H27年10月30日 <研究> アボカド栽培の勉強会を開催しました


アボカド栽培の勉強会を開催しました

DSCN1989 Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

2015年10月30日(金),31日(土),西都市においてアボカド栽培に関する勉強会を開催しました。

 

西都市ではマンゴーに続く熱帯果樹として,昨年より数名の生産者の方がアボカドの栽培に取組み始めています。しかし,アボカドはまだ国内でほとんど栽培されておらず,栽培に関する知見がほとんど無いため,西都市でも手探りの状態で栽培が始まったばかりのところです。

 

そこで今年度のみやざき地域志向教育研究経費に採択となった「西都市における新規熱帯果樹栽培導入に向けた調査研究」の一環として、日本における熱帯果樹の栽培・研究の第一人者であり,アボカド栽培にも精通しておられる日本熱帯果樹協会代表理事の米本仁巳先生をお招きし,30日は「アボカド栽培の基礎」と題した講演会を,31日は現地でのアボカド栽培の状況を視察してもらった技術講習会を行いました。

 

米本先生からは,南九州でのアボカド生産の有望性や栽培時の留意点,また特に苗木導入後の管理の方法・注意点などについて,丁寧に説明していただき,参加者の方からも大変勉強になったとの感想をいただきました。

 

将来,アボカドが宮崎県の新たな特産品になるよう,今後も活動していきたいと思います。