H28年10月17日 <社会貢献> チャレンジ・プログラム活動報告 -みやたまラボ-


チャレンジ・プログラム活動報告 -みやたまラボ-

PA170113 PA170144 PA170132 PA170120  

2016年10月17日(月)、小林市須木村にて『地域植物「クマナ」の活動報告および意見交換会』が開かれ、そこにチャレンジ・プログラムの活動の一つである、みやたまラボ~宮崎ごはん 朝食編~(以下、みやたまラボ)の学生が参加しました。

この意見交換会には小林市役所や須木村住民の方々など、30名以上の方々が集まり、昔から地域に自生していた「クマナ※」について意見を出し合いました。

須木村では、このクマナを活用して地域の活性化を図ろうと計画しているところで、今回の意見交換会では現在までのクマナに関する取組の紹介や、今後クマナをどう須木村の活性化に活用していくべきなのかという方向性の話し合いが行われました。

みやたまラボの学生からも、クマナのお浸しを食べての率直な感想や、学生の目線から考えるクマナの活用法などをお話しさせて頂くことができました。

みやたまラボのメンバーは、学生が食べる朝食について調査し、少しでも多くの学生が朝食を食べるようになるための朝食レシピを考案中です。

実際にみやだいCOCフーズサイエンスラボラトリーにて試作品づくりも行う予定となっております。

地元の方々と一緒に地域食材について考えるという貴重な経験を、是非みやたまラボでの活動に活かしてもらいたいと思います。

(※小林市須木村地域に伝わる地域作物。写真左。)