学部・大学院情報

医学獣医学総合研究科

医学獣医学総合研究科ホームページへ

概要

医学獣医学総合研究科では、修士課程(3コース、入学定員8名)及び博士課程(3コース、入学定員23人)を設置しています。
(1) 修士課程では、医学・獣医学分野及び医療社会学分野の研究と教育、あるいは高度な診療支援に携わる人材の養成を主眼とし、専門分野に偏らない幅広い基盤的知識の習得、それを基礎とした研究能力を養うことを目的とし、生命科学の発展と社会の福祉向上に寄与することを使命としています。
(2) 博士課程では、高度専門職業人としての医師、獣医師及び研究者・教育者の養成を主眼とし、医学・獣医学の分野において自立して研究活動を行うのに必要な高度の研究能力とその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とし、医学・獣医学の発展と社会の福祉の向上に寄与することを使命としています。

各専攻の紹介

医科学獣医科学専攻(修士課程)(入学定員8名)

・生命科学研究者育成コース

生命科学研究者育成コースでは、医学と獣医学が連携・融合することにより、生命科学に関する広範な知識に基づいた総合的判断力と研究能力を備え、技術・知識基盤社会の形成に資する研究者及び教育者の養成を目的とします。このコースでは、生命科学に関する広範な知識を学んだ上で、医学ないし獣医学研究における重要な基盤技術を修得し、自立した研究者として研究を行うための基礎を修得することができます。

・高度医療関連技師養成コース

高度医療関連技師養成コースでは、高度な研究マインドに裏打ちされた質の高い医療関連技師の養成を目的とします。このコースでは、医療現場における専門的医療支援技能者が、合理的・科学的な思考能力やより高度な専門知識と技術を修得することができます。

・生命倫理コーディネーターコース

生命倫理コーディネーターコースでは、希少性のある専門職業人として今後の社会ニーズが期待される臨床倫理コンサルタントの養成を目的とします。このコースでは、生命科学や医療における倫理コンサルトに関する基礎知識と専門的スキルを修得することができます。

 

医学獣医学専攻(博士課程)(入学定員23名)

・高度臨床医育成コース

高度臨床医育成コースは、高い倫理観を有する専門性の高い診断・治療技術に裏打ちされた高度な研究マインドを持った指導的臨床医の育成を目的としています。このコースは、臨床と研究をバランスよく経験することにより、双方の能力を兼ね備えた高度臨床医を育成するもので、各医学専門学会での専門医認定資格を視野に入れた臨床技術の修得が可能となっています。

・高度獣医師育成コース

高度獣医師育成コースは、獣医診療において、医学の診断・検査法、治療法、手術方式を学び、その手法を履修することで、専門性の高い診断・治療技術を修得し、高度な研究マインドを有する指導的獣医師の育成を目的としています。このコースは、獣医診療に軸足を置いた他に類を見ない特色あるコースとなっています。

・研究者育成コース

研究者育成コースは、国際的に活躍できる医学・獣医学の教育研究を担う人材育成を目的としています。このコースは、本研究科における大学院教育の中核をなすものであり、学修課題を複数の科目等を通して体系的に履修するコースワークにより、将来研究者・教育者として自立するために必要な医学・獣医学の両分野にまたがる幅広い専門知識と、研究に必要な実験のデザイン等の研究手法や研究遂行能力の修得が可能となっています。

 

ページトップへ