 187.0kb

25. ラ1肥満や糖尿病,ストレス性疾患の予防を可能とする食品の探索ライフサイエ...
きか」についてです。榊原啓之さかきばらひろゆき農学部応用生物科学科栄養化学研究室教授キーワード食品機能,生体調節機能,体内時計,脂質代謝,フラボノイド,ポリフェノール特になしサ2ポリフェノール(フラボノイド)を豊富に含む食品の探索3機能性食品はいつ食べるべきか特許情報・共同研究・応用分野などイ1肥満や糖尿病,ストレス性疾患の予防を可能とする食品の探索現代社会は,肥満や糖尿病,高血圧,うつ病などのストレス性疾患で溢れています。このような疾患に罹患すると,日常生活に支障をきたします。従って,「予防」
66_sakakibara-hi-2021.pdf - 189.7kb

26. ラ1ヒト試験による食品の機能性に関する研究ライフサイエンスイフサ2疫学研...
号】WO2017/142025受託業務:令和3年度①宮崎県「社会実装に向けた機能性表示食品開発及び当該開発に資する食と健康に関する基礎データの収集等に対応した臨床試験・臨床研究開発の実施体制の整備及び人材確保・育成業務」②都農町「健康まちづくり事業」関連企業:㈱ユリイカワークスhttps://eurekaworks.co.jp/ヒト試験にて、食品の機能性(食品の三次機能)を検討する研究を行っています。主に宮崎県産の農産物について、これまで完熟きんかん、ブルーベリー葉エキス、鶏肉加工食品、紫サツマ
44_arimura-2021.pdf - 412.7kb

27. ラ1慢性疾患児の自立に向けた療養支援モデルに関する研究ライフサイエンスフ...
療支援特許情報・共同研究・応用分野など2018~2021年度科学研究費基盤研究(B)小児期を通して行う慢性疾患児の自立に向けた看護療養支援システムの構築(代表:他機関共同研究)2021年度厚生労働科学研究費補助金難治性疾患政策研究事業小児慢性特定疾病児童等自立支援事業の発展に資する研究(研究協力者)2021~2023年度科学研究費基金基盤研究(C)成人移行における重症心身障害児の両親が直面する困難と対処行動に関する記述研究(共同研究者)2020~2023年度科学研究費基盤(C)先天性心疾患児の母
37_nomaduchi-2021.pdf - 428.2kb

28. ラ1ロコモ予防のための体力・運動機能向上プログラムの構築ライフサイエンス...
ンス研究概要鶴田来美つるたくるみ医学部看護学科生活・基盤看護科学講座教授健康長寿社会の実現に向け、子どもから高齢者まであらゆる世代のすべての人々が安全かつ安心して運動・スポーツを楽しみ、実践できるよう、その仕組みづくりを行うことを研究テーマとしています。わが国では、総合的な健康づくり対策が進められていますが、国民全体の健康状態の改善が果たせていない状況下、積極的に運動器の健康度を評価し、運動支援を展開する必要があると考えます。スポーツランド宮崎において、誰もが自分らしく積極的に生きようとする「生
35_tsuruta-2021.pdf - 401.1kb

29. 1フリードリヒ・シュレーゲルのロマン主義詩学思想教育・人文科学2現代ドイ...
が大きな関心を抱いているのは、現在に至るまでのドイツの文化と社会のあり方です。授業や公開講座では、比較文化論的な観点からドイツと日本の人々や社会について考察し、紹介しています。1フリードリヒ・シュレーゲルのロマン主義詩学思想17世紀のヨーロッパでは、聖書中心的な世界観に代わって、ガリレオやニュートンなどの近代科学上の発見に基づく新たな世界観が力を持ち始めます。思想史的には「科学革命」と呼ばれるこの大きな変化の下で、18世紀のドイツ啓蒙主義の理論家たちは文学作品の創出において理性や規則、道徳性を重
275_koya-2021.pdf - 330.6kb

30. 1イノベーション創出(教育)社会科学2リーダーシップ開発(教育)3創造的...
に地域から始めよう【研究テーマ】1イノベーション創出(教育)社会科学2リーダーシップ開発(教育)3創造的組織開発(組織デザイン)研究概要谷田貝孝やたがいたかし地域資源創成学部教授キーワードイノベーション創出方法リーダーシップ開発(理論と実践)組織開発「挑戦心と創造性」を発揮して「危機・困難を克服・突破」できる創造的組織・地域をテーマに研究しています。平成期は「競争と改革」を追い求めた時期でした。その結果、日本の企業組織は弱体化してしまったのではないかとの問題意識を持っております。様々な課題・問題
240_yatagai-2021.pdf - 162.4kb

31. 1畜産経営における技術導入効果の経営経済的評価環 境2環境保全型農業の経...
定等を通して、地域農業の発展方策・地域活性化の方策について、社会経済的視点から研究を行っています。環山本直之やまもとなおゆき農学部植物生産環境科学科農業経営経済学講座教授キーワード畜産経営、農業・畜産技術、経営経済的効果、有機性資源、地域活性化1畜産経営における技術導入効果の経営経済的評価畜産バイテクとしての胚移植技術および低コスト畜産経営のための放牧飼養技術の経営経済的効果、これら技術の普及定着条件、並びに自給飼料型畜産経営の成立条件等に関して研究を行っています。2環境保全型農業の経営経済的評
152_yamamoto-2021.pdf - 192.0kb

32. 1コミュニケーションデザインの研究社会科学2地域の素材・技術を活用した新...
から始めよう【研究テーマ】1コミュニケーションデザインの研究社会科学2地域の素材・技術を活用した新商品開発3消費者心理(インサイト)研究研究概要池田中也いけだちゅうや地方資源創成学部准教授キーワードApple登場以降、デザインの価値の再考が進み、経産省もデザイン政策を進めています。商品やモノそのものの差異がなくなりつつある成熟した世界で、魅力的な商品作りや消費者へのアプローチ方法を考えていかねばなりません。全国で地方創生が行われていることを考えると、他地域との差はどこにあるのでしょう?それ故、各
225_ikeda-2021.pdf - 563.5kb

33. 1「患者安全」推進のための臨床倫理コンサルテーション体制構築に関する研究...
」推進のための臨床倫理コンサルテーション体制構築に関する研究社会基盤2最期まで「自分らしく『生ききる』」ことができる町づくり―「想いをつなぐ」ノート3「尊厳死」という言葉の混乱と「自己決定」に影響を与える「無言の圧力」問題研究概要板井孝一郎いたいこういちろう医学部医学科社会医学講座生命・医療倫理学分野教授キーワード患者安全、リスク・マネジメント臨床倫理コンサルテーション、医療安全管理、安全・安心な医療、医療の質、エンディング・ノート、終活、終末期医療、人生会議(ACP)、わたしの想いをつなぐノー
214_itai-2021.pdf - 380.4kb

34. ラ1「患者安全」推進のための臨床倫理コンサルテーション体制構築に関する研...
命治療、無言の圧力特許情報・共同研究・応用分野など<JSPS科学研究費>R3-5基盤研究(C)「患者安全推進のための臨床倫理コンサルテーション体制構築に関する研究」(研究代表者)H30-R2基盤研究(C)「医療安全管理業務と連携した臨床倫理サポート体制の病院内モデル構築」(研究代表者)H27-29基盤研究(C)「日本型倫理コンサルテーション体制とプロフェッショナリズムに関する研究」(分担者)H24-26基盤研究(C)「現場ニーズに即した実効性のある臨床倫理サポート体制の確立」(研究代表者)<厚生
18_itai-2021.pdf - 316.9kb

35. 1超高効率な量子井戸太陽電池の研究開発エネルギー2高温度安定性量子ドット...
・第15回安藤博記念学術奨励賞(2002年)・第2回船井情報科学奨励賞(2003年)・第1回素材工学研究奨励賞(2004年)共同研究実績:令和2年度3件令和元年度2件1超高効率な量子井戸太陽電池の研究開発太陽電池は半導体p-n接合の光起電力効果を利用した半導体デバイスです。太陽光吸収層に量子井戸を挿入することで吸収できる太陽光波長領域が拡大しますが、熱エネルギー損失が避けられません。そこで、PPT測定によって熱損失エネルギーを明確にして、変換効率50%以上の超高効率化を実現します。[東京大学先端
189_fukuyama-2021.pdf - 362.3kb

36. 1超高効率な量子井戸太陽電池の研究開発ナノテク・材料2高温度安定性量子ド...
・第15回安藤博記念学術奨励賞(2002年)・第2回船井情報科学奨励賞(2003年)・第1回素材工学研究奨励賞(2004年)共同研究実績:令和2年度3件令和元年度2件1超高効率な量子井戸太陽電池の研究開発太陽電池は半導体p-n接合の光起電力効果を利用した半導体デバイスです。太陽光吸収層に量子井戸を挿入することで吸収できる太陽光波長領域が拡大しますが、熱エネルギー損失が避けられません。そこで、PPT測定によって熱損失エネルギーを明確にして、変換効率50%以上の超高効率化を実現します。[東京大学先端
178_fukuyama-2021.pdf - 363.1kb

37. 1野生動物の保全と管理に関する研究環 境2農業と生物多様性の関係研究概要...
研究も重視しています。坂本信介さかもとしんすけ農学部畜産草地科学科動物環境管理学研究室准教授キーワード家畜、動物園動物、野生動物、実験動物、哺乳類、鳥類、動物行動学、動物生態学、野生動物管理、保全生物学、社会行動、移動、採食行動、闘争、コミュニケーション、アニマルパーソナリティ、繁殖生態1野生動物の保全と管理に関する研究地域固有の野生動物は未来の子どもたちへのとても大切な財産です。これらの保全に関する研究に取り組みます。一方で,野生動物は人にとってさまざまな問題を引き起こします。鳥獣類の畜舎への
166_sakamoto-2021.pdf - 140.7kb

38. 1植物細胞壁の形成メカニズム環 境2タケの成長過程における組織形成と代謝...
植物の成長戦略の理解や生態系の保全につなげ、持続可能で豊かな社会の形成を目指します。津山濯つやまたく農学部森林緑地環境科学科森林植物細胞学助教キーワード樹木、タケ、細胞壁、セルロース、ヘミセルロース、リグニン、抽出成分、細胞壁層、組織構造1植物細胞壁の形成メカニズム持続可能な資源として重要な木材やその他植物バイオマスは、ほぼ細胞壁からできています。そのため、細胞壁成分の種類や構造が木材やバイオマスの性質を左右しています。細胞壁の主要成分はセルロース、ヘミセルロース、リグニンです。リグニンは維管束
158_tsuyama-2021.pdf - 317.0kb

39. 1森林の最適配置および生態系管理のための森林ゾーニング環 境2針葉樹人工...
する研究も行っています。伊藤哲いとうさとし農学部森林緑地環境科学科造林学研究室教授キーワード森林管理、生物多様性、照葉樹林、里山、熱帯林、自然再生、絶滅危惧種、渓畔林、地理情報システム(GIS)、ゾーニング、低コスト育林、コンテナ苗、緑化、緑地計画、防災特許情報・共同研究・応用分野など●革新的技術緊急展開事業:「コンテナ苗を活用した低コスト再造林技術の実証研究」平成26年4月~平成28年3月●受託研究:「穆佐城跡立木管理活用調査」平成18年6月~平成19年3月●科学研究費:「REDD+セーフガー
153_itou-2021.pdf - 278.9kb

40. ラ1家畜・動物園動物・愛玩動物・実験動物の適正飼養管理に関する研究ライフ...
研究も重視しています。坂本信介さかもとしんすけ農学部畜産草地科学科動物環境管理学研究室准教授1家畜・動物園動物・愛玩動物・実験動物の適正飼養管理に関する研究動物を良い状態で飼養管理するには、飼育目的を果たすと同時に動物福祉を満たす、バランスの良い方法を考え続ける必要があります。行動指標や体温モニタリングなど多角的な手法を用いて、飼育環境の変化に対する動物の応答を探っています。特に、母子関係などの社会的環境や光・温度などの物理的環境を含む飼育環境が子の成長・発達に与える影響について調べています。ま
88_sakamoto-2021.pdf - 153.7kb

Result page: Previous 1 2 3 Next
ページトップへ