教育文化学部で学びたい方へ

ホーム教育文化学部で学びたい方へ先輩からのメッセージ

  • 教育文化学部学校教育課程初等教育コース保健体育専修(平成20年入学) 竹之下朋典

  • 教育文化学部学校教育課程特別支援教育コース(平成21年入学) 川添・椎屋・下松・清家・永尾

  • 教育文化学部人間社会課程言語文化コース(平成20年入学) 谷口裕紀

  • 教育文化学部人間社会課程社会システムコース(平成20年入学) 塚本智章

  • 教育学研究科教科教育専攻国語教育専修2年 黒木 豪

    (元教育文化学部学校教育課程中学校教育コース文系教科選修国語教育主専攻)

    「国語」ということばから皆さんはどんなことをイメージしますか?2007年流行語大賞では宮崎県の東国原知事のことば「どげんかせんといかん」が選ばれ,また,岩波書店の『広辞苑 第六版』には「めっちゃ」「ラブラブ」などのことばが新たに収録されました。このように私たちを取り巻く「ことば」は日々変化しています。その「ことば」について広く学び,それをどんなふうに教えるかを考え,実践するのが国語科です。宮崎大学の国語科では,奈良時代から近代までの文学はもちろんのこと,国語教育,漢文,日本語学(国語学),書道まで幅広く勉強することができます。1・2年生のときは各分野を幅広く学び,3・4年生ではゼミに入って自分の興味のある分野を研究します。意欲があれば,さらに教職大学院で教師としての実践的な力をつけることもできます。

    ところで,宮崎には「神話」をはじめ「新しき村」「若山牧水」など全国的にみても文学的・歴史的に重要な場所や人物が存在するほか,「都城方言」などは方言研究の分野では大変有名です。中にはまだまだ発展途上の研究もあり、今後の皆さんの活躍次第で宮崎にゆかりのある文学作品やことばが見直されていくこともあるでしょう。

    国語科では中学校国語の教員免許はもちろんのこと,高校や小学校の免許を取得することもできます。教員を目指す人がほとんどですが,マスコミや公務員を志望する人も少なくありません。ことばを扱う全てのフィールドが進路と言ってもいいでしょう。日々新しいことばが生まれ,ことばの意味や使い方が話題にのぼる昨今,ことばを専門的に勉強することは自分の大きな強みになるはずです。

    宮崎方言を調査したい人,作文教育の歴史を勉強したい人,近代文学史を塗り替えたい人,はたまた平安文学とアニメの関係を研究したい人,ぜひ宮崎大学の国語科に来て下さい!あなたのやりたいことがきっと見つかりますよ!

アクセス サイトマップ リンク
  ページ先頭へ

Copyright (c) Faculty of Education and Culture & Graduate School of Education. All Rights Reserved.

宮崎大学教育文化学部・大学院教育学研究科 〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1 TEL0985-58-2889