入試情報

  • 全画面プリント

グローバル人材育成入試

グローバル人材育成入試(農学部)

グローバル人材育成入試(Global Human Resources Development Program)は,農学部において,日本の国籍を有しないものを対象とした,グローバルな人材を育成するための,新たな学部教育プログラム(名称:グローバル人材育成学部教育プログラム)を受講する学生を選抜するための入試です。

本プログラムは,宮崎大学及び本学が指定した海外大学において,英語による講義を履修することによって学位取得を可能にするものです。

専門教育では,「生物資源(Bioresources)」と「バイオテクノロジー(Biotechnology)」を必須コア科目群とし,これらに加えて,他の専門分野を選択科目として設定しています。

具体的には平成29年度の入学生は,同年4月に宮崎大学へ入学し,基礎教育科目および専門基礎科目を受講した後に,カセサート大学へ移動して,平成29年8月から平成31年5月まで引き続き基礎教育科目および専門基礎科目を受講します。

その後,学力確認審査に合格した学生は宮崎大学へ戻り,生物資源とバイオテクノロジーを主体とする専門科目(卒業論文を含む)を受講して,平成33年3月に卒業します。プログラムの受講に伴う大学間の移動等に掛かる経費は,受講者の自己負担となります。

 

募集要項(英語)については、こちらのページ(農学部ホームページ)よりご確認ください。

 

ページトップへ