学部案内

ホーム学部案内ディプロマポリシー(教育文化学部)

学部案内

  • 募集要項
  • キャンパスライフ
  • 取得できる教員免許状
  • 国際交流
  • 教員紹介

ディプロマポリシー

教育文化学部では、教育に対する強い使命感と教員としての基礎的資質・能力を確実にそなえ、発達段階を見通した広い視野から初等教育、中学校教育、特殊教育を実践できる人材を養成し、また、高い課題解決能力及び職業的意識を基礎に欧米及び日本、アジアの言語と文化の理解、人間社会の歴史・文化的環境の理解、社会のシステムの理解等を通して、社会における課題解決のために貢献できる人材を養成します。したがって、本学部の各課程(コース)ではそれぞれ以下のような能力を、卒業要件として考えています。

  • 学校教育課程(初等教育コース・中学校教育コース・特別支援教育コース)
  • 人間社会課程(言語文化コース・社会システムコース)
 

学校教育課程

  1. 本課程の教育目的に沿って設定された授業科目の単位数を修得することが、学士授与の必要条件です。授業科目には、講義、演習、実習、卒業論文が含まれます。
  2. 必要単位を修得し、コース毎に示している教師に必要な知識や技能、教師としての資質を身につけることが卒業の具体的な目安となります。

初等教育コース

  1. 教科の内容と指導法及び生徒指導や学級経営等に関する確かな知識と、得意とする分野の専門的知識を修得し、学校現場で生じているさまざまな教育課題について論じ、適切な対応を考えることができる。
  2. 児童の発達に応じた授業の構成や教材・教具の工夫ができ、個に応じた指導ができる。
  3. 教育実践を省察することで、課題を明確にし、理論と結びつけながら教育実践力の向上に努めることができる。
  4. 幼稚園・小学校等の教員に必要な使命感や責任感、コミュニケーション力を身につけ、教育的愛情を持って幼児・児童に接することができるとともに、社会の一員として適切な行動ができる。

中学校教育コース

  1. 教科の内容と指導法及び生徒指導や学級経営等に関する確かな知識と、得意とする分野の専門的知識を修得し、学校現場で生じているさまざまな教育課題について論じ、適切な対応を考えることができる。
  2. 生徒の発達に応じた授業の構成や教材・教具の工夫ができ、個に応じた指導や説明ができる。
  3. 教育実践を省察することで、課題を明確にし、理論と結びつけながら教育実践力の向上に努めることができる。
  4. 中学校教育に携わる教員に必要な使命感や責任感、コミュニケーション力を身につけ、教育的愛情を持って生徒に接することができるとともに、社会の一員として適切な行動ができる。
 

特別支援教育コース

  1. 特別支援教育に関する確かな知識を修得し、知的障害児、肢体不自由児、病弱児、重複障害児、発達障害児等のさまざまな教育課題について論じ、適切な対応を考えることができる。
  2. 特別支援教育に携わる教員に必要な使命感や責任感、コミュニケーション力を身につけ、愛情豊かに特別な教育的支援を必要とする子どもに接することができる。
  3. 子どもの発達や障害特性に応じた授業構成や教材・教具の工夫ができ、個に応じた指導や説明ができる。
  4. 特別支援学校、特別支援学級及び通常の学級における特別支援教育の実践を省察することで、自己の学習課題を明確にし、教育実践力の向上に努めることができる。
 

人間社会課程

  1. 本課程の教育目的に沿って設定された授業科目を履修し、基準となる単位数を習得することが、学士授与の必要条件です。習得すべき授業科目のなかには、講義のみならず、演習、実習、卒業論文作成が含まれます。
  2. 本課程の教育目的で明示されている、人間・社会・文化についての幅広い教養と国際的視野、および現代社会の諸課題に対する実践的解決能力の獲得が就業成果として実現され、また、卒業論文作成に反映されているかどうかが卒業の具体的目安となります。

言語文化コース

  1. 欧米を中心に、加えてアジア、日本の文化に関する総合的学習を基盤とする、共生文化の視点を獲得している。
  2. 英語、ドイツ語、フランス語を中心とする外国語教育を通して実践的な国際的コミュニケーション能力を獲得している。
  3. 文化の多様性を認識し、国際交流の場における社会的貢献を実践しうる。

社会システムコース

  1. 現代社会の基本構造を理解する方法論と技能を修得している。
  2. 現代社会の諸問題を認識し、その解決策を考えるための基礎知識を獲得している。
  3. 現代社会に関する総合的な知識に基づいた、実践的な問題解決能力を有する社会人としての資質を身につけている。
 
 
 
アクセス サイトマップ リンク
  ページ先頭へ

Copyright (c) Faculty of Education and Culture & Graduate School of Education. All Rights Reserved.

宮崎大学教育文化学部・大学院教育学研究科 〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1 TEL0985-58-2889