地域活性化・学生マイスター Q&A


「地域活性化・学生マイスター」についてよくお問合せ頂く質問とその回答をご紹介いたします。

 

No. 質問 回答
1. COCとCOC+はどう違うのですか? どちらも最初の講義「地域キャリアデザイン」は共通です。 その後、「地域を学び、そのリーダーになりたい」人はCOC、「宮崎の産業を広く学び、地元に就職したい」人はCOC+のカリキュラムをお勧めします。 COCカリキュラムを履修した人は「地域活性化・学生マイスター」という学内資格を、COC+カリキュラムを履修した人は「産業ユニット修了証(仮)」を取得できます。
2. COC科目(「地域キャリアデザイン」等)は、卒業認定単位に含まれますか? 所属する学部の卒業認定要件に、学士力発展科目の「地域・学際系」の単位がある場合は、卒業認定単位に認められます。 ※「地域学入門Ⅰ」は「現代社会の課題」の社会と人間分野の単位として認められます。
3. COCとCOC+の両方のカリキュラムを履修することはできますか? 可能です。 COC+の科目の多くは授業配信システムによるものなので、個人の空き時間に自宅等でも受講することができます。
4. カリキュラムの途中でマイスターの取得を断念することもできますか? 可能です。 それまでに取得した単位は、A2の条件に当てはまる場合は卒業認定単位として認められるため、無駄にはなりません。
5. COCカリキュラムはどのような内容ですか? 「地域を学ぶ」ことを目的として、基本的な知識を大学内の講義で身につけた後は、実際に地域に出て演習していくカリキュラムです。 地域への関心はもちろん、対話のスキルやプレゼンテーション能力も高めることができます。
6. 「地域インターンシップ」について教えて下さい。 「地域インターンシップ」は2年生通年集中科目として開講され、宮崎県内の自治体や協力団体へのインターンシップ実習を行うものです。 ただし、各学部・学科にはこれに代わる「代替科目」があり、所属する学部・学科の代替科目を受講していれば「地域インターンシップ」を受講する必要はありません。
7. マイスター上級を目指すためにはどのような履修をしたら良いですか? まずは初級の要件を満たし、その後「地域デザイン概論Ⅰ」、「地域デザイン概論Ⅱ」を履修し、さらに指定の「地域科学系(専門)」科目の中から自学部より1科目、他学部より1科目を選択して履修する必要があります。 これに加えて学部・学科の「卒業論文」の単位を取得することで、卒業時に「地域活性化・学生マイスター上級」の資格が与えられます。
8. 学んだことは社会で役に立ちますか? はい。マナーやインタビュー法など、社会に出て役に立つ技術を学べます。
9. 就職活動にメリットはありますか? 地域に関する学びや活動を証明する資格はマイスターだけなので、PR材料になります。