First Step! 宮崎での生活

このSTEPでは宮崎についての紹介と,宮崎大学での留学生活について紹介しています。


宮崎ってどんなところ?

○場所 宮崎は九州の南東部にあります。気温は比較的暖かく,冬に雪が降ることはほとんどありません。自然が豊かで、日本の四季の移り変わりを感じることができます。また、美しい海岸が広がりサーフィンを楽しむ人もたくさんいます。天気がいい日には宮崎大学の講義棟から美しい海を眺めることができます。東京や大阪といった大都会のにぎやかさはありませんが、静かな環境のなかで勉強に集中することができます。

○郷土料理
 宮崎では農業や漁業が盛んなので、おいしいお米や野菜、果物、肉、魚を食べることができます。
冷汁やチキン南蛮といった宮崎の伝統料理も最近では全国的に有名です。

○観光地
 観光地も県内にたくさんあります。高千穂峡や青島、都井岬など自然の美しさを感じられる観光地が多く、勉強の合間にリフレッシュすることができるでしょう。また、多くのプロ野球チームやプロサッカーチームがキャンプにやってきます。それらのキャンプを観に行くことも宮崎ならではの楽しみです。
(宮崎観光情報 旬ナビ 
http://www.kanko-miyazaki.jp/index.html

○宮崎空港に着いたら…
 宮崎にようこそ!宮崎空港には宮崎大学からのスタッフがあなたを待っています。宮崎空港から大学までは車で15分ほどです。宮崎での初めてのドライブを楽しんでください。

○スタッフ紹介
 留学中,授業のことや生活のこと,文化の違いなど様々な不安や疑問があると思います。そんな時はスタッフに相談してみるとよいでしょう。ここでは,留学中あなたをサポートしてくれる人たちを紹介します。

①指導教官
 交換留学生一人ひとりに指導教官という,あなたが大学生活を送る上でのさまざまな手続きや勉強のことについてサポートしてくれる大学の先生がつきます。あなたが宮崎大学で何を学んだり,研究したりしたいのかということを伝えれば,必ず力になってくれるでしょう。

②チューター
 チューターも留学生一人につき一人配属されます。彼らは宮崎大学在学中の日本人学生で,「留学生についてもっと知りたい!仲良くなりたい!」という気持ちをもって,チューター志願をしている生徒たちです。学校生活を送っていてわからないことがあれば,チューターに聞いてみるといいでしょう。彼らは熱心に教えてくれるはずです。彼らがあなたにとって,宮崎での最初の良き友達になることでしょう。

③日本語相談室
 日本語相談室は,日本語に関することや学校生活に関することを自由に話し合える場所です。またこの場所には日本人学生もよく来て,留学生と一緒にお昼ご飯を食べたりしています。もし,何か日本語や学校生活について相談したり,共有したいことがあった時は,ぜひ足を運んでみてください。

④国際交流センター・グローバルサポートオフィス
 交換留学生の生活全般をサポートしてくれる大学の部門です。
(グローバル・サポート・オフィス:http://www.of.miyazaki-u.ac.jp/~ryugaku/index.html

ここに記した人だけでなく,大学にいる様々な人たちが,さまざまな場面で交換留学生の相談にのってくれます。


学校生活はどんな感じ?

 留学生はみんな国際寮に入寮することになっています。国際寮には留学生の生徒だけでなく,日本人の学生も住んでいるので,すぐ仲良くなれるのではないでしょうか。ここでは寮に関するよくある質問に答え,実際の留学生の一日の生活を紹介したいと思います。

寮生活に関するQ&A

Q1:寮費は月いくらですか?
A:寄宿料が4700円と光熱費と水道料を合わせて7000円程度かかります。

Q2:月の出費はいくらぐらいになりますか。
A:人それぞれ個人差はありますが,大体2~3万円程度になります。

Q3:インターネットや携帯電話はどうすればいいですか。
A:インターネットは寮の各部屋に設備されています。契約しておけば自由に使うことができます。また,携帯電話に関してはSoftBankという携帯会社と短期契約をして使用している留学生が多いようです。

Q4:日常に必要なものはどこで買えばいいですか?
A:生活必需品の購入や買い物場所の紹介については
Third Stepで紹介していますので,そちらを参考にしてください。

Q5:寮でのイベントはどんな事があるの?
A: 料理大会、日本語スピーチコンテスト、小学生交流会等のイベントがあります。
http://www.of.miyazaki-u.ac.jp/~kokusai/contents/news_events/index.html

Q6:寮での生活はどんな感じですか?
A:初めて来たときは,掃除が大変だったけど,今は私が宮崎で落ち着くことができるところです(韓国からの留学生)

設備は完全で、快適です。スーパーまで近いし、買い物がとても便利です。そして、いろんな国からの留学生と交流できて、楽しいと思います。(中国からの留学生)
 
・留学生だけではなく日本人の学生と交流ができるところ、快適に過ごせる一人部屋が良い。また、生活に困った時相談に乗ってくれる人がいる。(台湾からの留学生)

・部屋はちょっと狭いけど、大学もスーパーも近いので便利です。ちなみに、とても静で、勉強している学生たちにとって快適な生活ができる所だと思います。(カザフスタンからの留学生)
 
・寮は時々寂しいですが、幸運なことに家賃がとても安いです。また、部屋は十分に広く、各室にトイレが完備されています。キッチンと洗濯室は各フロアの人と共有で、各フロアに専用の浴室が5個あります。各週にフロアは掃除され、みんなできるだけ清潔に保つことができるように努力していますが、ときどき私は十分ではないと思います。幸運なことに、一度も私の睡眠を邪魔されたことはありません。(アメリカからの留学生)

・日本人はもちろん、他の国の人とも交流できてとても国際的な感じがしているので、とても良いと思います。
宮崎は田舎なので、単調な生活が普通です。自然に近いもそのいいところだと思っています。一方、学校生活の方は私は部活などに参加していないから、わりと暇になっています。しかし、時間が余裕しているから、自分が好きなことをすることができるのが、そのいいところだと思っています。(ヤム・Malaysiaからの留学生)

・寮は全部1人部屋になっていて、とても便利です!補食室でみんな集まってご飯を食べながら他の国の人と仲良くなったりすることができてすごく楽しいです!
大学では留学生の授業と普通の授業、両方受けています。留学生と仲良くなりたいと言っている日本人学生も多く、みんな親切にしてくれるので留学生にはとても生活しやすくなってます!(ヒョンジン.韓国からの留学生)

寮での生活は、慣れるまでは大変だったが、だんだん慣れるにつれてよくなっていきます。はじめのうちは,友だちとの交流も少ないけど、だんだん増えてきます。また、自分の部屋があるので、好きなようにアレンジして楽しむこともできた。
京都に1年間住んでいたとはいえ,宮崎の生活に慣れるのはとても難しかった。同じ日本でも僕からしてみれば,京都と宮崎の生活は全然違いました。始めは宮崎ののんびりとした生活になじめなかったけれど、たくさんの友人と出会い考え方が変わりました。
宮崎の生活に慣れても、不便なことはあります。たとえば大学の周りには商業施設がないため、大変です。
また宮崎市まで交通も不便です。車が運転できなかったら困ることもありますが、公共の交通機関でも市内には行くことができます。(パウ.スペインからの留学生)