H25年12月2日 <COC関連> みやだいCOC事業概要説明会 開催


みやだいCOC事業説明会 開催

 

2013年12月2日(月)宮崎大学が文部科学省から採択を受けた「地(知)の拠点整備事業(大学COC)」を実施するにあたり、教職員を対象に事業内容についての理解を深めてもらうことを目的に、事業概要説明会を開催いたしました。

まず菅沼学長から、「本事業は地域の大学として宮崎県と問題意識を共有し、ぜんがくを挙げて人材育成や課題解決に連携して取り組む事業であり、本学独自の「地域志向型一貫教育」の構築を目指していきたい」という旨の開会挨拶を頂きました。

その後、原田理事(研究・企画担当)から文部科学省事業「地(知)の拠点整備事業」についての概要、申請・採択状況および本学のテーマである「食と健康を基軸とした宮崎地域志向型一貫教育による人材育成事業」についてプラン骨子等について説明をして頂きました。

引き続き、國武COC推進室長から「平成25年度みやざき地域志向教育研究経費」についての説明が行われ、対象となる取組の具体的事例等について質疑応答が行われました。

最後に本事業のサポート機関を代表し、堀井産学・地域連携センター長から閉会挨拶を頂き閉会となりました。

今年度から新しく動き出す「みやだいCOC事業」ですが、宮崎大学が一丸となって取り組むためには、まず学内の教職員の方々からの理解が大切だと考えます。これから事業が動き出し、活動内容も複雑になっていきますが、宮崎大学全体で取り組んでいけるように努力して参ります。