人材養成

 本コースでは、(1)伴侶動物や産業動物の健康を管理するために必要な高度な診断技術と治療法及び研究能力、(2)食肉衛生、家畜衛生及び公衆衛生関係で働く獣医師に対して指導できる能力、(3)病因の解明にあたるための高い研究マインドを涵養しつつ、高度な研究方法の取得と同時に、医学関係の高度な診断・検査法、治療法、手術方式を取り入れた、より高い診断・治療技術、(4)国際的に活躍できる高度な知識、技術、広い視野と柔軟な思考力、総合的な判断力、(5)サイエンスコミュニケーション、トランスレーショナルリサーチ、知的財産や情報の管理等に関する基本的な知識等を有する高度専門職業人としての指導的獣医師を養成する。

人材需要の見通し

 小動物・大動物臨床(動物病院、動物園、水族館等)、地方自治体等の行政機関(保健所、JA共済連、畜産試験場)において、高度な専門性と研究マインドを有する指導的獣医師への社会的要請が高まっており、人材需要が十分見込まれる。

学位の名称

 「高度獣医師育成コース」は、獣医診療において、医学の診断・検査法、治療法、手術方式を学び、その手法を履修することで、専門性の高い診断・治療技術を修得し、高度な研究マインドを有する指導的獣医師の育成を目的とする。
このコースは、獣医診療に軸足をおいた他に類を見ない特色あるコースとなっている。
【学位】博士(獣医学)

教育プログラム

 本コースでは、複数指導体制の下で、獣医診療において専門性の高い診断・治療技術を修得し高度な研究マインドを有する指導的獣医師の育成を目的とする。本コースは、獣医診療に軸足をおいた他に類を見ない特色あるコースとする。
 研究科目では、学部教育よりも専門的に高度に細分化した教育(獣医周産期特論、牛の脂質代謝障害特論、獣医循環器学、食中毒特論など)と医学関係の先端的画像診断学や麻酔学などを取り入れた実践的教育を実施する。特別研究科目では、各専門分野で臨床研究を遂行するために必要な基礎知識を修得させ、研究指導科目では、それぞれの専門分野における研究のテーマを課し、博士論文作成のための研究指導を行う。