子どもたちの様子

5月26日から6月1日まで、実習Ⅰが行われました。5年生には、各クラスに4名ずつ実習生(大学2年生)が教師になるために学びに来ました。5日間という短い期間でしたが、授業の様子を参観したり、一緒に遊んだりして、子どもたちとふれあい、教師という仕事について知ることができたのではないかと思います。子どもたちにとっても、自分たちのがんばる姿を見てもらうことで、とても楽しい5日間となりました。

子どもたちの様子

4年生は、わかたけ(総合的な学習の時間)で、雨間を縫って校舎の屋上にある太陽光発電パネルを見学に行きました。「間近で見ると、思っていたよりも大きい!」や「宝石みたいにキラキラしている!」などの歓声が上がる一方で、「何で傾いているのだろう?」や「太陽が出ていないときは、どうしているのかな?」などの疑問も湧いてきました。これからの「附属小学校エコプロジェクト」につなげていきたいと思います。

子どもたちの様子

生活単元学習「なければつくろう」の学習の様子です。 学校の畑で休憩するための椅子がないため、「欲しい」という子どもたちの思いから、椅子をつくることにしました。算数の「長さ」の学習で学んだことを生かして、自分たちでのこぎりで切るための印をつけました。これから、色を塗って仕上げていく予定です。

子どもたちの様子

3年生は社会科の見学で、JA・AZMホールに伺いました。屋上から宮崎市を360°見渡すことができ、最近学習した方位を意識しながら、どの方角にどんな建物や自然があるのかを観察して記録しました。今後の学習に生かしていきます。

未分類

学級活動「いちょう学級のお友だちと仲良くなろう」の授業の様子です。お互いのことについて、クイズ形式で楽しく伝え合っていました。

昨年は、思うように交流ができませんでしたが、今年は朝の時間や給食の時間を中心に交流していきます。昼休み時間の交流遊びも計画していく予定です。

未分類

  2年生になって3日目。入学式が行われたこの日、教室前の犬走りでは、「入学おめでとう!」と声をかける子どもたちの姿がありました。「懐かし~!」「1年生、かわいい~!」と、様々な声が聞こえてきました。

  1年生だった頃の自分を思い出して、お兄ちゃん、お姉ちゃんぶりを発揮してほしいと思います。どんなかかわり方を見せてくれるのか、とても楽しみです。

学校からのお知らせ

いとし子の碑の傍に咲く黄色い花も満開の中、令和3年度がスタートしました。暖かく、澄み切った青空のもと、気持ちを新たに今年度も全教職員が力を合わせて 「ともだちいっぱい あせいっぱい まなびいっぱい」な子どもたちの育成を目指して教育活動を進めて参ります。保護者・地域の皆様の支えがあっての学校です。今年度もどうぞよろしくお願い致します。

また、本年度も、本ホームページにおきまして、学校の様子を発信してまいりますので、これまで同様の御愛読をよろしくお願い致します。

未分類

間近に迫った最高学年への進級に向け、5年生は今、学校や周りの人たちのためにできることを考え、取り組んでいます。

学校の清掃や低学年の遊びのお世話、正しい手の洗い方や休み時間の過ごし方を知らせること等…いよいよ卒業も間近に迫った6年生からバトンを託されるためにも、決めたことを頑張っていきます!

子どもたちの様子

椎葉村の小学校5校と「ローカル5G」を活用したオンライン交流授業を行いました。附属小の6年生は、総合的な学習の時間に自分たちで計画を立てた「修学旅行」について、学んだことや県内の各観光地の魅力を発表しました。椎葉村の各小学校の発表した地域の魅力も伝わってきて、たくさんの学びのある時間となりました。

子どもたちの様子

「やったー!今日はチキン南蛮だ!」「○日にリクエストデザートが出るよ!」「いい匂いをかいだらお腹が空いてきましたぁ…」

こんな子どもたちの声を聞くたび、毎日の給食を子どもたちがどれほど楽しみにしているのかが伝わってきます。新型コロナウイルスの感染予防のため、一人一人前を向いての食事となっていますが、それでも子どもたちにとっては給食の時間は大きな楽しみの一つであり、幸せな時間となっているようです。

1月25日~29日までは「給食感謝週間」ということで、各学級で、給食室のお仕事について考える時間がありました。給食の時間に間に合うように朝早くから作業をしてくださっていること。常に清潔・安全に気を配り、給食を準備してくださっていること。例えば子どもたちが口にするみかんは1つ1つ手作業で洗い、選り分けてくださっていること。大きなお鍋、大きなしゃもじで大量の料理を力いっぱい作ってくださっていること。2000枚近いお皿を毎日洗い、クラスごとに分けてくださっていること。

附属小学校のおいしいおいしい給食は、給食室の先生方のたくさんの努力、やさしさで出来上がっていることを知った子どもたち。毎日の給食に対する感謝の気持ちを改めて強くしたようでした。

これからも、もりもり給食を食べて、感謝の気持ちを届けてほしいと思います。