H27年1月21日 <社会貢献> チャレンジプログラム活動インタビュー ー農作物のオートスクリーニングプロジェクトー


チャレンジプログラム活動インタビュー -農作物のオートスクリーニングプロジェクト-

150121-2 150121-1 150121-4 150121-3

2015年1月21日(水)チャレンジプログラムCOC部門-農作物のオートスクリーニングプロジェクト-グループの活動を取材してきましたのでご報告いたします。

当日は宮崎県中央農業協同組合 国富支店 集出荷場にて、現在使われているきゅうり仕分けの機械の視察や、きゅうり仕分け基準の確認等を現場の方と一緒に行いました。実際の動いている機械の仕組みや仕分けされるきゅうりについても本物のきゅうりを使って細かく教えて頂きました。

また、作成中のシステムを現場の方と一緒に、実際のキュウリを使って試験をすることもできました。

やはり現場の作業の様子や働かれている方々の声を聴いてみると、自分たちで予想して組み立てていた仮説と食い違ってくる点もいくつかあったようです。しかし、実際にシステムを見てくださった方からは「こんなことまでできるんですか?」称賛を頂くことができました。

今年度の活動は残り少なくなっておりますのが、「残りの日数でできる限り現場の作業に近づけることができるように頑張ります!」と代表者の学生からコメントをもらいました。最後のポスター発表がとても楽しみですね!