H26年7月13日 <社会貢献> チャレンジプログラム活動インタビュー -宮崎県におけるエコフィード利用促進に向けた活動-


140713-4 140713-3 140713-2 140713-1

2014年7月13日(日)チャレンジプログラムCOC部門の「宮崎県におけるエコフィード利用促進に向けた活動」グループの都城市での活動を取材して参りましたのでご報告いたします。

今月の12日(土)、13日(日)に都城市の有限会社 観音池ポークにてイベントのお手伝いをしながら、”エコフィード”の宣伝を行っておりました。

取材に行った当日はあいにくの雨だったのですが、テントの中からお客様一人ひとりに声をかけてる学生の皆さんの様子がとても印象に残っております。

当日はお店主催のイベントが行われておりましたので、イベント景品と一緒に”エコフィード”のPR用チラシを学生の皆さんが配っていました。また隣のテントでは、昨年度まで調べてきた研究成果をまとめたポスターを掲示し、足を止められたお客様に丁寧に説明していました。

お客様は地元の方々が多いようでしたのでエコフィードについて知っている方は多いのかと思っておりましたが、実際はそこまで地域の方々にも浸透しているわけではなかったようです。

一人一人のお客様に対しての広報活動なので非常に根気のいる活動だと思いますが、継続することで確実に”エコフィード”という言葉は地域の方々へ確実に広まるなと思いました。

昨年度のノウハウや経験を活かし計画的に活動を進めているチームの一つですので、是非今後の活動も取材させて頂きたいと思います。

今週の土曜日、日曜日と二日間の活動、お疲れ様でした!