高度医療関連技師養成コース(TrainingCoursefor Healthcare Professionals)

人材養成

 本コースでは、合理的、科学的な思考能力を有し、より高度で先進的な医療支援に携わることができる人材、また、該当医療支援領域における後進の教育・指導に当たることができる人材を養成する。

人材需要の見通し

 本コースの修了者は、医療機関において、日々進歩する先進医療や医療サービスにも柔軟に対応することができる高度専門職業人や医療関連専門学校における教育者として活躍することが期待される。また、医学獣医学総合研究科博士課程への進学も奨励され、将来、研究者や該当専門領域、健康スポーツ関連領域における教育者、指導者として活躍することも期待される。

学位の名称

 「高度医療関連技師養成コース」は、種々の医療現場における専門的医療支援技能者が、合理的・科学的な思考能力を修得し、また、より高度な専門知識と技術を修得することが可能となる。
【学位】修士(医科学)

教育プログラム

 本コースでは、種々の医療現場における専門的医療支援技能者が、共通科目において病態生理学や人獣共通感染症について再び学び直し、必要に応じて社会医学系科目(社会環境疫学・医療統計学、医療関連法規)、薬理・薬剤学、健康スポーツ医学などを学んだのち、研究科目において合理的・科学的な思考能力を修得し、修士論文を作成するとともに、より高度な専門知識と技術を修得する教育プログラムとなっている。また、既に保有している資格に加えてそれぞれの領域における関連学会の学会認定資格を獲得することも視野に入れた指導がなされる。 演習・実習では個々の専門医療支援領域と周辺領域に関する最新の動向と技術の理論、研究を遂行するために必要な基礎知識と技能を修得させ、専門技術学研究では、それぞれの専門分野における研究のテーマを課し、修士論文作成のための研究指導を行う。