宮崎大学 > 工学部 > 機械設計システム工学科 > 学科概要

宮崎大学 工学部 機械設計システム工学科 概要

沿革

  • 1949年(昭和24年)5月31日:宮崎大学の設置,機械工学科(定員30名)発足
  • 1958年(昭和33年)4月 1日:機械工学科(定員40名)となる
  • 1986年(昭和61年)4月1日:機械工学科(定員45名)となる
  • 1992年(平成4年)4月 1日:工学部の改組により,機械システム工学科(定員55名)となる
  • 2001年(平成13年)4月 1日:編入学生の定員化に伴い,機械システム工学科(定員49名)となる
  • 2012年(平成24年)4月 1日:工学部の改組により,機械設計システム工学科(定員54名)となる

学生定員

 (学年あたり) 54名

育成する人材像

 『人と自然に優しいものづくり』 を目指す専門技術者育成のために,教養教育と専門基礎教育ならびに機械設計と開発 に必要な専門教育に重点を置いた専門教育を実施します.本学科の学生は,ものづくりに必要な機械工学の専門知識のみならず,機械分野の研究者と技術開発者としての 課題探求と問題解決能力を身につけることができ,技術の発展と社会的要求に順応で きる技術者に成長することができます.

(「教育方針・教育目標について」)

卒業後の進路

 学部卒業生の4割は大学院に進学し,それ以外の6割および大学院修士課程修了生のほとんどは製造業に就職します.機械分野の技術者人材は機械メーカーのみならず,「ものづくり」 に関連するあらゆる企業から求められています.そのため,自動車・機械・電気・精密機器・素材などの製造業をはじめ,建設・運輸・食品関連の会社からの求人が多く,就職希望の学生はほぼ100%就職できます.これらが,本学科 の進路の特徴です.なお,具体的な就職先として以下の実績があります.

過去の主な就職先

スズキ,三菱自動車工業,三菱ふそう,トヨタ自動車九州,ダイハツ九州,アイシン精機,NOK,ヤマハモーターエンジニアリング,富士重工,川崎重工,三菱重工,ユニバーサル造船,宇部興産,三浦工業,TOTO,平田機工,日本電産,九州電力,パナソニック,東京エレクトロン九州,第一精工,日鐵プラント設計,三菱マテリアルテクノ,九電工,王子製紙,明治,日本郵政,ホンダロック,東郷メディキット,ニチワ,共立電機,向陽鉄工,宮崎ガス,宮崎ジャムコ,宮崎太陽銀行,テレビ宮崎(UMK),トヨタ車体研究所,九州タブチ,ソニーセミコンダクタ九州など(順不同)
〒889-2192 宮崎県宮崎市学園木花台西1-1

Copyright c 2011, Faculty of Engineering, University of Miyazaki. All rights reserved.