H26年10月21日 <社会貢献> 五ヶ瀬町訪問調査実施


五ヶ瀬町訪問調査実施

方針打ち合わせ ヤマチャ(実) ヤマチャ(花) ブルーベリー葉1

ヒキオコシ カラムシ

2014年10月21日、22日の二日間、五ヶ瀬町にて、本学農学部及びみやだいCOC事業ワーキンググループに係る会議に基づく現地調査を行いました。

今回の調査では、五ヶ瀬町関係者、地域住民、生産者、教員等が、「鳥獣害」、「機能性食品」、「きのこ」の3つのテーマについてそれぞれ現地に入り込み調 査を行いました。本事業からは、「機能性食品」の分野において山﨑特任助教が現地調査を行いました。調査では、五ヶ瀬町周辺で古くから利用されている「ヒ キオコシ」や「ヤマチャ」、「コクサギ」等のサンプリングを行い、また、五ヶ瀬町の特産である釜炒り茶やしいたけについて加工・生産の面から機能性強化が 可能か議論を行いました。

グループ毎の調査後、調査結果に基づきグループ内での検討を行ったのち、テーマ横断的に取り組めることはないか熱い議論が交わされました。

今回の調査を通して、上記3テーマの方向性が決定致しました。五ヶ瀬町、農学部と連携しながら、それぞれのテーマについて推進して参ります。

今後の進捗も少しずつご報告できればと考えております。

9月20日に学生ボランティアの皆さんと一緒に植樹したブルーベリー葉の様子も確認して参りました。植樹した時は小さなポットに収まっていた苗ですが、しっかり成長しているようです!この調子で順調に育って行ってほしいと思います!