宮崎大学教育学部



企業・自治体の人事担当の皆様へ


日頃より、宮崎大学教育文化学部学生の採用や、就職活動に伴う種々の事項に関しまして、ご厚情とご尽力を賜り、 誠にありがとうございます。このページを借りまして、本学部におけるキャリア教育・就職指導のあり方と、 学生たちの特質や将来性について説明させていただき、 貴社・貴自治体における採用人事の参考にしていただければと、願うところでございます。

1.本学部のキャリア教育・就職指導のあり方について
本学部では、地域に根ざしながら広域に活躍する、専門性と総合性を備えた人材の育成に努め、 また、社会に対応したキャリア教育と就職支援に力を注いでおります。 教員を目指す学生への就職支援は教職就職委員会、企業や公務員への就職を目指す学生への就職支援は、 私ども企業・公務員等就職委員会が担当し、各々独自の支援活動を行います。企業・公務員等就職委員会では、 数多くの就職ガイダンスや就職相談会、就職適性試験とその解説会、就職内定者の合格体験講演会を行い、 また、年2回の進路希望調査を実施して、その結果を基に宮崎県外(関東圏、関西圏、九州圏内等)および宮崎県内の企業を 訪問し、各企業の採用状況や求める人材等の情報収集を行うともに、 本学部生・院生の売り込みや採用のお願いをする、 というきめ細かいキャリア教育・就職指導・就職支援を行っております。 マナー研修は前年度まで3年次のインターンシップ受講生に実施しておりましたが、 本年度から2年生を対象とした独自のマナー研修を実施することになりました。 さらに、卒業生が就職した宮崎県内企業を対象に卒業生の追調査を実施し、就職指導の改善を図っております。

2.本学部生の特質について
本学部生の特質をおおよそまとめますと、勤勉で誠実、責任感が強いということだと思います。毎年実施しております卒業生の追調査『卒業生の資質・能力に関する調査』からは、採用する企業の方々は何よりも責任感を求められており、本学部卒業生への評価は全般に肯定的で、特に責任感への評価が高い結果が示されています。反面、「真面目だが大人しい」「リーダーシップをとる人が少ない」という指摘もありました。本学部卒業生は派手な自己表現などは苦手で、突出した印象は薄いかとも思いますが、勤勉さと責任感で確実に成長し、将来重要な仕事を担っていくと信じております。平成22年度の本学部卒業生の就職率は約95%でした。我が国の厳しい社会情勢の中、就職状況も一段と厳しさを増すと予測されますが、採用に当たられます折には、本学部学生をよろしくお願い申し上げます。

トップに戻る