H28年10月28日 <社会貢献> 高大連携 「こなます」試作&試食会


高大連携 「こなます」試作&試食会

PA280153 PA280184 PA280214 PA280269 PA280281     

2016 年10月28日(金)、日向高等学校にて「こなます」の試作&試食会が行われました。

前回はほぼ全員の参加者が初めてこなますを試食した状況でしたが、今回は早速「こなます」の試作品づくりに取り掛かりました。

オーソドックスなこなますの作り方は前回学びましたので、それにアレンジを加えて合計10種類のこなますを作りました。

(ノーマル、玉ねぎ、のり、へべ塩、チーズ、梅干し、きゅうり、みそ、ちりめん、にんにく)

今回は試作品づくり第一回目ということでしたので、カツオを3枚に卸すところから実習をスタートさせました。

魚を捌くこと自体、見ることが初めての生徒さんも大勢おりましたので、ここは代表して日向高等学校の先生と宮崎大学の学生に行って頂きました。

カツオの解体ショーが終わってからは、生徒の皆さんが手分けしてこなますを作り続けました。

カツオをあぶって(焼いて)たたく、オリジナルこなますに食わえる食材の下準備、ご飯とカツオ、オリジナル食材をひたすらこねて丸める、このように作業がひっきりなしに続きましたが、生徒の皆さんはそれぞれの作業を楽しみながら行っておりました。

出来上がった10種類のこなますは、活動に参加していた生徒はもちろん日向高等学校の先生方にも集まって頂き、みんなで試食しました。

今回作ってみて気づいた新しい発見や、次回に活かす改善点、また10種類の中から自分たちが気に入ったこなますについて話し合いました。

今回選ばれたこなますは、3月に日向高等学校の生徒の皆さんに大学に来て頂き、みやだいCOCフーズサイエンスラボラトリーにてこなます作りを行い提供して頂くことになっております。

改良を加え、今回のものよりさらにおいしく出来上がることと思います。

日向高等学校の皆さん、引き続きどうぞよろしくお願いします!