H27年1月30日 <研究> 化学体験講座の実施


化学体験講座の実施

150130-1 150130-2 150130-3 150130-4
2015年1月30日(金)みやざき地域志向教育研究経費の活動として高校生を対象とした化学体験講座が行われました。この講座は2回に分かれて行われており、今回が2回目となりました。

工学教育研究部の大榮先生と学生スタッフの皆さんが高校生42名を迎え、約2時間講義や実験を行いました。今回もテーマは「地下水中の亜硝酸性窒素の定量」ということで、宮崎の身近な水環境を知って理解してもらおうという目的の下進められました。

なかなか高校生にはなじみの薄い内容かと思ったのですが、講義が進むにつれて生徒の皆さんの興味も出てきたようで、学生スタッフと一緒に行った実験や定量の際は一人一人真剣に作業に取り組んでいました。

作業が終わった頃に生徒の方にお話しを聞くと、「内容は少し難しかったけど実験をしたことで講義の内容が更に理解できました」「大学生の方と直接お話し(大学生活のことなど)ができたので嬉しかったです」などうれしい意見を頂くことができました。確かに大学生と高校生がこの距離で一緒に作業したり会話をするということはなかなかないことですので、高校生にもスタッフの学生の皆さんにもよい刺激になったのではないかと思います。

今後もこのような高大連携の活動を広げて行こうと思います。