UNIVERSITY OF MIYAZAKI
 

研究活動の不正行為防止に関する取組みについて

【取組みの概要】

宮崎大学は「世界を視野に 地域から始めよう」のスローガンのもと、国際的に通用する研究活動を推進し、その成果を大学教育へ反映させ、また広く社会の発展に貢献し、さらに学際的な生命科学の創造と諸学の連携・融合による特色ある研究を通して、地域から世界へ発信できる高度な学術研究を推進することを研究戦略の目標として掲げている。 こうした研究の実施に当たって、豊かな人間社会の実現に寄与するためには、研究者は社会に対する説明責任を果たし、科学と社会との健全な関係の構築・維持に自覚的に参画すると同時に、その行動を自ら厳正に律することが求められる。 宮崎大学では、日本学術会議「科学者の行動規範について(平成18年声明)」及び本学「研究活動の不正行為への基本的対応方針(平成19年制定)」において定めている研究者の行動規範等を踏まえ、研究者の行動規範を策定し厳格に対応してきた。平成27年4月、新たな「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日付け文部科学大臣決定)が平成27年4月1日から運用されることから、新ガイドラインに沿った内容に行動規範等を整理した。

宮崎大学の行動規範等

宮崎大学における研究活動の不正行為防止等に関する規程

宮崎大学における研究倫理教育に関する申合せ等

研究活動上の不正行為に関する相談・告発窓口

○研究国際部研究推進課 TEL:0985-58-7113 Mail:k-jyosei@of.miyazaki-u.ac.jp

関連LINK(文部科学省WEBサイトへ)

研究活動における不正行為への対応等・・・ガイドライン(英訳)、Q&Aなど

研究活動における不正事案について

【お問い合わせ先】
研究協力課研究推進係
内線:7113(木花キャンパス)
    927113(清武キャンパスから)
UNIVERSITY OF MIYAZAKI