教育・研究

  • 全画面プリント

全学及び各学部・研究科の教育方針

教育理念

宮崎大学は、「世界を視野に地域から始めよう」のスローガンのもとに、人類の英知の結晶としての学術・文化に関する知的遺産の継承と発展、深奥なる学理の探究、地球環境の保全と学際的な生命科学の創造を目指し、変動する社会の多様な要請に応え得る人材を育成することを教育の理念として掲げています。本学では、これらの理念を具現化するために、以下の教育目標を掲げ充実した教育に取り組んでいます。

 1. 人間性の教育

  ・高い倫理性と責任感を育むとともに、幅広く深い教養と総合的な判断力を培い、豊かな人間性を涵養する。

  ・生命や環境保全の科学に親しむとともに、広く自然や社会に触れ、現場から学ぶ態度を育成する。

 2. 社会性・国際性の教育

  ・社会の多様な要請に対応して、社会の発展に積極的に貢献できる課題解決能力を育成する。

  ・柔軟で論理的な思考力を育成するとともに、日本語による記述・発表の能力や外国語によるコミュニケーション能力を育成する。

 3. 専門性の教育

  ・それぞれの専門分野に関する基礎的知識を修得し、それらを応用できる能力を育成するとともに、専門分野への深い興味を育み、課題探求及び解決能力、自発的に学習する能力を育成する。

  ・新たな知の創造につながる専門教育を実施し、総合的判断力を育成する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方)

宮崎大学では、以下の素養を身に付けるとともに、所定の期間在籍し、基準となる単位を修得した学生に、卒業を認定し、学位(学士号)を授与します。

 1. 社会の一員としての意識を持ち、義務と権利を適正に行使し、社会の発展のために積極的に関与できる。

 2. 自ら学修計画を立て、主体的な学びを実践できる。

 3. 相手の伝えたいことを的確に理解し、有効な方法で自己を表現できる。

 4. 課題を発見し、情報や知識を複眼的、論理的に分析して、その課題を解決できる。

 5. 学士課程教育を通して、人類の文化、社会、自然、地域及び専攻する学問分野における知識を理解し、身に付けた技能(実践力)を活用できる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

宮崎大学では、教育学部、医学部、工学部、農学部、地域資源創成学部を置き、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)に掲げる資質・能力を備えた人材を養成するため、以下の方針に基づいて教育課程を編成・実施します。

【教育課程の編成】

 1. 学生の修得すべき学修成果を重視し、教養教育と専門教育の区分にとらわれず、体系的な学士教育課程を編成する。

 2. 基本的な学習能力の獲得のため、すべての学生が履修する基礎教育カリキュラムとして、導入科目(大学教育入門セミナー、情報・数量スキル、外国語コミュニケーション)、課題発見科目(専門教育入門セミナー、環境と生命、現代社会の課題)と学士力発展科目を設置する。

 3. 専門的な方法論と知識を体系的に学ぶために、学科・課程専門科目を設置する。

 4. 地域を志向した教育・研究・地域貢献を推進するため、学士課程に地域の理解と課題解決に取り組む科目を設置する。

 5. 専攻分野を超えて学際的な視点を養う科目を設置する。

 6. 獲得した知識や技能を統合し、課題の解決と新たな価値の創造につなげていく能力や態度を育成するために、卒業研究等の科目を設置する。

【教育内容・方法】

 1. 各授業科目について、到達目標、授業計画、成績評価基準・方法、事前・事後の学習の指示、ディプロマ・ポリシーとの関連を明記し、周知する。

 2. 基礎教育カリキュラムの導入科目 、 課題発見科目において、アクティブ・ラーニングを取り入れた教育方法を実施し、初年次から学生が自ら学修計画を立て主体的な学びを実践できるようにする。

 3. 専門教育において、知識・理論と実践を融合し、主体的に考える力を養うために、講義、演習、実験、実習、実技などの授業形態に加えて、多様な教育方法を取り入れて指導を行う。

 4. 学士課程教育において、地域の理解を深める題材を取り入れ、地域の課題解決を実践できるようにする。

【点検・評価】

 1. GPA制度を導入し、教育の質保証に向けて点検・評価・改善を行う。

 2. 成績評価基準・方法に基づき、多様な評価方法を用いて厳格な評価を行う。

 3. 学生は自己の学修の振り返りを行い、教員は学生の自己評価に基づいて指導を行う。

 4. ディプロマ・ポリシーに基づく学生の学修過程を重視し、在学中の学修成果の全体を評価する。

アドミッション・ポリシー (入学者受入・選抜の方針)

宮崎大学では、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)及びカリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)に掲げた、社会の発展に積極的に貢献する人材の養成を目指しています。そのため、以下の「求める学生像」に示す、知識・技能、思考力、及び意欲を持った人を国内外から積極的に受け入れます。

【求める学生像】

 1. 本学の教育理念に共感し、入学後の学修に充分対応できる基礎的な知識・技能を有する人

 2. 身に付けた知識・技能を応用して問題を解決する上で必要となる思考力を有する人

 3. 身に付けた知識・技能及び思考力を地域社会や国際社会において自ら積極的に活用し、その発展に貢献する意欲を持った人

【入学者選抜の基本方針】

 1. 求める学生像に沿って、多様な入試方法により多面的・総合的に選抜する。

 2. 客観的で透明性のある方法によって、公平に選抜する。

各学部・研究科の教育方針

教育学部

医学部

工学部

農学部/畜産別科

地域資源創成学部

大学院教育学研究科(専門職学位課程/修士課程)

大学院看護学研究科(修士課程)

大学院医科学看護学研究科(修士課程)

大学院工学研究科(修士課程)

大学院農学研究科(修士課程)(平成26年度以降)

大学院農学研究科(修士課程)(平成25年度以前)

大学院医学獣医学総合研究科(修士課程/博士課程)

大学院農学工学総合研究科(博士後期課程)

ページトップへ