H29年5月27日 <社会貢献> まちなかカレッジ2017(前期) 第1回「大粒のブルーベリーを育てよう」開催


まちなかカレッジ2017(前期) 

第1回「大粒のブルーベリーを育てよう」開催

      

平成29年5月27日(土)、宮崎大学まちなかキャンパスにて『まちなかカレッジ2017(前期) 第1回「大粒のブルーベリーを育てよう」』が開催されました。

本講座は「食と健康」とう観点に重点を置いて学び直しの場を提供し、産学官連携により開発された果樹の機能性とその育て方などを一般の方向けに國武久登教授(副学長 兼みやだいCOC推進室室長)が概説するものです。

当初は先着20名の募集でしたが講座が大人気だったため、受入人数を増やし34名の方々にご参加頂くこととなりました。

今回はブルーベリー果実の育て方についての講座でした。

6種類のブルーベリーを参加者の方々に試食して頂いたり、國武先生が実演しながらブルーベリー苗の剪定のやり方を説明したり、終始活発な講座となりました。

参加者の皆様がとにかく熱心で、途中は席を立って先生の作業を写真に撮られる方や、質問をいくつもされる方など多数いらっしゃいました。

ブルーベリーの苗もお持ち帰り頂きましたので、今後皆様の苗がどのように成長されるかが楽しみですね。

この講座は年間6回シリーズで展開し、毎回テーマを替えながら開催される予定です。(次回は7月頃、レモンがテーマになる予定)

このように、まちなかキャンパスを活用し、地域の方々との距離を縮められるような活動を継続していきたいと思います。