学外・企業の方へ

ホーム学外・企業の方へ大学院生の研究発表

学外・企業の方へ

  • 募集要項
  • キャンパスライフ
  • 取得できる教員免許状
  • 国際交流
  • 教員紹介

2012年5月28日現在

教育学研究科修士論文・課題研究

2011年度

【修士論文 【課題研究】

2010年度

【修士論文 【課題研究】

2010年3月16日現在

ここに掲載するのは、教育学研究科に在学中の院生および最近修了した元院生の学会発表および投稿論文です。

【学会発表】

石川信一・岩永三智子山下文大松原耕平・佐藤 寛・佐藤正二 2009 児童に対する社会的スキル訓練の長期的抑うつ低減効果 日本行動療法学会第35回大会発表論文集,356-357

石川信一・下津紗貴・下津咲絵・佐藤容子 2010 不安を伴う不登校児童に対する認知行動療法の適用 不安障害研究,2,179

石川信一・松原耕平・武田 圭・山下文大岩永三智子・佐藤正二 2009 児童の集団SSTによる抑うつ低減効果 日本うつ病学会第6回大会発表抄録集,124

上村友香・石川信一 2009 学級ベースにした小学校現場における抑うつ防止プログラム:介入における順序効果の検討について 日本行動療法学会第35回大会発表論文集,364-365

甲斐百合絵・多田汐里・上村友香・石川信一 2009 小学校低学年を対象とする抑うつ予防プログラム:内面化行動の低減効果についての検討 日本行動療法学会第35回大会発表論文集,358-359

下津沙貴・佐藤健二・佐藤容子 2009 児童の不安症状と向社会的スキル,非機能的態度の関連 日本行動療法学会第35回大会 論文集,318-319.

立元 真・福島裕子 2009 幼児を持つ親への予防的親トレーニングの試み(5) 日本行動療法学会第35回大会論文集,310-311.

戸ヶ崎泰子・酒井裕市 2009 小中学校の特別支援教育における学生支援員活用の試み 日本特殊教育学会第46回大会発表論文集,411

松田昭憲・安東末廣 2009 重度の聴覚障がいのある脳性まひ児の段階的コミュニケーション指導:写真カード活用までのプロセス 日本特殊教育学会第46回大会発表論文集,172

山下文大岩永三智子・佐藤正二 2009 小学校5年生に対する学級単位の社会的問題解決訓練―効果の維持及び抑うつとの関連 日本行動療法学会第35回大会論文集,370-371.

小野昌彦・南川華奈・福田憲三郎水田可奈子2009) 市単位の不登校児童生徒に対する系統的支援対策の開発U−教師の欠席理由に対する随伴性変容による不登校予防−  35回日本行動療法学会発表論文集 p460461 

小野昌彦・南川華奈・福田憲三郎2009)市単位の不登校児童生徒に対する系統的支援対策の開発V−全市中学校へのモデル校対策適用− 日本カウンセリング学会第42回大会発表論文集 p95

横山あゆみ米村彰,中山迅,猿田祐嗣
 TIMSS2003理科の論述式課題における児童・生徒の回答分析(4)-「固体,液体,気体の理由」課題に対する児童の考えの再分類  - 日本教科教育学会 第35回全国大会 日本教科教育学会 全国大会論文集, pp. 77-80 20091010日(土)〜11日(日)

米村彰,中山迅,横山あゆみ,猿田祐嗣
 理科教科書の記述における問題解決の流れの分析(2)-小学校6年生 「生命とその環境」を事例として-
 日本理科教育学会第59回全国大会 日本理科教育学会全国大会 発表論文集 p225 2009818日・19

米村彰横山あゆみ,中山迅,猿田祐嗣
 理科教科書の記述における問題解決の流れの分析(4)-小学校5年生 「生物とその環境」を事例として-
 日本教科教育学会第35回全国大会 日本教科教育学会全国大会 論文集,第35巻,pp.81-84 20091010日・11

 肝付 正籍 「走り高跳びの授業における背面跳びの促発分析」
  第23回 日本スポーツ運動学会大会 36日(土)-7日(日)
 神戸親和女子大学三宮サテライトキャンパスセンタープラザ

片山 真貴「小学校『ネット型ゲーム』の系統的指導に関する発生運動学的研究‐バレーボールへの発展を意識したプレルボールの指導を通して‐」 第23回 日本スポーツ運動学会大会 3  6日(土)-7日(日) 神戸親和女子大学三宮サテライトキャンパスセンタープラザ

 満島彩香 音楽の知覚と感受を促す教師の指導言
  平成21年度日本音楽教育学会九州地区例会発表(福岡教育大学)

パネルディスカッション  テーマ:型にはめた運動指導を問う
 宮崎大学教育文化学部主催、宮崎県教育委員会・宮崎市教育委員会・宮崎市体育協会後援で行った第6回宮崎運動指導研究会
 (平成21年11月28日(土)、会場:宮崎大学教育文化学部附属小学校)
 肝付 正籍「構造分析からみた運動指導の問題について走り高跳びを例にして
 本田 淑子「高跳び 小学校実践事例 」
  
緒方 和大「走り高跳び 中学校実践事例 」

【投稿論文】

池川由美・戸ヶ崎泰子・大山正子・猪俣千夏・小野智弘・木原伸幸・押川あかね・木村素子 2009 障害のある子どもと障害のない子どもとの交流及び共同学習が子どもの相互理解行動に及ぼす影響 宮崎大学教育文化学部附属教育実践総合センター紀要,1799-113.

岡村寿代金山元春・佐藤正二・佐藤容子 2009 幼児の集団社会的スキル訓練−訓練前の特徴に焦点をあてた効果の検討− 行動療法研究35巻,第3号,233-243.

後藤吉道松田 純・佐藤 寛・佐藤正二 2009 児童における集団社会的スキル訓練の維持効果:1年間のフォローアップによる検討  宮崎大学教育文化学部附属教育実践総合センター研究紀要,第17号,137-149.

佐藤寛・今城知子・戸ヶ崎泰子・石川信一・佐藤容子・佐藤正二 2009 児童の抑うつ症状に対する学級規模の認知行動療法プログラムの有効性 教育心理学研究,第57巻,第1号,111-123.

椎葉恵美子・福島裕子・黒木 妙・島田裕子・高橋京子・東園栄子・松原耕平・柳 和枝・立元 真 2010 リラックスタイムの導入が幼児の社会的行動に及ぼした効果 宮崎大学教育文化 学部附属教育実践総合センター研究紀要,第18号,21-30

立元 真・福島裕子松原耕平 2010 幼児期の子どもを持つ母親への配偶者の心理的サポートが育児と子どもの問題行動に及ぼす影響 宮崎大学教育文化学部附属教育実践総合センター研 究紀要,第18号,1-10

宮田八十八・石川信一・佐藤寛・佐藤正二 2010 児童における 社会的問題解決尺度の開発と訓練の効果 行動療法研究第36巻,第1号,1-14.

森 和裕・安東末廣 2009 アスペルガー障がいのある児童のコミュニケーション能力を高める対話スキル指導法の研究 : ソーシャルスキルパッケージ指導の検討 宮崎大学教育文化学部紀要(教育科学),21, 21-32

真方悟史 2010 学級経営における学級活動の現状と改善の工夫 学部重点経費研究報告書(宮崎大学教育文化学部,66-70

横山あゆみ米村彰,中山迅,猿田祐嗣
  TIMSS2003理科の論述式課題における児童・生徒の回答分析-「日光の必要性」課題に対する児童の考え- 宮崎大学教育文化 学部附属教育実践総合センター研究紀要 第18号, pp. 93-108 20103

米村彰横山あゆみ,中山迅,猿田祐嗣
 理科教科書の記述における問題解決の流れの分析-小学校5年生「生 物とその環境」を事例として- 宮崎大学教育文化学部附属教育実践総合センター研究紀要,第18号,pp. 109-117 20103

 肝付正籍 竹内理代 田中寿幸 中倉信博 吉井泰裕 田爪聖啓 三輪佳見「走り高跳びの系統的指導に関する発生運動学的研究」
 宮崎大学教育文化学部附属教育実践総合センター研究紀要第18号 印刷中

 
 
アクセス サイトマップ リンク
  ページ先頭へ

Copyright (c) Faculty of Education and Culture & Graduate School of Education. All Rights Reserved.

宮崎大学教育文化学部・大学院教育学研究科 〒889-2192 宮崎市学園木花台西1-1 TEL0985-58-2889