入試情報

  • 全画面プリント

アドミッション・ポリシー(学部)

宮崎大学の教育理念とアドミッション・ポリシー(入学者受入・選抜の方針)

教育理念

宮崎大学は、「世界を視野に地域から始めよう」のスローガンのもとに、人類の英知の結晶としての学術・文化に関する知的遺産の継承と発展、深奥なる学理の探究、地球環境の保全と学際的な生命科学の創造を目指し、変動する社会の多様な要請に応え得る人材を育成することを教育の理念として掲げています。本学では、これらの理念を具現化するために、以下の教育目標を掲げ充実した教育に取り組んでいます。

1.人間性の教育
・高い倫理性と責任感を育むとともに、幅広く深い教養と総合的な判断力を培い、豊かな人間性を涵養する。
・生命や環境保全の科学に親しむとともに、広く自然や社会に触れ、現場から学ぶ態度を育成する。
2.社会性・国際性の教育
・社会の多様な要請に対応して、社会の発展に積極的に貢献できる課題解決能力を育成する。
・柔軟で論理的な思考力を育成するとともに、日本語による記述・発表の能力や外国語によるコミュニケーション能力を育成す
る。
3.専門性の教育
・それぞれの専門分野に関する基礎的知識を修得し、それらを応用できる能力を育成するとともに、専門分野への深い興味を育
み、課題探求及び解決能力、自発的に学習する能力を育成する。
・新たな知の創造につながる専門教育を実施し、総合的判断力を育成する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入・選抜の方針)

宮崎大学では、ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)及びカリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)に掲げた、社会の発展に積極的に貢献する人材の養成を目指しています。そのため、以下の「求める学生像」に示す、知識・技能、思考力、及び意欲を持った人を国内外から積極的に受け入れます。

【求める学生像】
1.本学の教育理念に共感し、入学後の学修に充分対応できる基礎的な知識・技能を有する人
2.身に付けた知識・技能を応用して問題を解決する上で必要となる思考力を有する人
3.身に付けた知識・技能及び思考力を地域社会や国際社会において自ら積極的に活用し、その発展に貢献する意欲を持った人

【入学者選抜の基本方針】
1.求める学生像に沿って、多様な入試方法により多面的・総合的に選抜する。
2.客観的で透明性のある方法によって、公平に選抜する。

 

各学部・学科等の入学者受入・選抜の方針(アドミッション・ポリシー)

ページトップへ