→English Page

Third Step

このSTEPでは宮崎での生活における交通手段,買い物,各重要施設への案内について紹介しています。


1.交通手段
 宮崎大学のすぐ近くには24時間営業のスーパーがあるので,基本的に生活用品を買うのに困ることはありません。(スーパーについては2「生活用品」で詳しく記載しています)しかし,少し遠出をするとなると,主な交通手段は電車・バス・原付・自転車・車です。留学生の中でも,アルバイトをして原付や車を買う人がいます。ここでは電車とバスの交通手段について記載します。



バス:車や原付きを持たない留学生が最も利用する交通手段と言えるでしょう。運賃は少し高めですが中心街などに行って買い物をするときは便利です。バス停も宮崎大学の構内に設置されているので,利用しやすいと思います。また土日祝日のみですが,ワンコインパスという別売りチケットを買うと,どれだけバスに乗ってもその日の運賃が500円で済みます。
 →ワンコインパスはセブンイレブンなどのコンビニエンスストアや宮崎大学330記念会館にある書籍購買窓口で購入することができます。







電車:宮崎大学から徒歩20〜30分ほどのところに最寄駅の木花駅があります。電車の本数はとても少なく,一時間に一本程度しかありませんが,料金はバスよりも安いです。時間をしっかり調べてから利用したほうがいいでしょう。

 


2.生活用品
大学生活を送るうえで必要なものに関しては,ここで紹介している場所で買うことができます。

マックスバリュ宮崎大学国際寮から徒歩3分ほどのところにMaxValuという24時間営業のスーパーがあります。このスーパーで食品はもちろんのこと,生活用品も購入することができるので,必需の購入に困ることはないでしょう。また,店内には100円ショップやクリーニング店も設置されており、店となりにはコインランドリーやファミリーレストランもあります。大学の立地としては中心街から離れているので何もない不便な場所だと感じがちではありますが、日常生活に必要なものぐらいであればすぐに揃う場所です。

               



クロスモール清武…宮崎大学から自転車で約30分、バスでは片道320円で行けるモールで、ここにはスーパーや薬屋、本屋、ホームセンター、百円均一のお店などがあり、生活用品のほとんどはここで買うことが出来ます。

                               


コスモス薬局…木花駅の近くにあり、薬を購入できるほか、食料品や日用品も安く購入できるので、とても便利です。

電器屋…電器屋では、Edion、ヤマダ電器などがあります。大学の近くにないので、電化製品を買うにはバスで行くか、チューターと一緒に買うか、ネットで頼んだ方が良いと思います。

衣類・雑貨等
イオンモール宮崎…ほとんどの人がここで買い物します。ここには、人気の服屋・スポーツショップ・本屋・映画館等が揃っているお店もあります。宮大生の遊び場でもあります。また、日本語の映画が見たい場合も、ここには映画館があるので見ることができます。ここは宮大生にとってのあそびば片道で車では40分ほど、バスを乗り継ぎしたら一時間ほどかかります。



宮交シティ…ここはバスターミナルで、ここから宮崎県内、県外に行くことが出来ます。また、食料品・生活用品・雑貨などたくさんな品物が売られていて便利な所です。片道で宮崎大学から車で約30分、バスの運賃は500円前後です。



ボンベルタ橘山形屋…宮崎市内の街中にあるこれらのデパートでは、有名ブランドなどわりと高めの品物が売られています。この近くに一番街という商店街があり、そこには郷土料理や日本食などを食べることができる居酒屋がたくさんあります。