子どもたちの様子

訪問地のことを子どもが記事にしました。紹介します。

 6年生は6月30日〜7月1日に1泊2日の鹿児島県での修学旅行がありました。上の写真は道の駅「たるみず」で撮った写真です。後ろには桜島も見えていて、6年生のみんなも楽しそうです。

(記事:子ども作成)

楽しい楽しい修学旅行。桜島を観光した後は、フェリーに乗って鹿児島観光しました。バスのままフェリーに乗ってそのまま海の探検に行きました。桜島港周辺にはアオリイカやアジがたくさんいます。今回はそんな魚たちと観光を楽しむことができました。運がいいとイルカを見ることができるらしいのですが、残念ながら見ることはできませんでした。しかし、心地よい海風を受けながら素晴らしい景色を桜島と一緒に拝むことができました。来年の6年生もこの景色を見ることになるでしょう。新たな感動を見付けてほしいです。

(記事:子ども作成)

〜いお ワールドへ…GO!GO!〜6月30日

 皆さんは、ジンベエザメを見たことはありますか。なんと、いおワールドには可愛い「ユウユウ」という名前のジンベエザメがいるのです。水族館にいるだけで愉快になります。イルカショーも感激しました。いおワールドへ行くことができて非常に嬉しいです。お土産も良いものばかりでした。ぜひ、皆さんも行ってみてください。

(記事:子ども作成)

〜平川動物園〜7月1日

 平川動物園は、小さいお子さんも楽しめる動物、乗り物があります。私のおすすめは、コアラです。滅多に見ることができないコアラは、寝ていても起きていても可愛いです。観覧車からは鹿児島の代表、桜島も見えて景色も素晴らしいです。皆さんにも見てほしいです。

(記事:子ども作成)

子どもたちの様子

栽培委員会の5・6年生が頑張っています。

6時間目に、栽培委員会の人たちが一生懸命、花のお世話を頑張っているところです。担当の先生と一緒に土まみれ、汗まみれになりながら頑張って花植えをしていました。かっこいい高学年です。

「虫などがいて大騒ぎもしましたが、それも含めて楽しかったのでよかったです。これからも委員会を頑張ります。」

と話してくれた副委員長。

これからも栽培委員会の活動をよろしくお願いします。

子どもたちの様子

 今、6年生の学級内で、てるてる坊主が雨を止ませるために頑張っています。

 このてるてる坊主は、本当に雨を止ませてくれそうで、頼もしいです。

 これなら梅雨の中でも元気に学校に来ることができそうです。

子どもたちの様子

12月6日、火曜日は、1年生の持久走大会が行われました。

 子どもたちは、5分間の時間を精一杯走り、最後まで走り抜くことができました。

 粘り強く走る1年生の姿に、今年1年間の成長を感じました。

子どもたちの様子

「どうして、このお仕事をしているのですか?」「1日にお客さんは何人ぐらい来ますか?」様々な質問や驚きの声が、子どもたちからたくさん聞こえてきました。

2年生は、「町たんけん2」と称して、生活科の時間に、学校の近くのお店や施設を見学しに行きました。  ただ歩いて見て回った1学期のたんけんとは違って、それぞれ視点をもって見学、質問をする姿がありました。たしかな成長が感じられました。 来年度の4月から始まる社会科の学習へと学びをつなげてくれることでしょう。

子どもたちの様子

3年生は、社会科の学習で野崎漬物の工場見学に行きました。学習を進めている工場について、実際に働かれている方々のお話を伺ったり、工場内を見学させていただいたりしたことで、子どもたちの関心も一段と高まっていました。

子どもたちの様子

8月30日から、宮崎大学教育学部の学生たちが、教育実習に来ています。

各学級に配属された実習生たちは、協力して教材や指導法を研究します。そして、一人で教壇に立ち、授業をします。子ども達と教育実習生の真剣勝負は、附属小学校の伝統です。

9月10日(金)には、クリーン作戦も行われました。引率も大切な学びです。 附属小学校のみんなは、実習生一人一人の夢が実現するのを応援します。

子どもたちの様子

教育実習Ⅱも3週目となりました。実習の先生方も子どもたちのために、たくさん準備をして、楽しい授業を考えました。それに応える子どもたちの素敵な姿。まさに授業は真剣勝負。この教育実習Ⅱで、実習の先生方も子どもたちも多くの学びがありました。

子どもたちの様子

美化委員会では、宮崎市青少年指導委員の方々からいただいたひまわりの種を植えました。実習の先生方と一緒に、きれいな花が咲くよう想いを込めました。きれいなひまわりが咲いてほしいと思います。

子どもたちの様子

6月の生活単元学習「いちょうランド」では、遊園地をつくって交流学級の友達を招待しようと取り組みました。まず、フェルト、割り箸、段ボール等、いろいろな材料を使って迷路コーナー、的当てコーナー、ボウリングコーナをつくりました。それから、やってきた友達にプレゼントするミニ黒板を作っていきました。大きな板からのこぎりで切って作りました。最後に、説明の仕方、役割を確認し、何度もリハーサルをしていちょうランド当日を迎えました。やってきた交流学級の友達から「楽しかった」「ありがとう」と言葉をかけられて、とてもうれしそうでした。「ぼくは、説明を頑張った」など、役割を果たせたことをふりかえることができました。