H27年11月7日 <社会貢献> チャレンジ・プログラム活動報告-みやざき食のカガク探検隊-


チャレンジ・プログラム活動報告 ―みやざき食のカガク探検隊-

DSCF4215 DSCF4193 DSCF4301 DSCF4194

2015年11月7日(土)、チャレンジ・プログラムCOC部門の「みやざき食のカガク探検隊」グループメンバーが、大学祭にて提供する加工品製作や、その予行練習のためフーズサイエンスラボラトリーに集まりました。

あるグループは、大学祭当日に配るジャムを作るため、5㎏のブルーベリーを次々と加工していきました。2種類の糖度(60%、30%)を提供するため、砂糖などの配合を毎回計算しなくてはなりません。また、5㎏のブルーベリーは想像以上に大量で、同じ作業を何度も何度も繰り返し、1ビン1ビン丁寧に作り上げていきました。

またあるグループは当日提供する黄粉を大豆を粉砕するところから手作りで準備していました。何回も改良を重ねるごとに、黄粉へと近づいていき、最終的には市販の黄粉よりも上質なのではないか?と思われるほどの手作り黄粉が完成されました。学生の皆さんは「プレミアム黄粉」と呼んでおりました。

また別のグループはブルーベリーグミの改良に取り組んでいました。前回の練習で既に完成度の高いグミを作っていたのですが、さらに上を目指すということで、加工するブルーベリーエキスやその他の配合を調整しました。すると、前回のものより食べやすいグミが完成しました。ブルーベリーの味も前回よりしっかり感じることができるグミにたどり着きました。

 

当日は農学部棟(詳細は下記にて参照)にてこれらの加工品を提供いたします。

多くの皆様にご試食頂き、是非ご意見ご感想を聞かせてほしいと思います。

学生の皆さんが育てた素材でつくられた加工品を、是非お試しください。よろしくお願いいたします。

 

【みやざき食のカガク探検隊】

開催日   :11月14日(土)、15日(日) 9:00~17:00

場所     :農学棟L103

提供予定品:ブルーベリージャム、ブルーベリーグミ、ずんだ餅、黄粉

                    ※全て学生の手作りです。