学部案内

ホーム学部案内アドミッションポリシー(教育文化学部)

学部案内

  • 募集要項
  • キャンパスライフ
  • 取得できる教員免許状
  • 国際交流
  • 教員紹介

アドミッションポリシー(教育文化学部)

教育文化学部では、教育に対する強い使命感と教員としての基礎的資質・能力を確実に備え、発達段階を見通した広い視野から初等教育、中学校教育、特別支援教育を実践できる人材を養成し、また、高い課題解決能力及び職業的意識を基礎に欧米及び日本、アジアの言語と文化の理解、人間社会の歴史・文化的環境の理解、社会のシステムの理解等を通して、社会における課題解決のために貢献できる人材を養成します。

したがって、本学部の各課程(コース)ではそれぞれ以下のような人を求めています。

なお、大学入学までに身につけてほしい教科・科目等の学力や能力は次のとおりです。

まず、「国語」「地歴・公民」「数学」「理科」「外国語」の基礎的な内容を習得していることが望まれます。さらに、学校教育課程の初等教育コースや特別支援教育コースを志望する人には教科全般にわたる基礎学力、中学校教育コースを志望する人には専攻する教科についての基礎学力や基礎技能が求められます。また、人間社会課程の言語文化コースを志望する人には語学力等、外国の言語や文化について学習するための基礎学力、社会システムコースを志望する人には社会科学や歴史文化を学習するための基礎学力が求められます。

そして、学校教育課程においては教職についての関心と意欲、人間社会課程においては社会や文化についての幅広い関心、両課程に共通することとして知的好奇心や行動力、他者とのコミュニケーション能力を培っておくことが望まれます。

  • 学校教育課程(初等教育コース・中学校教育コース・特別支援教育コース)
  • 人間社会課程(言語文化コース・社会システムコース)
 

学校教育課程

学校教育課程は、学校現場に関わる問題や児童・生徒の心身の諸問題、学校でどのように教えるか等について研究と教育を行い、今日の多様化した子どもたちと情熱をもって接することができる、感性豊かで質の高い教員の養成を目指しています。本課程は、初等教育、中学校教育と特別支援教育の3つのコースから構成されています。

初等教育コース

初等教育コースは、幼児期から思春期にわたる長期の発達過程を見通した上で、小学校教員としての基本的な資質を高め、加えてその他の得意な分野を合わせ持つ専門性の高い小学校教員の養成を目指しています。そのために、学校教育基礎(教育・心理)、国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語の11の副専攻に分かれて学修を進めます。小学校教諭の1種免許を取得し、他の学校種(中学校もしくは幼稚園)の免許も取得します。

したがって、本コースでは初等教育に対する関心と意欲があり、教職を目指す以下のような人を求めています。

  1. 教科全般に関わる基礎学力を有し、教育実践に活用しようとする意欲を持っている人
  2. 幅広い学問や文化に触れて広い視野を身につけ、それを初等教育に生かす意欲のある人
  3. 学び続ける喜びを児童と共有したいと考えている人

中学校教育コース

 中学校教育コースは、児童期から青年期にわたる発達を見通した上で、中等教育を行うことができる専門性の高い教員の養成を目指しています。そのために、国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語から1教科を専攻し、中学校教諭の1種免許を取得します。

したがって、本コースでは中学校教育に対する関心と意欲があり、教職を目指す以下のような人を求めています。

  1. 中学校教育に関わる基礎学力や基礎技能を有している人
  2. 志望する専攻に関わる強い関心と基礎学力・技能を有している人
  3. 新しい学問や文化を意欲的に学び、中学校教育に役立てる意志のある人
※中学校教育コースの各専攻の詳細については、以下の専攻の求める人材像を参照してください。
なお、専攻毎のアドミッションポリシーは ここ をクリック。

特別支援教育コース

 特別支援教育コースは、障がいのある児童生徒や特別な教育的ニーズのある児童生徒に対して、特別支援学校や小学校で教育を行うことができる教員の養成を目指しています。そのために、小学校教諭の免許を取得します。また、これを基礎免許として、障がいがあるために生じるさまざまな困難や課題を改善または克服するための教育的支援に必要な知識、技能及び考え方を習得し、特別支援学校教諭の1種免許を取得します。

したがって、本コースでは特別支援教育への関心と意欲があり、教職を目指す以下のような人を求めています。

  1. 特別支援教育に関する学修に十分対応できる基礎学力や基礎技能を有している人
  2. 愛情豊かに他者を思いやることができ、かつ目標達成に向けて強い意志と行動を貫くことができる人
  3. 粘り強く創意工夫を重ねることができ、向上心を有している人
 

人間社会課程

 現在の社会は、グローバル化と情報化の進展という大きな変動の中にあります。人間社会課程は人文科学、社会科学の諸分野の学習を通して、堅実な学問的基礎力をつけながら、人間・社会・文化について幅広い教養と国際的視野を持ち、併せて現代社会の抱える諸課題に対する実践的解決能力を持った人材の養成を目指します。本課程には、言語文化コースと社会システムコースの2つのコースがあります。

言語文化コース

 言語文化コースは、欧米の文化と日本及びアジアの文化をともに相対化したうえで尊重する共生文化の視点の獲得と実践的な外国語運用能力の養成を実現するカリキュ ラムにより、行政や一般企業の国際交流部門や日本語教育の分野での活躍が期待される人材の育成を目指しています。

したがって、本コースでは次のような人を求めています。

  1. 外国の言語と文化について強い関心と学習意欲を持ち、それを支える基礎学力がある人
  2. 国際的なコミュニケーション力を獲得する意欲があり、それを支える基礎学力がある人
  3. 文化の多様性について強い関心を持ち、国際交流への積極的な参加意欲を持つ人

社会システムコース

 社会システムコースは、現代社会の基本構造を理解し、その抱えている諸問題を認識し、その解決方法について考えます。そのために、社会を対象とする経済学、法律学、政治学、社会学、地理学、歴史学の分野を総合的に学ぶと共に、具体的で実践的な社会・文化・地域・環境の問題についても学修します。

したがって、本コースでは次のような人を求めています。

  1. 社会の諸問題に関心があり、社会科学とその関連分野を学びたいと考えている人
  2. 人間と社会、歴史や文化の学修に充分対応できる基礎学力を有している人
  3. 社会のために役立つ仕事をしたいと思っている人
  4. 地域や社会の抱える課題に取り組み、より良い地域や社会をつくりたい人
 

中学校教育コースの各専攻毎の入学者受入方針

専攻

専攻のアドミッション・ポリシー

国語

 この専攻では,国語学・国文学(古典文学・現代文学)・漢文学を学ぶことで深い専門性を,国語科教育学を学ぶことで教材の扱い方や指導法を身につけた国語教員の育成を目指しています。そのために,教師としての資質だけでなく,さまざまな言語活動ができ,論説文や文学を読みこなすための基礎知識を有する人を必要としています。

社会

 この専攻では,社会にかかわる様々な事象や問題について,生徒とともに考え,学び合うことのできるような教育実践力を備えた社会科教員の育成を目指しています。そのために,この専攻では,地理・歴史・政治・経済・倫理等についての基礎知識を着実に身につけ,現実の社会事象や社会問題に対して日常的に関心をもっていることが必要です。

数学

 この専攻では,代数・幾何・解析・応用数学に関する理論を学び,確かな実践力を身につけることができるような教育を通して,力量のある数学教員の育成を目指しています。そのためには,高等学校までの数学に関する基礎的な知識や技能,数学的な思考力を備え,数学に対する興味・関心を持っていることが必要です。

理科

 この専攻では,物理・化学・生物・地学・理科教育についての講義・演習および実験・実習を通して,実践力を身につけた理科教員の育成を目指しています。そのため,自然科学(物理・化学・生物・地学・数学)に深い関心を持ち,これらに関わる基礎知識や実験の基礎技能が必要です。

音楽

 この専攻では,確かな音楽スキルに基づく優れた創造性と実践力を兼ね備えた音楽教員の育成を目指しています。そのために,全般的な基礎学力に加えて,楽器演奏や歌唱などの音楽的素養が必要です。また,確かな知識と技能を身につける際に求められる継続力と忍耐力,そして公の場で表現する積極性を持ち合わせていることが必要です。

美術

 この専攻では造形に関する専門的な知識や技能と実践的な指導力を備えた美術教員の育成を目指しています。そのためには,子どもや造形教育に対する関心と,平面表現や立体表現に関する基礎的な技能,美術鑑賞に関する基礎的な知識や理解力が必要です。

保健体育

 この専攻では,これまで培った運動・スポーツの経験と技能を活かし,児童・生徒に運動することの喜びを伝える使命と情熱を持った保健体育教員の育成を目指しています。そのために,児童・生徒にとっての運動・スポーツの教育的価値を認識し,今日の児童・生徒を取り巻く身体的・保健衛生学的諸問題に関する旺盛な知的好奇心とそうした保健体育の事象を幅広く考察するための基礎的学力が必要です。

技術

 この専攻では,技術に関する専門的知識・技能及び指導力を身につけることを主に,小・中・高の教育を見通すことのできる技術教員の育成を目指しています。そのために全般的な基礎学力と共に,技術と社会や環境とのかかわりについて関心を持ち,幅広い教養をもとに総合的に考え,技術を適切に評価し活用する能力を身につけるための思考力,分析力,行動力が必要です。

家庭

 この専攻では,中学校・高等学校の家庭科教員として必要な専門知識,技能や指導力の育成を目指しています。そのために,今日の家族・子どもを取り巻く問題や食生活・衣生活・住生活など家庭科全般に興味と関心を持ち,広い視野から生活事象の本質を捉えられる能力や基礎学力が必要です。

英語

 この専攻では,英語学,英米文学,英語科教育法,英語コミュニケーション及び異文化理解の幅広い分野・領域について,深く豊かな知識と応用力を身に付けた英語教員の育成を目指しています。そのために,高等学校卒業程度の基礎的及びやや応用的な英語力を有し、さらには自分の英語力に磨きをかけたいという積極的な意欲等が必要です。

 
 
アクセス サイトマップ リンク
  ページ先頭へ

Copyright (c) Faculty of Education and Culture & Graduate School of Education. All Rights Reserved.

宮崎大学教育文化学部・大学院教育学研究科 〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1 TEL0985-58-2889