宮崎大学 > 工学部 > 機械設計システム工学科 >教育

教育方針・教育目標について

学習・教育目標

 本学科の教育プログラム【PHOENIX】は,以下のような能力を身に付けるために設定された学科の教育・学習目標です.

  • (P) Plan 社会の要求や制約に応えるため,自主的に計画して,それを継続的に実行できる能力を身に付ける.
  • (H) Harmony 人と機械との共存や機械と自然との調和を考えるための能力を身に付ける.
  • (O) Obligation 社会秩序や自然環境保護に対する技術者の責務を考える能力身に付ける.
  • (E) Engineering 機械技術者としての工学の基礎および専門的知識を身に付ける.
  • (N) Nature 自然環境を維持するために,資源とエネルギーの有効利用を考える能力を身に付ける.
  • (I) Idea 自分のアイデアを実現できるデザイン能力およびそれを説明するコミュニケーション能力を身に付ける.
  • (X) eXamination 得られた成果を吟味し,まとめる能力を身に付ける.

アドミッションポリシー

1. 機械設計システム工学科で身につけることのできる能力

 本学科で学業を修めることにより次のような能力を身につけることができます.

  • (1) 社会の要求や制約に応えるため,自主的に計画して,それを継続的に実行できる能力
  • (2) 人と機械との共存や機械と自然との調和を考える能力
  • (3) 社会秩序や自然環境保護に対する技術者の責務を考える能力
  • (4) 機械技術者としての工学の基礎および専門知識
  • (5) 自然環境を維持するために,資源とエネルギーの有効利用を考える能力
  • (6) 自分のアイデアを実現できるデザイン能力およびそれを説明するコミュニケーション能力
  • (7) 得られた成果を吟味し,まとめる能力

2. 本学への入学者があらかじめ持っていることが望ましい能力や意欲

 この7つの能力を卒業生の身につけさせるため,本学科では次のような意欲と基礎学力を持つ人を求めています.

  • (1) 将来,国際的な視野に立ち,技術者の社会的責任を自覚して社会に貢献したいという強い意志・熱意・勉学意欲を持っている人
  • (2) 専門科目を学ぶ上で必要となる数学および理科の基礎学力を持っている人
  • (3) コミュニケーション能力を身につける上で必要となる国語,英語などの語学能力を持っている人
  • (4) 自主的,継続的に学習する能力を身につける素地を持っている人

3. 入学者を選抜する方法とその目的

 入学者選抜要項をご請求ください.※大学案内・募集要項などの請求方法

4. 大学入学前に学習する必要がある科目

 環境問題などの問題を解決するには,理数系の知識や能力を培うだけでなく,英語力を十分に磨き,文系の知識も習得する必要があります.そのため,理系文系を問わず高等学校の授業内容をしっかりと理解しておかねばなりません.
 また,機械工学の理論がニュートン力学を基礎として展開されていることから,本学科の専門科目を学ぶ上で数学と理科(物理・化学)は特に重要であり今後の学習の礎となります.そのため,高校の数学や理科(物理・化学)を深く理解し,標準的な問題を即座に解く応用力が不可欠です.このような理解や応用力を基礎として本学科で学ぶことによって,機械に関する複雑な現象を解析できるようになり,将来,皆さんが優れた新装置を創出する際の強い味方となります.

教育内容

カリキュラムポリシー

 機械設計システム工学科では,その教育理念に基づき,「人と自然に優しいものづくり」を目指す専門技術者を養成するため,以下の方針に基づいてカリキュラムを編成し,教育を実施します.

 教育課程の編成の方針

  • 1. 幅広く深い教養と基本的な学習能力の獲得のために,すべての学生が履修する共通教育カリキュラムとして,共通科目(大学入門セミナー,情報処理,外国語,保健・体育),主題科目(環境と生命,倫理と文化,現代社会の課題,自然の仕組み)と教養発展科目を設置します.
  • 2. 機械技術者として必要となる工学の基礎および機械工学の専門知識を体系的に学ぶために,工学基礎科目・専門科目を教育目標に即し段階的に設置します.
  • 3. 身に付けた知識や技能を統合し,自分のアイデアを実現するデザイン能力や問題解決能力を育成するために,実験,実習,卒業研究等の科目を設置します.
  • 4. 論理的な記述力,口頭発表力などコニュニケーション能力を育成する科目を設置します.
  • 5. 人と機械の共存,機械と自然との調和,資源とエネルギーの有効利用などを考える能力を育成するための科目を配置します.
  • 6. 社会秩序や自然環境保護に対する技術者の責務を考える能力を育成する科目を配置します.

  実施の方針

  • 7. 各授業科目について,シラバスで到達目標,授業計画,成績評価基準・方法を明確にし,周知します.
  • 8. 実験,実習,設計などの実践的な教育方法を積極的に取り入れ,身に付けた専門的知識を活用・応用できるよう指導を行います.
  • 9. 履修カルテにより,学習成果に基づいた指導を行います.
  • 10. 成績評価基準,方法に基づき厳格な評価を行います.

機械設計システム工学科の主な専門教育科目

  • 1年次 
    線形代数,数学解析ⅠおよびⅡ,力学,材料力学基礎,機構学,機械製図基礎,機械創造実習など
  • 2年次 
    数学解析Ⅲ,応用数学,基礎物理学実験,加工システム実習,材料力学,機械力学,機械設計工学,熱力学,流体力学基礎など
  • 3年次 
    工学英語,応用機械設計製図,振動工学,機械加工学,生産工学,流体力学,機械設計システム工学実験ⅠおよびⅡ,機械設計工学など
  • 4年次 
    卒業研究,科学技術英語,機械設計システム工学特別講義など
〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

Copyright c 2011, Faculty of Engineering, University of Miyazaki. All rights reserved.